メルマガ会員は送料無料(一部地域除く)・最短で翌営業日に発送します
父の日のプレゼント特集はこちら >>

 

出先のかじかむ手に温もりを贈る。手袋は『着けたままスマホ』がクリスマスプレゼントに喜ばれる鍵

 

 

通勤や通学で冷える指先、かじかむ手。そんな手を想って贈る手袋のプレゼントは寒がりさんでなくても嬉しいギフトになります。今回ご紹介する手袋はイギリス王室御用達のものから日本の老舗の職人の手縫まで様々ですが、特にクリスマスプレゼントにおすすめしたい便利な『スマホ対応』の手袋を集めました。

 

目的地へのルート案内・時刻・電話・乗換案内の確認といった「今すぐスマホを使いたい」というよくあるシーンで、着けたままスマホが使えるというのは、出先に手袋を持って行くかどうかにも関わる重要な機能の一つ。特にビジネスとなれば付け外す頻度も高く結局荷物になってしまったり、温まった手が冷えるので冷え性の方からすると堪える印象もある手袋でしたが、時代の流れに沿うように、スマホ対応の便利な手袋も当たり前のようになってきました。今後のギフト選びには、スマホ対応であることが一つのポイントとなってくることは間違いないといえそうです。

 

 

 

 

 

 レザー or ファブリック。お出かけスタイルに合うのは?

 

ZUTTOで紹介しているスマホ対応手袋には二つの素材があります。

一つはレザー手袋でレザーがタッチパネル対応になっているもの、もう一つは指先にスマホ対応の刺繍が入っているファブリック素材のものです。

 

レザー手袋は、手指をすらりと長く綺麗に見せることから、綺麗めのウールコートやトラッドスタイルでお出かけすることが多い方は使用頻度が特に高くなりそうです。一方のファブリック・ニット手袋は、形や色柄によりますがカジュアルな印象があるため、ダウンジャケットなど気楽なスタイルが好きな方におすすめ。

 

 

そのほかの選び方としては、品質の良さと見た目の良さ、高級感でレザー手袋に勝るものはなかなかありませんが、水分や湿気によって反応が悪くなったり手袋の劣化にもつながりますので、レザー手袋をつける日は天候と要相談。ニットタイプはその点多少の悪天候にも対応しますので、雨や雪が多い地域の方や、毎日つけたいという方にもおすすめです。

 

 

 

 レザー手袋2選

 ①つけていることすら忘れそうになる、DENTSの手袋

 

DENTS レディースタッチスクリーングローブ / DENTS メンズタッチスクリーングローブ

 

 

タッチパネル対応レザー手袋でまずご紹介したいのがメンズ・レディースで色柄が揃うDENTS。お揃いでつけることもできる手袋で、なめらかな羊革につけていることすら忘れそうになる絶妙なフィット感の指先が、細かな操作をも可能にします。

1777年創業と歴史が長く、エリザベス2世の載冠式用手袋を用意するほどまでの優れた技術と品質で世界に名前を馳せる手袋の名門です。柔らかな羊革と、肌触りのいい柔らかなカシミヤライニングの組み合わせから、細部までこだわりたい方も納得する贅沢な手袋と言えるでしょう。

 

DENTSが作る手袋のフィット感は折り紙付きで、つけていることを忘れてしまうほどであることから「シークレットフィット」と呼ばれるほか、「着用したまま新聞をめくることができる」とも評されます。現代においてはタッチパネル対応となり、着けたままスマホやタブレット操作まで可能となりました。

 

上品な光沢感を持つヘアシープの手袋はドレスウェアとも好相性で、冬のオケージョンシーンにも最適。いつも着ているコートと合わせるだけで装いに品格がプラスされます。質のよいものを長く、大切に使いたいという方におすすめしたい手袋で、長く愛用できる一生ものになる手袋ですので、特別なプレゼントとして受け取っていただけるのではないでしょうか。製品は箱入りの状態でお届けします。

 

 

 

 

 

 ②おしゃれだけではなく防寒も。Correalegloves

 

タッチスクリーン スエードグローブ

 

 

表と裏で表情の違うレザー手袋です。表には柔らかいスエード素材を使用していることで、コートによく似合う上品な印象となり、内側は握ったり触ったりという動作に耐久性のあるスムースレザー。スマホには指先が触れる程度で感知してくれる予想以上の反応の良さがあるのもCorrealeglovesのおすすめの点です。

 

手袋産業が発達したナポリでも屈指の高い技術力と創造性を誇るCorrealeglovesは、伝統を受け継いだ職人による手仕事の品質の高さが世界中から評価され、その技術はトップブランドの生産も手がけるだけでなく、カッティング、縫製技術共にイタリアトップクラスと評されるほど。技術に限らずイタリア仕立ての感度の高い色使いと洗練されたディテール、エレガントな装いを醸し出す絶妙なデザインを特徴の一つとしています。

