メルマガ会員は送料無料(一部地域除く)・最短で翌営業日に発送します
ZUTTOの新生活特集はこちら >>

 

 

【愛用レビュー】運転もお任せの楽ちん靴、New falconを履いて変わったこと。

 

ZUTTOの商品を誰よりもチェックし、誰よりも知っているスタッフが、お買い上げしたものを熱くご紹介する愛用レビュー。今回は、靴に悩みのあるスタッフの解決策となったNew falconのスニーカーをレビューします。

 

***

 

数年前からだんだんアウトソールが分厚くなっていくスニーカーをあちこちで見かけるようになりました。90年代に一度流行ったようなダッドスニーカーはぽってり可愛らしい形。かくいう私もそんな厚底スニーカー愛用者の1人です。

 

冬には厚底靴だけでなくヒールのあるブーツも履いていて、どれもお気に入りの靴ではありますが、実は厚底靴やブーツを履くと困ることがありました。それは、車が運転しにくいということ。

 

 

ヒールのブーツは後ろに積みます。

 

運転したことがある方には伝わる悩みかと思いますが、アクセルの踏み込み角度は靴によって全く異なるので、少しの感覚の違いでなんだかそわそわと不安になります。長距離運転する時は、履き慣れたベーシックなスニーカーを持って二足連れて出かけることも。

 

履き慣れているとはいえ特別運転向きというわけではないし、お出かけのたびに靴を持って出たりするのもなんだか…と思い始めたそんな時、とうとうドライビングシューズにもなるという話を聞いて気になっていたNew falcon を試してみたくなったのです。

 

 

✔︎ 愛用レビュー

 

スタッフF

【足サイズ】22.5cm

【ワイズ】B

【特徴】幅はやや狭めですが、靴のフィッティングで悩むことは少ない。

【選んだサイズ】36サイズ(23cm相当)

 

▲5色展開から選んだのは、GREY。少しブルーのニュアンスがあって、パンツにもスカートにも合わせやすいです。

 

私の足は22.5cmですが、ゆとりのあるスニーカーの履き心地が好きで23cm前後で靴を選ぶことが多いです。

付属のレザーのインソールを入れた状態で、冬用の厚手靴下を履いてフィット感とリラックス感のどちらもある履き心地でした。感覚的には普段の23cmのスニーカーより大きめに感じます。インソールを抜いて履くとより軽い着用感で、シューレースをきちんと結ぶことでパカパカせずに履けて快適です。

 

 

 

 New falcon のお気に入りポイント

1、長く忘れていた、軽いラフな履き心地

 

 

まず、履いてみて驚いたのがその意外な軽さ。単体で片足251g、付属のレザーインソールを入れても片足265gとかなり軽いタイプの靴です。

履きながら、子供の頃履いていた上履きの感覚を思い出しました。廃校の小学校を再利用したオフィスの廊下をキュッと踏みしめる滑りにくさと軽さ。見た目は当時の上履きとは全く違いますが、懐かしさも感じさせるこの履き心地は、お子さんの参観日の室内履きであったり、オフィス用にするのにもおすすめしたいです。

 

なぜそう楽なのか?というのも、New falconはもともとは医療現場であってもおしゃれもできるメディカルシューズとして作られたものだからです。一見すると普通のシューズなので、メディカルと聞くと「?」と思う方もいるかもしれませんので、ブランドについて少しご紹介します。

 

 

イタリア生まれのNew falconは日本のNostalgic Garage(ノスタルジックガレージ)が輸入元となってインポートされたシューズです。中でも今回ご紹介している別注品は、ノスタルジックガレージが企画開発したもの。そのため、New falconのインソールには、下の画像のようにノスタルジックガレージのブランドロゴが刻印されています。(ノスタルジックガレージは、ZUTTOではガレージコートや、トートバッグチノトラウザーパンツなどが人気品として長くお取り扱いのあるブランドです。)

 

 

ブランドロゴのレトロカーが目を惹きます。実は、ノスタルジックガレージは、営業車やブランドロゴにまでレトロカーを採用してしまうほどに、レトロカーやノスタルジックなアイテムをこよなく愛しているブランドでした。

 

 

