【12/25まで送料無料(一部商品、地域除く)】最短で翌営業日発送します
AmazonPay/キャリア決済/代金引換/クレジット決済 承ります

 

ZUTTOがつくるウールインナー。タンクトップもロンTも、この冬は化繊インナーに頼らず過ごす。

 

涼しかったり暑かったりと季節の変わり目らしい気温の変化が続いていますが、ようやく秋本番といった気温が続きそうな予報。朝晩のひんやりした秋の空気が、気持ちいい季節です。

 

さて、これからの季節に欠かせないのがインナーです。肌に直接触れるものなので、着心地にはこだわりたいという方が多いと思います。

新しく届いたZUTTOオリジナルのソフトウールテレコシリーズは、インナーの着心地が大事!と実生活で感じたスタッフが企画したアイテム。よみもの後半では、インナー事情を聞いてみたスタッフの座談会も。半分以上が敏感肌のスタッフたちはどう感じるかも踏まえて、この秋冬選ぶインナーの参考にしていただければ嬉しいです。

 

▼目次

・ウールインナーの良さを、もう一度

・ZUTTOのウールインナー2種

・スタッフの座談会。ウールのチクチクって気になる?

・こんな人におすすめ

 

 

ウールインナーの良さを、もう一度

 

急に冷え込んだ日にコーディネートで悩んだことはありませんか?そんなとき頼れるのが暖かいインナーです。インナーで寒さ対策ができていれば、多少寒いかな?と思うトップスでも選びやすいのです。

 

ただ、何枚も重ねて動きにくくなったり、肩や首が凝ったりするのは避けたいところ。そんな方にはウールインナーがおすすめです。以下の項目で当てはまるものがあれば、このよみものが参考になるのではと思います。

 

・冷え性

・ウールのチクチクが苦手な方

・敏感肌

・化学繊維のインナーをこのまま着続ける?と悩んでいる方

 

 

ウールインナーは、トップスの中に空気の層を作ってくれるので保温性があります。また、ウールは空気の含有量が高く熱伝導性が低いため、肌寒い季節には暖かく、夏に選べば涼しく、といつでも快適な状態を保ってくれる賢い素材。

 

寒い季節は化学繊維のインナーを選ぶ方もいらっしゃると思いますが、実は一般的に化繊インナーは汗を吸いにくいため、蒸れてしまい、着心地があまり良くないケースも。またその汗が身体の熱をうばって冷えてしまうこともあります。寒さが過酷な登山ではウールインナーが基本と言う方もいるほどで、その機能性が優れていることは明らかです。

 

企画スタッフM「数年前まで何となくで、ずっと大手ブランドの化繊インナーを着ていましたが、チクチクしないウールインナーの良さを実感してからは全て手放しました。今はウールインナーとコットンインナーを併用しています。」

 

 

「深く考えず化学繊維インナーを着ていた時は分かりませんでしたが、汗をかいたときに乾きにくいから脇や背中が冷えて、かつ湿っていて気持ち悪かったなと。年を重ねるにつれ乾燥も気になっていましたが、ウールインナーに切り替えてからはそういった悩みがなくなりました。なんとなく化学繊維のインナーを選んできた方にとっても、新しい選択肢の一つにしていただけたらなと、今回考えたのがソフトウールテレコシリーズです。」

 

 

ZUTTOのウールインナー2種

今回は、新しく出来上がったソフトウールテレコシリーズと、既に人気のSuper120sウールシリーズ、2種類のウールインナーを取り上げて比較してきます。一口にウールといっても肌触りも大きく異なりますので、参考にしてみてくださいね。

 

NEW! 「ソフトウールテレコシリーズ タンクトップ」

ソフトウールテレコ タンクトップ

 

 

ソフトウールテレコ パッド入りタンクトップ 一枚で着られるカップ付きもご用意しました。

 

細番手の繊細で柔らかなウール糸を使用しているので、肌馴染みが良いシリーズ。毛羽立ちが少なく、乾燥しやすい冬に嬉しいしっとりとした質感とシルクのような美しい光沢で高級感があります。非常に柔らかくふかふかとした気持ち良い着心地で、透け感も気になりません。

 

 

 

今回企画したスタッフは敏感肌。ですがウールインナーの良さに数年前気がついてから、持っていたインナーをすべてウールに切り替えたのだそう。もともと「チクチク感」が苦手だったスタッフも、この肌触りには納得。着心地を重視したポイントを散りばめました。

 

縫い目を脇ではなく背中に。肌が弱くても着られるように。

 

企画スタッフM「冬は乾燥に伴い敏感度も増します。そんなとき身につけるものだから、極力刺激になりそうな縫い目は位置に工夫を。一般的に縫い目がある脇の下は肌が薄くて刺激を感じやすいので、背中に縫い目がくるようにしてもらいました。」

 

 