 

裏地にはイタリアの高度な加工技術を用いた、柔らかさが心地よいカシミヤを使用していて付け心地や防寒も安心。革手袋はニット製とは違い風をしっかりと遮ってくれる防寒性の高いアイテムですが、そこに保温性の高いカシミヤを用いることで、一度つければいつまでもぽかぽかと手元を温めてくれます。

 

 

 

ファーライナー付きグローブ

 

裏地はカシミヤ100%、手首はレッキスファーのとろけるような優しい肌触りで、ずっと身につけていたくなるような気持ちよさの手袋。このファーのワンポイントだけでもつけた時のあたたかさは段違いです。手首は折り返してファーがカフデザインとしてより華やかになるようにもなっている2WAY仕様で、よく見ると薬指と小指の間の革はスエードに切り替えたデザインとなっています。大人の女性らしさをさりげなく感じる手袋で、機能性だけでなくファッション性にもこだわりが感じられるレザー手袋です。

 

 

タッチスクリーン レザーグローブ ファー

 

少し華やかさを控えめに、落ち着きをみせるレザー手袋がこちら。見た目の品の良さもあり、ちょっとかしこまったお出かけにもさりげなく小物として添えてお洒落を楽しむことができます。

 

 

 

 

 

 

 ファブリック・ニット手袋2選

 ①細い繊維の滑らかな編み目。Maison Bonnefoy

 

レディースニットグローブ / メンズニットグローブ

 

 

レザーの手袋ほどかしこまらず、普段の何気ない外出でも使いやすいニット素材の手袋たち。ニットと言えばミトンなどのころんとしたカジュアルで愛らしい手袋が多いなか、Maison Bonnefoy(メゾンボンネフォア)のニットグローブは程よく品のある一枚です。レディースとメンズがあり、お揃いで揃えることも可能。しっとりと肌に馴染む手触りが心地よく、デザインから製造まで100%メイドインフランスの、こだわりのあるアイテムになっています。


こちらの手袋を手がけるMaison Bonnefoyは2019年には、フランス政府にリビング・ヘリテージ・カンパニーとして登録される無形文化遺産の称号がつき、その技術と品質が確かなものであることが証明されているブランド。無地でシンプルな分、素材の良さや丁寧な手仕事のぬくもりを感じることができるニット手袋です。

 

 

親指、人差し指、中指に特殊な糸を使用して編まれていることでタッチ操作ができます。しっとり柔らかく、しなやかで丈夫なスーパーファインメリノウールを使用していて、保温性や丈夫さにも優れるのが魅力です。熟練の職人が様々な色や織り方で配合した糸はMaison Bonnefoyにしか出せない独特のテクスチャーになっています。細い糸のハイゲージな編み目が整然と並び、手触りは非常に滑らかです。ピュアウール100%ですが、チクチク感のないカシミヤのような手触りになっています。

 

 

 

 

 

 

 ②手縫へのこだわりが見せる熟練の技、lapero

 

女性用カシミヤ・シルク手袋

 

 

1913年設立創業100年を超える日本で一番古い手袋メーカー福田手袋から誕生したlapero(ラペロ)。企画・デザインから製造に至るまで一貫生産で、熟練の職人が人の手で一つ一つ丁寧に縫い上げるこだわりの一品。その技術力は、厳しい出展審査で知られるパリの雑貨見本市展で大きな賞賛を浴びるほどの、高いクオリティを誇ります。

 

重視しているのは「つけ心地」と「ファッション性」。わずか2mmの縫い代を正確均一に縫う技術を持ち、生地の伸縮に合わせたミリ単位で調整するパターンの細やかさは熟練の技だからこそ行えるもの。はめた指先などに余る生地がないディティールの仕上げは、海外のグローブメーカーでも難しいものです。それによる着け心地の良さと指先の美しさが、日本で100年続き、海外でもまた新たに評価された理由となっています。

 

 

こちらも、上で紹介したMaison Bonnefoy同様に、親指と人差し指に特殊な糸を使用してタッチ操作可能となっています。指先には同系色の糸でさりげなくハート型のような刺繍が施され、エレガントで品のある手袋です。

 

 

左から 女性用カシミヤ手袋 BRODERIE女性用手袋  Standard /女性用カシミヤ・シルク手袋

 

laperoのスマホ対応手袋は、こちらの三つのデザインです。素材はベーシックで四つ並んだボタンが素敵なStandardは「毛80%、ナイロン20%」、細かな縫い目が手指をすっきりとみせるBRODERIEは贅沢に「カシミヤ100%」、女性用カシミヤ・シルク手袋は本体に「カシミヤ100%」、パイピングに「羊革」、裏地に「シルク100%」となんともリッチな仕立て。つける度に素材の良さを感じられる一品です。

 

 

 

 

 番外編

 

