メルマガ会員送料無料
クレジットカード・アマゾンペイでご購入頂くと5%還元中です>>

 

糸が織りなす「かすり」の柄。男性へのプレゼントにも選べる、久留米かすりのスカーフ

 

 

日本で古くから作られてきた絣(かすり)。藍染めした生地に白く点々と模様が表れた柄を目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。着物の柄としても長く愛されてきた絣は、古くからある柄とはいえ、いつの時代も新しさを感じさせる、不思議な魅力があります。

絣の特徴を最大限に引き出し、木綿のスカーフを手がけるgi(ギー)の製品とともに、その魅力をご紹介します。

 

 

 

 

「かすり」とは?

 

 

絣(かすり)は柄の一つとして広く認識されていますが、正確に言うと、あらかじめ部分的に染めた糸を使った織物を指します。

 

糸に色をのせる方法には、生地を先に織って、出来上がったものを染める後染めや逆に糸を染めた後に様々な色の糸を組み合わせて柄を作る方法などがあります。

 

絣の場合、糸を先に染めるのですが、一本の糸でも染める部分・染めない部分を作ります。こうしてできた糸は絣糸と呼ばれ、絣糸を織り上げると、染めていない部分が白い斑点のような模様として浮かび上がるという仕組みです。染めない部分を作るには、糸を縛って防染するという手法。こうしてできあがった絣の生地を見てみると、染めていない斑点の部分がまるでかすれたように見えることから、「かすり」という名が付いたのだと言います。

 

 

ぽつぽつと白く見える部分が染められていない絣糸を使った部分。かすれて見えることからその名が付きました。

 

 

日本には、三大絣として知られる絣の産地があります。福岡県の久留米絣、愛媛県の伊予絣、そして広島県の備後絣。いずれも江戸時代から続く、長い歴史を持っています。今回ご紹介するgi(ギー)のかすりスカーフは、久留米絣が原型。

 

久留米絣は1788年に現久留米市に誕生した井上伝という少女が、着古した着物に染料が抜け、白い斑点が表れることに着目し、あえて糸に染めない部分を作ることで模様を表現する、という逆転の発想から生まれたと言われています。久留米絣は「括る」、「染める」、「織る」という30以上の工程を全て手作業で行い、一反(巾38cm×長さ12m)が仕上がるまで、およそ2ヶ月を要します。

 

 

かすり スカーフ ヘリンボーン(ベージュ)

ヘリンボーンのように、絣糸を使ったモダンな柄も。

 

gi(ギー)が手がけるスカーフは、ヘリンボーンやチェック柄など、現代的でいわゆる定番柄。とはいえそれぞれ絣糸を使っているため、たとえ直線的に見える柄であっても、若干曲がったような、手書きで描いたような、独特のゆがみをみることができます。製品一つ一つが少しずつ異なる柄を持っており、個性的。それゆえに選ぶ楽しみがある、そんな製品です。

 

 

 

年中使えて巻きやすい魅力

 

 

gi(ギー)のかすりスカーフは、綿100%で作られています。綿のスカーフというと、薄手で春先に使うイメージが強いですが、かすりスカーフの場合、太さの異なる糸で織られていることから、生地に空気の層ができ、意外にも保温性があるのです。

 

 

ウールやカシミヤマフラーとの比較。

 

 

上記は、手前から綿のかすりスカーフ、カシミヤのマフラー、そしてウールのマフラー。並べるとその違いよく分かりますね。カシミヤやウールの場合、毛糸をぎゅっとフェルト状にし、冷たい空気を通さないように織られていますが、かすりスカーフの場合、通気性と保温性のバランスをうまく取る仕組みになっているため、夏は涼しく、冬は暖かく身につけることができます。そのため、重さのあるマフラーではちょっと肩が凝る、疲れやすい、という方にかすりスカーフがおすすめです。

 

 

左:ヘリンボーン 右:しらかば文人格子 ネイビー

 

 

かすりスカーフの中でも、特にヘリンボーンはふんわりとしたコットンらしい質感。ほかの柄はややシャリッとしたリネンに近い爽やかな肌触りになっています。いずれも柔らかい生地になっているので、やや肌寒い日にはぐるぐると巻いて首元を温め、涼しげに使うならゆるく一巻きして結び目を作るなど、様々な使い方ができます。

 

 

ウールマフラーとのサイズ比較。

 

 

また、かすり「スカーフ」という名が付いているだけあって、ストールやマフラーに比べると、サイズがコンパクトという点もポイント。ストールやマフラーの場合、一般的に長さが200cm近く、幅も50cmほどあるものが多いですが、かすりスカーフは長さ160cm、幅35cmのコンパクトサイズ。そのため一巻きするだけで様になり、持ち歩きもしやすいという良さがあります。

 

 

かすりスカーフ しらかば文人格子

使わないときは畳んでバッグに仕舞えるサイズ。

 

 

 

軽やかに巻いて、ユニセックスで使える

 

 

かすりスカーフ しらかば文人格子

左から:ヘリンボーンしらかば文人格子 レッド細かいHしらかば文人格子 ネイビー

 

 

ZUTTOでお取り扱いしているgi(ギー)のかすりスカーフは、全部で4柄。いずれも女性、男性ともにお使い頂くことができます。誕生日やクリスマス、バレンタインや父の日といったギフトシーンに、贈り物としてもおすすめです。

 

 

かすり スカーフ ヘリンボーン(ベージュ)

 

かすりスカーフ ヘリンボーン

 

 

ブラウンベースに細やかなヘリンボーン柄が入った、かすりスカーフ ヘリンボーン。シックな印象を作るので、スーツ姿にも、きれいめなビジネスカジュアルにも、よそ行きの格好にもぴったり。明るめの色のアウターなどと合わせると、かすりスカーフとのコントラストが生まれて、コーディネートしやすくなります。

 

 

かすりスカーフ しらかば文人格子

かすりスカーフ しらかば文人格子 ネイビー

 

かすりスカーフ しらかば文人格子

かすりスカーフ しらかば文人格子 レッド

 

 

絣糸の特徴がよく表れた、しらかば文人格子の2色。ヘリンボーンに比べると、やや通気性が良くなり、より軽やかな印象を受けます。チェック柄がアクセントになるので、リラックスした休日スタイルに合わせやすい一枚です。

 

 

かすり スカーフ 細かいH

 

かすり スカーフ 細かいH

かすりスカーフ 細かいH

 

ネイビーとホワイトで細やかな千鳥格子を表現した、細かいH。色づかいや柄が控えめで、着ている服に馴染んでくれるようなデザインですので、持っていると重宝する柄です。使う人を選びませんので、ギフトに迷ったらおすすめしたい柄です。

 

 

 

▽gi(ギー)のかすりスカーフはこちらから

 

投稿者: 植田 日時: 2020年02月02日 11:00 | permalink

閉じる