期間限定送料無料中(一部地域/アイテム除く)・最短で翌営業日発送
6/30正午まで|ポータブルランプ受注会 >>

 

どう選ぶ?機能と素材で見るインナー4選

 

「インナー」と一口に言っても、何を重視するかは人それぞれ。

締め付けすぎずリラックスしたものが着たい方。

肌触りの良い物を選びたい方。

インナーをあえて見せてファッションを楽しみたい方。

 

どうせなら、シーンや気分にぴったりのものを身につけたいものです。

しかしながら見た目が似通っているだけに、本当に欲しいインナーを

オンライン上で選ぶのはなかなか至難の技。

今回は、4つのブランドのインナーをメインに詳しく比較していきます。

 

 

 


目次

デザインで選ぶ

・ZUTTOオリジナル

・icebreaker

・DANSKIN

・joha

 

素材で選ぶ

・素材と機能

 

シーンで選ぶ

・リラックスしたいとき

・おしゃれしたいとき

・スポーツしたいとき

・毎日着たいとき


 

今回比較するのは、こちらの4つのブランドのインナー。

 

 

 

 

ZUTTO

 

・強撚コットンフライス キャミソール

 

 

こちらは、大人も手に取りやすい深みのあるニュアンスカラーが特徴のキャミソール。ラウンドネックで深めの襟ぐりなので、見せたくないときには隠して着られる誰でも抵抗なく着やすいデザインです。

 

 

 

キャミソールは汗の吸収の役割を果たすだけでなく、肩周りの華奢さを演出してくれるので、レイヤード向きのウェアでもあります。こちらのキャミソールのように肩紐が平らになっていると薄手のトップスを着たときにアウターに響かないので、重ね着にはもちろん、レイヤードにも選びやすいという特徴も。

 

 

 

一般的なキャミソールは脇に継ぎ目があるものが多く、ごろつきが感じられてリラックスして着られないという方は少なくありません。こちらは、お肌が敏感な方でも快適に着られるように、継ぎ目は背中側一つのみ。さらに縫い代をフラットにさせることでごろつきを無くしました。また、このラインのおかげで、見た目にも背筋がしゃんとした後ろ姿に。後ろ姿に自信がない、という方にも嬉しい仕上げです。

 

 

 

アジャスターなしのストラップには程よい伸縮性のある素材を使っています。肌に触れても痛くない優しい肌触りで、肩紐にかゆみを感じる方も安心。一日中、地肌に触れるインナーだからこそ、着心地にこだわったキャミソールです。

 

 

 

 

icebreaker

 

・サイレン キャミソール

 

 

 

icebreakerのサイレン キャミソールは、華美な装飾のない落ち着いたキャミソール。インナーは毎日着るものなので、飽きのこないものを選びたいという方へおすすめの一着です。上で紹介したキャミソールがラウンドネックなのに対し、こちらはやや直線的な襟元になっています。

 

 

 

よりすっきりと華奢な後ろ姿に見せられるのもこちらのキャミソールの特徴。背中が程よく開いていて、開きすぎということもない絶妙なバランスが「ちょうど良い」デザイン。何がちょうど良いかというと、襟ぐりや背中が広く開いた春夏のトップスでも、微妙にインナーが見えてしまう心配がないということです。メリノウールを使用し、秋冬にも暖かく着られる機能性抜群のキャミソールでありながら、一年間着られるデザインというのが魅力的なインナーです。

 

カラーも白、グレー、黒と日常生活で選びやすいラインナップで、複数枚揃えて着るのもおすすめです。

 

 

 

肩ストラップにはアジャスター付き。こちらはプラスチックではなく金属でできていて高級感を感じられるデザインです。

 

 

 

 

DANSKIN

 

・インナーブラ付ノンストレスYバックタンク

 

 

 

ヨガやスポーツなどの場面で一枚でも着られるタンクトップ。背中でたすきのようになっていることから、肩から落ちることもなくバストをしっかり支えるので、アクティブな動きを可能にしてくれます。

 

 

 