もう一つおすすめしたいのは、指なしタイプの手袋です。指先まで覆うタイプは、手指のサイズに個人差がありますので、相手の方のサイズに悩む時には指なしタイプが安心です。指があいていることで細かい動作を可能にするので、より自然な着用感がいいけれど防寒もしたいという方におすすめです。また、デスクワークなどでパソコンの操作をする方にとっても重宝する存在となりそうです。

 

 カシミヤウールの滑らかな肌触りとあたたかさ、WILLIAM BRUNTON

 

 

カシミヤロングアームウォーマー

 

 

ロングアームウォーマーは着用の締め付けがなく手指も動かしやすいアームウォーマー。トップスの上に被せるようにして着用することも可能です。しっかりのばすと肘も覆うほどの長さで、くしゅくしゅとさせてルーズに着こなすと冬のファッションのおしゃれ小物にも役立ちます。

 

WILLIAM BRUNTONは触り心地のよいカシミヤやラムズウールにこだわり、スカーフ、帽子、ソックスと長く愛用できるオーソドックスなファッションアクセサリーに特化したモノづくりを行うブランド。イギリスのホーウィック地方でガーメント基準の高品質のラムズウール、カシミア糸のみを使用して作られたニット製品は柔らかさと温かみに優れ、チクチクしにくいのが魅力です。

 

特筆すべきはなんといっても触り心地の良さ。WILLIAM BRUNTONが製品を生産するのに使用しているのは、現存する最古のメイドインホーウィック製の専用編み機です。有名なニットメーカーが未だ多数存在するスコットランドのホーウィック地方で築かれてきた高い技術と歴史を守り、現代に至るまで伝統的な製法で紡ぎ続けてきたことの証拠です。

 

 

リブリストウォーマー

 

こちらも全体の締め付けが少なく2本の指で引っ張るだけでするりと脱ぐことができる楽な付け心地が魅力。それでいて冷たい風はしっかり遮ってくれるのが頼もしいリストウォーマーです。

 

 

メンズ カシミヤ指無し手袋

 

 

こちらはメンズの指なし手袋ですが、指先がない分フリーサイズで身につけることもでき、女性も使用できます。女性がつけると、動物の手先のように第一関節だけがちょこんと出るかわいいサイズ感。ゆったりとした付け心地で窮屈感もなくリラックスできる着用感です。

 

 

アームウォーマー

 

シンプルでオーソドックスなアームウォーマーです。薄く軽量で動かしやすく、手首と手を優しく包み込む形はパソコンやスマホを使う時も普段通りの使用感で使えて安心。好みの分かれないチャコールとグレーから選べます。

 

 

 

 

 

 質の高いウールで暖かくなる手元、ERIBE

 

 

メンズ指なしニット手袋

 

ぎゅっと肉厚であたたかい指なし手袋。こちらは男性におすすめしたい配色で選んだことから「メンズ手袋」としているのですが、女性ももちろん問題なく着用できるサイズ感です。手首を折り返した時に現れるボーダーが賑やかで楽しい色使いです。しっかりと目の詰まった編み込みで弾力があり、冷たい風をしっかり遮ってくれる上、伸縮性があるため手指が動かしやすいのが魅力で、デスクワークにもぴったり。目に入る時間の長い自分の手だからこそおしゃれに飾って、心から暖まる冬を過ごしてみませんか。

 

クラシックな雰囲気の中にどこかモダンさも漂う、温もりあふれるERIBEのデザインは、スコットランドの伝統柄であるフェアアイル柄をベースに新しいアイデアをプラスしたオリジナリティの溢れるもの。長年ニットに情熱を注いできたニット専門家の成せる技で、地域独自のフェアアイル柄をモダンにアレンジするなど、スコットランド伝統のマニファクチャーに最新の手法をミックスした魅力的なニットアイテムを展開しています。スコットランド産の上質なウールを用いたニット製品には、経験を積んだ職人の技が随所に生かされており、その高い品質やデザイン性から、英国ファッション輸出賞などの数々の賞を受賞しています。また、環境への配慮を大切に考え、染色されていないナチュラルカラーのシェトランドウールのコレクションを発表するなど、エコロジーに関する意識を高く持って活動しています。

 

 

 

 

 スマホ対応手袋の注意

 

 ・反応が良くない時は?

装着する時は、指先までしっかりと装着するのがおすすめです。指先に隙間があると反応が鈍くなることがありますのでご注意ください。また、保護フィルムを貼っていたり、水分や湿気・乾燥などによってはタッチパネルの反応が悪くなる可能性もありますがご了承ください。

 

 

 ・軍手のようにも使える?

危険ですので軍手のような使用方法でご使用にならないでください。特にスマホ対応手袋は電気を通す糸を使用していますので、スマホ対応手袋をしたままの電気作業はご遠慮ください。

 

 

▼まだまだあります、手袋カテゴリはこちらをクリック

投稿者: 福井 日時: 2023年12月06日 10:44 | permalink

閉じる