期間限定送料無料中(一部地域/アイテム除く)・最短で翌営業日発送
6/30正午まで|ポータブルランプ受注会 >>

 

【受注会】汗や湿気が気になる季節でもぐっすり眠るための、kontexタオルケット。

 

※本受注会は終了致しました。誠にありがとうございました。

 

昨年ご好評をいただいたkontexのタオルケット受注会を、今年も開催いたします。ゴールデンウィークが明け、天気も変わりやすく疲れが溜まりやすい季節、寝具を今一度見直すきっかけとしても。受注会商品のお届けは6月中旬を予定していますので、梅雨の湿気が気になる時期からご愛用いただけます。

 

前回開催時に複数のタオルケットを選ばれた方も多かったことから、今回は人気の柄をより多めにご用意し、新しいラインナップも追加.。Q&Aをまとめたよみものも、よろしければあわせてご覧くださいませ。

よみもの:【Q&A】どれが自分に合う?kontexのタオルケット診断 >>

 

 

 

目次

春夏のタオルケットに求めるもの

ブランドストーリー:タオルメーカーが作る、kontexタオルケット

受注会タオルケットラインナップ紹介

 

 

春夏のタオルケットに求めるもの

 

 

タオルケットは、睡眠の時に一番自分の体に近い一枚。一年を通して、タオルケットが下にきて、その上にどんどんと布団を重ねていくと思いますが、同じ「タオルケット」でも、秋冬用のものは厚みがあって暖かさを求めるので、春夏用のタオルケットは違うものを用意した方が良いと言います。

 

秋冬用:しっかりした厚みのあるコットン素材で、肌触りも暖かさもキープ
春夏用:軽くて薄いサラッとしたタオル素材で、洗濯も簡単

 

▲春夏におすすめしたい、さらりとした肌触りのタオルケット。

 

汗をかく春夏の睡眠時に求めるタオルケットの条件は
・かけている感がない、軽さが欲しい
・湿気や熱気がこもらない、通気性が欲しい
・汗をかいてもすぐ吸って寝冷えを防ぐ、吸水性が欲しい
・洗濯機で洗えてかつ乾きやすい、手軽さが欲しい

 

暑い日でも、お腹周りに一枚はかけて寝たい人は多いと思います。扇風機やクーラーの冷気で体が冷えてしまうのを防ぐことと、汗をかいた時に吸い取ってくれるものがないと、夏でも気が付いたら寒い、ということになってしまいます。

 

 

何か一枚かけておきたいけれど、暑苦しいのは嫌だ。では春夏に最適な、薄くて軽い、かつ吸水性がある生地はやはりタオルでは?と思い、タオルメーカーが作っているタオルケットをご紹介することに。
今回は、ZUTTOで長年お取り扱いしているタオルブランド、kontex(コンテックス)が手掛ける、タオル生地のタオルケット受注会を開催します。

 


タオルメーカーが作る、kontexタオルケット

 

 

kontex(コンテックス)は、タオルの一大産地として世界にも知られる愛媛県今治市で、1951年に創業したタオルメーカー。
kontex(コンテックス)では、かつて名機と呼ばれ、今では存在自体珍しいTOYODA織り機が現役で活躍しています。全てのシリーズではありませんが、TOYODA織り機が織り上げる生地は通常の3倍の時間をかけて織るため糸のテンションが緩めで、その分ふんわりと柔らかく仕上がるのだとか。

 

 

ご紹介するタオルケットは、通常のバスタオルやフェイスタオルと同じ素材と織り機で作っています。つまり、タオルに求められている「びしゃびしゃに濡れていてもすぐ吸水する」「日々の洗濯に強い」「乾きやすい」の条件をクリアしているということ。

 

タオルメーカーならではの視点で作られるタオルケットには、睡眠時に求められる機能性に加え、素肌への優しさや長く愛用する点においても考え抜かれています。

 

 


受注会タオルケットラインナップ紹介

 

 

ご用意したタオルケットは、新しく加わった1シリーズと、前回ご紹介した中から人気だった3シリーズ、計4シリーズです。コットン100%のものやリネン混のもの、ガーゼやパイルなどの織り方が異なるもの。1日の1/3にあたる8時間ほどを一緒に過ごし触れるタオルケットですから、自分が納得できるものを選びたいですよね。実際のラインナップをサイズ、特徴と一緒にご紹介していきます。

 

 

【暑がり&汗っかきさんには】

 

NEW! 