こちらのYバックタンクトップは普段着のレイヤードとしては向きませんが、スポーティーな場面で一枚でも着られて健康的な後ろ姿にみせてくれるという魅力があります。スポーツする自分の後姿にも気合いを入れられて、美と健康に向かって力が湧いてくるそんな一着です。

 

 

 

ワイヤーの窮屈な締め付けがなく、リラックスして着られるのがインナーブラ付きの良いところ。脇に縫製の無い丸編みシームレス仕様や、締め付けすぎない適度なホールド感など、ストレスフリーを追求した仕様でヨガやジムワークアウトなど幅広いスポーツシーンで活躍します。

 

 

 

 

joha

 

・ウール70シルク30 タンクトップ

 

 

johaから新しく登場したのがこちらの「ウール70シルク30シリーズ」。これまでZUTTOで取り扱ってきたインナーもウール×シルクの心地よい素材ですが、今回のシリーズはシルクの配合率を「15%」から「30%」へとアップさせることで、より夏にも着やすくなりました。シルクならではの質感とウールの快適な着心地が存分に味わえるインナーです。

 

 

 

シャツの中に着る、見せるインナーとしても着られるのがこちらのタンクトップ。デコルテ周りが綺麗に見えるようにデザインされている他、立体感のあるリブ編みがレイヤードにも変化をつけてくれる一枚です。置いた形は縦長ですが、びよーんと伸びてゆったり着られるシルク混のとろみも感じられる生地で、心地よく体にフィットしてくれます。

 

 

 

おしりまで覆う長めの丈で、お腹の冷えが気になる方にもおすすめ。ごろんと横になっても飛び出さない着丈で、お家で着るインナーとしても安心感のあるタンクトップです。

 

 

・ウール70シルク30 レースキャミソール

 

 

同素材のキャミソールは、肩紐がレースになっているセンシュアルなデザインです。見た目にも素敵なキャミソールのとろんとしたウール×シルクに体を包まれ、うっとりする気分を味わえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

共通するのは、どのインナーも上質な素材を使用しているということ。「汗をかいても気持ちよく着られる」というラインをクリアしたインナーたちなので、基本的にどれを選んでも快適に着用することができます。それにプラスして、どんな機能があるか素材と特徴を見てみましょう。

 

 

 

 

ちょうどいい体温に保ってくれるウールインナーを一年中着たいという方もいれば、夏には冷感ドライタッチのインナーを好む方もいたりと好みは千差万別ありますが、やはりインナーにはお肌に優しい厳選した素材のものを選びたいですね。 着ては洗って、いつでも清潔に身に付けたいインナーなので、普段のお手入れについても重視したいところです。インナーにおなじみの綿から繊細なイメージのあるシルクまで並んでいますが、意外にもお手入れが簡単なことに驚くのではないでしょうか。

 

 

 

 

・リラックスしたいとき

 

 

締め付けから解放されてゆったりと過ごすなら、気持ち良い着心地と素材にこだわったインナー選びをおすすめします。重ね着してもごわつきがなくさらりとした肌触りのインナーは、一年を通して活躍するので重宝します。

 

>>ZUTTO

>>joha

>>icebreaker

 

 

 

 

・おしゃれしたいとき

 

 

シャツと合わせたレイヤードを楽しめる、デザイン性の高い一枚。なかなかない色味のキャミソールや、首元が綺麗に見えるタンクトップなら、見せるインナーとして活躍します。

 

>>ZUTTO

>>joha

 

 

 

 

・スポーツしたいとき

 

 

体にぴったりフィットする動きやすさに加えて重視したいのは、汗をしっかり吸収して、なおかつ臭わせないこと。汗を素早く吸収して乾きも早いDANSKINと、メリノウールの高い機能性を利用したicebreakerがおすすめです。

 

>>DANSKIN

>>icebreaker

 

 

 

 

・毎日着たいとき

 

 

普段着として毎日着たいウェアに求めたいのはいつでも清潔に着られて、お手入れも難しくないインナーウェア。お家で洗濯できたり、毎日洗ってもくたびれない素材を使っていると、手放せないお気に入りの一枚になります。

 

>>ZUTTO

>>icebreaker

 

 

 

 

 

投稿者: 福井 日時: 2022年05月20日 13:49 | permalink

閉じる