メルマガ会員は、ずっと送料無料です(一部地域除きます)

 

旅の後、お帰りケアを楽しむ

 

大型連休が過ぎて、気づけば5月も後半です。
休暇をとって旅に出かけたという方も、
旅先での非日常から、日々の感覚を取り戻した頃ではないでしょうか。

ところで、旅から帰った後、
思い出の品々の整理はばっちりでしょうか?

重たいスーツケースを抱えて家に帰ると、
真っ先に大量の洗濯物に追われ、
旅先で買ったお土産を配るのに夢中になるもの。
でも、意外と自分の旅の思い出の整理は
後回しになりがちです。
そんな時は、旅から少し時間がたった週末に、
少し時間をとって旅を振り返る、「お帰りケア」がおすすめです。

 

 

 

 

旅先で撮った写真や、美術館のチケット、
歩きながら食べたお菓子の包み紙。
思い出に!と持って帰ってきたものの、
数が多くて整理するのが意外と億劫になりがちです。

そこで取り出したのが、
KOLO(コロ)のスクラップアルバム。

 

 

 

アメリカ・コネチカット州で生まれたブランド「KOLO(コロ)」。
KOLO(コロ)は、特別な人、場所、時間、瞬間、
感情や旅の記憶を留めておくためのキャンバスです。 

スクラップブッキングというと、はさみと糊とテープを用意して…
台紙に写真を貼付けて…とあれこれ手間がかかる印象がありますが、
KOLO(コロ)は、透明なカバーの内側に
すっと差し込むだけの手軽な仕様なので、
アルバム1冊用意するだけで、気軽にスクラップブッキングが楽しめるんです。

 

 

今回はカードサイズの小さな写真、
航空機の搭乗チケットなども一緒にセット。
ちょっとしたチケットやレシートなども、
写真と一緒にすることで十分思い出の品になりますよ。

 

 

 

そして、アルバムの表紙に開いた窓にも写真を1枚。
どこに行った旅の思い出が入っているか一目で分かります。
旅の風景を切り取ったアートのようです。

 

 

 

写真を整理した後に残るのは、
大判のポストカードや美術館のパンフレットなど。
海外のカードなどは飾るだけで絵になるのですが、
一度仕舞いこむと、なかなか取り出す機会が
なくなってしまいます。

旅の思い出としてアルバムに入りきらなかった紙ものは、
部屋のインテリアに取り込んでみるのも素敵です。

 

 

今回は、 Oak Village(オークヴィレッジ)の
ステップアップボックスにポストカードやパンフレットを
ランダムに配置して飾ってみました。
これなら、気軽に配置を替えられますし
インテリアのアクセントにもなって一石二鳥ですね。

 

 

 

 

そして、思い出の品々を整理した後には、
ちょっと億劫な手仕事も丁寧にこなせるはず。

 

旅から帰って数日。
洗濯したはずの服なのに、思わぬところにシミが
ついていることに気づいた…!そんなことが良くあります。

「このオレンジのシミは、きっとあの時食べた
ランチのパスタソースだわ…。」

服についたシミも思い出の印ですが、
時間がたったシミは、落とすのが一苦労。
シミ落とし専用のケアをしてあげましょう。

 

 

 

1:トラベルウォッシュ(旅行用洗濯洗剤)

洋服の汚れは、気づいた時に早く落とすのが一番。
旅先では服のケアが難しいですが、
チューブタイプの洗濯洗剤を1本持っておくと安心。
次の旅行のために、是非用意しましょう。

 

2:ステインソリューション(シミ抜き)

付いてしまったシミには、このステインソリューションを。
汚れの気になる部分に適量つけ、
優しく揉んでから洗い流します。

 

3:ネイル・洗濯ブラシ

指でシミを揉み込んでもなかなか汚れが取れない、
そんな時には、この洗濯ブラシをどうぞ。

 

 

 

そして、海外旅行から帰った時に少々厄介なのが
余った紙幣、コインの整理。

普段使っている財布の中身を入れ替えて持っていく、
海外旅行用の財布を別に用意している、
財布は持たずに簡易なポーチなどで済ませる等、
両替した紙幣やコインの持ち歩き方は人によって様々ですが、
残った紙幣や小銭はなかなか厄介な存在。

旅先で出来るだけ使って
それでも余ってしまったコインは、
スリムなケースにまとめて
整理してみてはいかがでしょう。

 

 

ここでご紹介するのは、SIWAのパスポートケース
パスポートも一緒に入れることが出来る
スリムな収納ケースで、ポケットが充実しているので
チケットやコイン、紙幣もまとめて整理出来ます。

 

 

これなら、持ち帰ったカードやコイン類も
すっきりまとめられますし、
次の旅行準備をする時も便利です。

 

1・2:小分けのポケットにはカードやコインを整理。

3:パスポートが入る大きいポケット。
旅行の行き帰りで使うチケットもここに。

4:余った紙幣はポケットにまとめて。

 

 

手帳の隙間に、旅の思い出を見つけることがあります。

なんの気なしに持ち帰った定食屋さんの箸袋をきっかけに、
旅の記憶がよみがえるような。
そして、あれはいつのことだったかなと写真のデータを探して、
見たもの、食べたものを思い出すという。

大人になって、「物よりも思い出」と思いつつ
物をきっかけに、ずっと前の旅の記憶がよみがえるというのは
なかなか面白いものですね。

 

 

 

 

投稿者: 斎藤 日時: 2015年05月21日 11:00 | permalink

閉じる