【送料無料中(一部商品、地域除く)】9/17-20ご注文分は9/21発送予定です
新型コロナウイルスへの倉庫での対策について>>

 

【ZUTTOオリジナル】一枚でサマになる、綿ウールピンタックシャツ。

 

ZUTTOオリジナルブランド、2021AWコレクションのスタートは、【綿ウールピンタックシャツ】。

だんだんと涼しさ感じるこの季節、「届いたその日から着られて、春まで楽しめる」シャツのご紹介です。

 

 

シャツというアイテムは、どこかシャープでかっこいいイメージがあります。現代ではビジネスやかしこまった場で着用するアイテムであることから来るイメージですが、それ故に似合う人が限定されるような気がしませんか?

 

そんな「きちんとした」シャツをより気軽に、ファッショナブルに着られるように、デザインをお願いしました。

 

実は企画担当者はシャツを着るのが苦手。

「襟付きで細身のシャツを着ると、真面目過ぎておしゃれに見えなくてこれまで選ぼうとしませんでした。そういう方って結構いるんじゃないかな、と思い、であればシャツが苦手な人も着たいと思える一着を作りたいと、スタートしたんです。」

 

 

 

綿ウールピンタックシャツ、デザインポイント

 

1. クラシカルなピンタック

 

ピンタックとは、胸元にピンのように細かく縫ったヒダを取り付けているデザインを指します。上品でクラシカル、さらに華やかになるデザイン。こちらのシャツはピンタックを少し太めに、長めに入れることで、甘くなりすぎないようにしています。

 

前立ては、ボタンが見えない比翼仕様ですっきり。ピンタックのデザインを邪魔しません。

 

 

他にも、クラシカルな雰囲気を出しているのは袖口。少し広めに取った袖口には縦に2つボタンを配置し、さながらカフスボタンのような雰囲気に。着用時に袖部分にキュッと生地が集まるのでそこにもポイントが生まれます。

 

 

 

2. かっちりしすぎない襟元

 

首元で折り返しのある、いわゆる「定番シャツの襟」はシャツをシャツたらしめる要素。よりカジュアルに、気軽に着られるように、襟が少し立ち上がった「バンドカラー」シャツにしました。

襟元がすっきりし、首がスッと伸びて見えます。 

 

 

 

3. ふんわりしたシルエット

 

一枚で着てもボトムスとのバランス良く、セーターの中に着てもモコモコしすぎない、そんな絶妙なシルエット。

サイドに深めのスリットを入れて前後で長さに差を出しているので、前は長すぎずスッキリ、後ろはおしりが隠れるロング丈で細身パンツに合わせても安心です。

 

▲スリットを活かしてタックインも簡単に。

 

 

デザインだけでない、素材にもこだわりを

 

シワ一つない、ビシッとアイロンされたシャツも素敵ですが、それもまたシャツをかっちりと印象付ける要因の一つ。着ていてもう少し余裕を持てる、肩肘張らない生地を求めました。

 

▲ほんの少し起毛感があり、触れるとふんわりと柔らかい。

 

そして選び取ったのはコットン90%・ウール10%の「プラット・エアーイン綿ウールウェザー」という生地。

プラットエアーイン加工は長時間、何度も何度も生地を揉み練り、芯からほぐす丁寧な作業を繰り返すことで空気をふっくら含んだ柔らかさと上品なシワ感が生み出されるもの。

 

生地に自然で上品な細シワがあるので、アイロンを掛けずに洗いざらしで着てもOK。座りジワや袖まくりジワを気にする必要もありません。

 

 

ウールが混紡されているので、コットンシャツ特有のヒヤッと感がなく、秋と春はシャツ一枚で。そして真冬にはセーターの下に着て、インナーとして活用してください。

立ち上がった襟と長めの丈がセーターの襟元と裾からチラリと見えて、レイヤードのおしゃれを楽しめますよ。

 

甘いイメージのピンタックを、大人っぽくかっこよく。

 

 

【綿ウールピンタックシャツ】のデザインをお願いした、デザイナーの関根さんに伺いました。

 

デザインのポイントについて教えてください。

 

ピンタックシャツはアイテムとしてはとても長い歴史があり、ずっと存在しているアイテムです。そんなアイテムに即した、長く愛用出来るデザインを心がけました。ドレスシャツに焦点を当てたアイテムですが、全体的のイメージはあくまでシンプルに。少し太めのピンタックで遊びがあり、スリットを入れることにより女性らしさを出すだけでなく、前身頃だけタックインして着用もでき 様々なスタイリングを楽しんで頂ける一着です。 

 

このシャツ、どういう風に着て欲しいですか?

 

俗に言う一張羅、ではなく本当の意味での日常着としてお買い物やお散歩、公園などなんてことない一日を共に過ごしていただきたいです。今回のシャツに関しても洗って干して、乾いたらアイロンもかけずに少しシワが残ったままさっと羽織れる手軽さがあるので。

色々な着方を楽しめるようデザインしたので、スタイリングがこうでなければいけないというのはなく、お一人お一人が様々な着方を見つけながら楽しんでいただきたいです。 

 

 

ZUTTOの服デザインの時に気を遣う点、大事にする点はなんでしょう?

 

「飽きのこない、長く着られるデザイン」ということを大前提にして、気を遣っている点は、サイジングというデザインです。ワンサイズでの展開になりますのでどんな体型の方にもZUTTOの服を着て楽しんでもらうことを一番に考えてデザインを始めます。

 

また、生地感に関してもイージーケア、肩肘張らずに着用していただく方の生活に寄り添えるような生地の提案を心がけています。モードが担うファッションではなく、「衣食住」のまさに「衣」の部分を担えるようなファッションを提案するのがZUTTOのプロダクトだと思っています。

気付けば手にとってしまう、そんな服を提案していきたいですね。 

 

 

▼綿ウールピンタックシャツ 販売ページはこちら

 

 

 

ZUTTOオリジナルブランド、AWの今後のラインナップを少しお見せします

 

今回の【綿ウールピンタックシャツ】を皮切りに、秋冬ウェアの製作も進んでいます。

一つずつ大切に企画しているので、ラインナップは多くありませんが、販売開始を楽しみにしていてください。

9月、10月に開始予定のものを、少しだけお見せしますね。

 

【ラグウォーム長袖Tシャツ】 ※9月販売予定

 

今年の春夏に完売した「モダールClearベア天竺長袖Tシャツ」の秋冬バージョン。

使いやすいデザインはそのままに、素材を変更しています。

 

 

【デニム タックスカート】 ※9月販売予定

 

「大人が穿きたいデニスカ」を意識して作ったデニム素材のタックスカート。

デニムパンツを育てるのと同じ気持ちで、スカートも柔らかく色が変化する過程を楽しめます。

 

 

【裏起毛モックネック切替プルオーバー】 ※10月販売予定

 

デザイナーの一押し素材は暖かさ&気持ち良さ抜群。胸元の切り替えデザインがポイントです。

 

 

投稿者: 丸山 日時: 2021年09月11日 11:00 | permalink

閉じる