品質タグ類が肌に当たるのを防止、タグを簡単に外せるよう2点留め。

「私はチクチクに敏感な方で、いいなと思う服でもウールの場合、チクチク感は気にする最重要項目です。もともと肌が弱い方なので、脇についた洋服のタグも痒くなってしまうため切っていました。同じように感じる方も多いのではないかなと思って、今回はタグを裾部分につけました。」

 

 

「2点留めにすることで、簡単に外しやすいように。付けたままでも構いませんが、着心地を考えると取っていただいた方がストレスフリーだと思います。」

 

 

リラックスタイムにおすすめ、カップ付きタイプも。

 

キャミソールにブラと、何枚も重ねることがかえって刺激になってしまう場合もあります。そんなことも踏まえてカップ付きタイプもご用意。家で過ごすだけの日はもちろん、インナーがちらりと見えるようなトップスを着たいときにもおすすめです。

 

 

「Super120sウールシリーズ ロンT」(クルーネック&モックネック )

左:クルーネックトップ右:モックネックトップ

 

Super120sウールシリーズは、150年以上の歴史を誇る老舗生地メーカーが作る、Super120sウールを使用した天竺素材のインナー。天竺編みは、通常綿や麻のカットソーに使われる編み方で、伸縮性のある動きやすく快適な着心地の生地。それに加えて繊維の平均直径が17.5μmと非常に細い原料のため、直接肌に触れてもチクチクしない、ソフトでなめらかな肌触りが特徴です。

 

 

 

 

裾の切り替えや開き具合にもこだわって作ったので一枚で着てもいいですし、セーターなどのインナーとしても着られます。肌寒さを感じ始めた秋から真冬、寒さの残る春先まで重宝するシリーズです。

 

 

スタッフの座談会。ウールのチクチク、気になる?

 

新商品の発売をいい機会に、スタッフ同士で普段の愛用インナーや選び方について話してみることに。総勢8名で、肌は敏感な方?ときくと、スタッフの半数が手を挙げました。実際のインナー事情について聞いていきます。

 

チクチク耐性、どのくらい?

ウールインナーと聞くと気になる「チクチク感」ですね。皆さんのチクチク耐性はどうですか?

 

普通肌(素材何でもOK)/スタッフO:ウールのチクチク感は苦手ですが、肌はさほど敏感な方ではないので素材問わず何でも着られます。

 

やや敏感肌寄り/スタッフK:そこまで敏感な方ではないですが、チクチクするウールは苦手。質が良く、なめらかなものは問題なく着られます。

やや敏感肌寄り/スタッフU:どちらかというと肌が敏感な方です。でも繊維が細かったり、滑らかな質感のウールであれば気にならないですね。チクチクするセーターに長袖インナーを重ねると、ウールが貫通して軽くチクッとすることがあると思いますが、あれくらいであれば我慢できる程度。

 

 

敏感肌/スタッフF:気になるけど、選ばないまで言う人は少数派なのかな。私は肌が敏感な方で、毛・ウールは基本的に肌触りが気になってしまって。タグや縫い目も気になる場合がありますね。

 

敏感肌/スタッフH:私もかなりの敏感肌なので、チクチクは苦手。基本的に選ばないです。

 

気にはなるけど、選ぶ。という人が多いですね。では化学繊維インナーって使っていますか? 素材で使い分けたりしている?

 

普通肌/スタッフO:肌が弱くないこともあって、機能性重視で選ぶことが多いような気が。化繊インナーが多いんですが、静電気が気になります。

普通肌/スタッフI:私も何でも着られるタイプで、季節を問わずポリエステルやナイロンのものが多かったです。今年は冬に向けてウールやコットンのインナーを迎えようかなと検討中です。

 

敏感肌/スタッフF:寒い冬はやっぱり重宝しますよね。よく選びます。肌触りとしては滑らかなので着心地は悪くないんですが、劣化が早くて伸びた感じになってしまいますよね。

 

敏感肌/スタッフH:私は特に敏感なのか、以前吸湿発熱のインナーを着ていたら痒くなったり赤みがでたりしてしまって。それ以降は天然素材のものを選んでいます。

 

実際によく着る素材は?

敏感肌でも化学繊維のインナーを選ぶスタッフも一定数いますね。実際に冬に着るインナーだと、どの素材が多いでしょう?

 

やや敏感肌寄り/スタッフK:化学繊維のものと、コットン素材を交互にという感じです。化繊インナーは伸びたりくたびれたりするのが気になって、シーズンごとに買い替えることが多いです。

 

敏感肌/スタッフF:機能性重視で、私は化学繊維インナーばかりかも。肌は敏感な方でも着心地としては滑らかなので、選びやすいです。ウールには少し苦手意識があります・・・。

 

敏感肌/スタッフH:私は季節問わずコットン製ですね。肌に直接触れるものはコットンのものを選ぶようにしています。

 

 

ソフトウールテレコとSuper120sのウールをそれぞれ触ってみて、着てみて。

 

話を聞いていると、冬はコットンか化学繊維インナーというスタッフが多い様子。では今回のウールインナーを実際に触ってみてもらいます。

 

NEW! ソフトウールテレコシリーズ

 

やや敏感肌寄りのスタッフたち:チクチク感、感じないですね。ふかふか!

