期間限定、送料無料キャンペーン中(12/25まで延長!)

Tusting

Tusting

タンナーによって生まれた革のワードローブ

1875年にイギリスの皮革産業の聖地、ノーザンプトンで創業したTusting(タスティング)。当初は革をなめすタンナーとしてスタート。130年に渡ってチャーチやクロケット&ジョーンズといった数々の英国高級革靴ブランドに最上級のレザーを供給してきました。1990年、タンナーとして高い評価を得たTusting(タスティング)は、自社ブランドを立ち上げるとともに、ロイヤル・ワラントを有する企業のOEMも請け負うようになります。2009年からは靴のライニング(裏地)に使うシューレザーを用いたアイテムの製造を始めます。シューレザーは薄さや色ムラの理由から製品の表側には使われてこなかったものの、その高い耐久性を活かし、バッグとして製品化したのでした。タンナーとしての皮革に対する知識と技術が活かされたアイテムは、イギリスを代表するレザーとして知られています。

Tusting取扱商品一覧

閉じる