・ブレラ

 

 

サイズ:160×210cm
素材:コットン100%

価格:20,900円(税込)

 

 

今回新しくラインナップに加わったのがこちらのブレラです。特徴は、なんと言ってもそのワッフル構造。ぽこぽことしたワッフル織りは肌に接する面積が少なく、汗をかいてもさらりと快適です。通気性、速乾性にも優れており、夏でも冬でも湿気が溜まる寝具にぴったりな素材といえます。

 

 

仕上げに洗い加工が施されているため、吸水性も高いことも特徴です。寝ている間知らず知らずのうちにかいてしまう汗も、吸水性の高いタオルケットなら安心ですね。さらに、洗った後もふっくらした感触が味わえるという優れもの。洗いを重ねるにつれて目がぎゅっと詰まっていき、ぽこぽことした凹凸がより際立っていくという点も、長く愛用したくなる理由です。

 

 


【肌に優しく安心素材のものがいい】

オーガニックコットンを使った安心素材はこちらの2シリーズ。
程よくボリュームがあり、オーソドックスなタオルケットのイメージに近いので、もし迷ったらこちらを。どちらも前回開催時、とても人気だったシリーズです。

 

・グラフ

 

 

サイズ:160×210cm
素材:オーガニックコットン100%

価格:18,700円(税込)

 

片面はボリュームのあるパイル、そしてもう片面はサラッとしたガーゼ。好みや季節、その日の気温によってパイルとガーゼどちらを自分の方に向けて寝ようかなという楽しみを味わえます。

大きめのウィンドウペンチェック柄が、ナチュラルな雰囲気の中にも可愛らしさを含んでいます。

 

 

 

タオルケットの素材からネームタグに至るまで、全てオーガニック素材で作られていて、ガーゼ面に使用している糸も天然染料で染め上げています。「紅茶」「珈琲」「竹炭」といった名前は色の例えではなく、実際にボタニカル染めしているこだわりぶりです。

 


・リール

 

 

サイズ:160×210cm

素材:コットン95%(オーガニックコットン)・リネン5%

価格:17,600円(税込)

 

 

こちらも上のグラフ同様、片面パイル・片面ガーゼのタオルケット。リネンの持つサラりとした風合いと、 コットンの柔らかさ両方を持ちます。

アイボリーもベージュも、柔らかくて優しい色合いなので、ストライプ柄でも変に目立つことはなく、お部屋にしっくり馴染んでくれそう。
グラフとリールは程よいボリュームがあるので、この2つは長いシーズン使えると思います。

 

 


【とにかく薄くて軽いものを】

吸水性より、一枚かけていることの安心感が欲しい方には、軽くて薄いこちら。

 

・モクリネン

 

 

サイズ:180×238cm
素材:コットン60%・リネン40%

価格:15,400円(税込)

 

表面はガーゼ、裏面はショートパイルといった織り方で作られています。ガーゼはゆるく織られていることで通気性に優れ、パイルはショートループなのでボリュームはなく、コンパクトに使いたいこのシリーズにふさわしい織り方。

 

▲薄くてシャリっと気持ちいいので、シングルベッドのシーツとしても活用出来ます。(※画像は販売終了カラー)

 

リネンが40%入っているので、リネン特有の爽やかなシャリ感とざらっと感が好きな方に。汚れに強く洗濯にも強いリネンの良さもそのままに、使い込むほどに芯が抜けクタッと変化していく楽しみもあります。

畳んだ時に今回のご紹介シリーズの中で最も薄いので、キャンプや車中泊にも連れて行ける一枚です。恐らく一番乾きやすいので、夏はいっぱい洗濯して清潔に保ちたい派の方にも嬉しいですね。

 

▲コットンの柔らかな肌触りと、リネンの爽やかな質感がブレンドされたシリーズ。

 

 

 


受注会概要(必ずご確認ください)

 

・受注期間:2022年5月15日(日)〜2022年5月27日(金)正午


・お届け:6月中旬から順次発送

 

 

▼事前に必ずご確認ください。
・予定よりも多いご注文を頂いた場合は、お届けに更にお時間を頂戴する場合もございますが、その場合は別途ご連絡を差し上げます。
・受注会終了後のキャンセルや商品のご返品、ご交換は承っておりません。
・お支払い方法は、【クレジットカード・アマゾンペイ・キャリア決済】のいずれかをお選びください。これ以外の決済方法をお選びの場合にはキャンセルとさせていただきますので、予めご了承ください。
・商品が発送されるまでの間は、基本的にクレジット決済はされず「仮決済」の状態となり、商品発送後に「本決済」となります。ただし、アマゾンペイ・キャリア決済を選ばれた際は、決済の都合上、発送前に決済確定を行う場合がございます。予めご了承くださいませ。
・今回の受注会のお品物は、他のアイテムとおまとめが出来ません。お手数ですが、別でご注文いただきますようお願い致します。また、配達日の指定は出来ません。
・在庫状況によってはキャンセルとさせていただく場合がございます。何卒ご了承くださいませ。

 

 

▼kontex(コンテックス )タオルケット商品ページはこちらから

投稿者: 武田 日時: 2022年05月15日 11:00 | permalink

閉じる