やや敏感肌寄り/スタッフT:ウールはチクチクするものだと思っていましたが、固定概念だったんだなと。イメージ変わりました。

やや敏感肌寄り/スタッフU:柔らかく少しもちっとした触り心地もありますよね。ゆとりのある身頃で窮屈感がなくリラックスして着られそうです。

 

 

敏感肌スタッフF&H:チクチク感は多少感じるけど着心地◎、着られそう。

敏感肌/スタッフF:チクチク感が全くないわけではないですが、これだったら挑戦したいと思えるくらい滑らかです。もともとウールに苦手意識がある中で想像していたよりは全然問題ない程度で、ウールのインナーを試したことがない方がチャレンジするのにちょうどいいと思います。

 

敏感肌/スタッフH:同じです。チクチク感はありますが、着られそうです!肌が荒れている場合はいつものコットン素材を選びそうですが、普段だったら問題なく着られる程度。縫い目が後ろにあるのが敏感肌にとってはすごく嬉しいポイントです。チクチク軽減されますね。

 

 

普通肌/スタッフO:自然にフィットする感じと柔らかい肌触りが気持ちよかったです。伸縮性もあって身動きがしやすいので、仕事も家事もしやすそう。

普通肌/スタッフI:実際に着てみると、最初は心地よいひんやり感があって、すぐに肌になじみました。

 

 

Super120sウールシリーズ

 

やや敏感肌寄り/スタッフK:同じウール?と思うほどタンクトップの方と肌触りが違っていました。ふっくら柔らかいソフトウールテレコシリーズに比べると、Super120sウールシリーズはさらさら。とても滑らかですよね。

 

 

敏感肌スタッフF&H:ソフトウールテレコよりチクチク感は薄め。

敏感肌/スタッフH:全くチクチクしないわけではないですが、長袖のクルーネックなので普段着ているタンクトップの上から着ることを考えれば問題ないです!首元のかゆみもなく安心して着用できそう。一般的にイメージするウールと比較して触ると、きっと驚かれるんじゃないかなと思うほど滑らかです。

 

 

 

タンクトップはカップ付き派?無し派?

 

今回ソフトウールテレコシリーズは、カップ付きと無しがありますが、皆さんカップ付きインナーは選びますか?

 

敏感肌/企画スタッフM:ほぼ毎日カップ付きインナーを愛用してます。ここ数年ブラの締め付けがダメで、つけると夕方にはワイヤー部分が赤くなり痒くなってしまうんです。そうなってからは最初はワイヤレスのブラを使っていましたが、ブラ紐とキャミ紐両方が肩にかかるのが次第に気になるようになって。最近ではほぼカップ付きキャミかタンクです。

 

▲スタッフも愛用する、天衣無縫のコットンカップ付きキャミ

 

普通肌/スタッフI:1枚だけカップ付インナーを持っています。ブラの締め付け感が気になる日や、キャミソールとブラ紐が見えてしまうような服を着るときだけ選びますね。

 

敏感肌/スタッフH:締めつけ感のあるブラが苦手なので、ノンワイヤーのブラかカップ付きインナーを愛用しています。最近はブラとカップ付きインナーを交互に使用することが多いです。

 

パッドは内側にある肩紐の部分から出し入れできる作り。

 

今回のカップ付きタンク、着てみてどうですか?

 

普通肌/スタッフI:カップもそこまで大きくずれるような感じもなく、アンダーバストのゴムの部分も、今持っているものより締め付け感がないです。苦しさもないので、普段使いしやすいですね!カップ付きインナーは着心地もそれぞれですが、とても着やすいと思います。

 

 

 

肌タイプが違うスタッフ同士の共通点や、新たな発見があった座談会。まとめると、今回ご紹介した2種のインナー、それぞれおすすめしたいのはこんな方です。形の違いもありますので、どうやってウールを取り入れたいかというところでも変わってきます。

 

▼ソフトウールテレコシリーズがおすすめ

・ウールインナー初心者

・既にウールインナーを愛用していて、別のインナーを探している

・ふっくら&柔らかなインナーが好き

・カップ付きでリラックスして着たい

 

>>ソフトウールテレコ タンクトップ

>>ソフトウールテレコ パッド入りタンクトップ

 

 

▼Super120sウールシリーズがおすすめ

・ウールのウェアを試してみたい

・滑らかな肌触りが好み

・重ね着できる暖かいインナーを探している

 

>>Super120sウール クルーネックトップ

>>Super120sウール モックネックトップ

 

直接肌に触れるインナーやトップスは、素材を変えるだけで着心地ががらりと変わります。今あるインナーを冬が来る前に見直しみてもいいかもしれませんね。

 

▼ZUTTOオリジナルウェアをもっと見る

 

投稿者: 武田 日時: 2021年10月16日 11:00 | permalink

閉じる