ノスタルジックガレージとNew falconの出会いは、イタリアでのレトロカーイベントがきっかけなのだそう。車といえば、イタリア。そのイタリアでのイベントで、数人のレトロカードライバーがこのNew falconをドライビングシューズとして履いていたことから、このスニーカーの評価と価値の高さに気づき、日本へインポートするきっかけになりました。当時イタリアではリハビリシューズとして薬局などでも購入できるほど身近で人気の存在だったNew falconは、レトロカーのアクセルやブレーキなどのかすかな異変や感覚の違いまで判断できる完成度のソールを持ち、たくさんのドライバーから愛されていたのです。

 

 

もちろん、その実力が認められているのはドライビングシューズとしてだけではありません。コットンやウールなど、天然素材にこだわったイタリアのデッドストックの生地やヴィンテージ生地、環境にも優しい生地を使用したデザイン性にも注目です。そういったノスタルジックな生地の特性もあり、現代においては手に入れたくても他ではなかなかお目にかかれないラインナップとなっています。

 

 

つくりは国内外でも限られた工場でしか製造できず、希少価値が高くなっているバルカナイズド製法のスニーカー。丈夫で美しいシルエットをキープできるだけでなく、ソールがしなやかで歩きやすいという特徴をもっています。工程数が多く、手仕事もあり、一つ作るにも手間暇かかるこだわりの製法で作られているスニーカーです。

 

 

2、ただ薄いだけではない、コルクの入ったソール

 

 

薄いソールですが、踵部分にコルクが入っており、歩行の衝撃を吸収してくれる効果があります。

 

ソールにコルクといえば、グッドイヤーウェルト製法の革靴もそうですよね。衝撃吸収・クッション性を高めるためにソールにコルクが入っていて、コルク部分は履くたびに沈み込み自分の足の形へと変化していくことから、唯一無二のフィット感が感じられるようになるのです。

 

 

他にも、こちらの別注品にはレザーの中敷が付いていて履き続けることで足に馴染み、より自分だけのスニーカーという感覚で愛用できます。中敷は、履き始め少し大きいかな?と感じるのですが、履いているうちにどんどん馴染みますので安心してください。レザーの中敷の下には、タオルのようなパイル地が敷き詰められていて、暑い日には素足で履くのも快適です。

 

 

アウトソールには、雨の日や海岸でも滑りにくいものを使用しています。実際歩いてみると、キュッと地面をとらえるような感覚があります。まるで裸足で出かけているかのようにストレスフリーで、ふらっと気軽に出歩くことが楽しくなります。

 

 

 

3、ちょっとレトロがちょうどいい、毎日頼れるルックス

 

軽く、歩きやすく、履きやすいが揃って、気取りすぎない素朴さのあるデザインが可愛らしくてお気に入りです。綺麗めの引き算、カジュアルの足し算にも使え、トータルコーディネートでも活躍します。

 

◆ベージュで軽やかに

スニーカー:【別注】コットンスニーカー /CHECK

トップス:後付けルーズフィットパーカー
コート:CAVALRY TWILL コート
バッグ:ギャザーバッグ

 

 

◆デニム×デニムでカジュアルに

スニーカー:【別注】ウールデニムスニーカー /BLUE
トップス:モンゴリアンウール タートルネックセーター

スカート:MACHU PICCHU デニムスカート

バッグ:HALLIE バケットトート

 

ソール部分はステッチのようなラインテープが印象的。このラインテープはNew falconのブランドの顔となっている部分で、シンプルなデザインにさりげなくおしゃれを足してくれています。

 

 

紐穴はシンプルな2ホール。普通のスニーカーを履く時、上の2、3個の穴に通った部分の紐をを緩めてもう一度ぎゅっと縛り直します。この時結構力が必要ですよね。

 

 

2ホールだと縛るのにも力が要らないのでとても履きやすいです。2ホールというと革靴の仕様に多く、スニーカーではあまり見かけないかもしれません。そんなマニッシュな仕立てにイタリアらしい粋なこだわりが見えてときめきました。

 

 

レトロカーの細かなアクセルの異変も見抜くともいわれていることもあり、ドライビングシューズとして実際に履いてみると、ペダルの感覚は普通のスニーカーとは一線を画すもので、初めてペダルを踏んだ時は、おお、なるほど、と感動しました。運転が得意な方ではないので、普段初めて履く靴で運転しようとすると少し緊張するのですが、New falconにはそれがなかったんです。ペダルをきちんと踏むという安心感がとても強く、今まで足裏の感覚が薄い状態でペダルを踏んでいたことに少しの不安を感じるほど。

 

ドライブが趣味の方、長距離運転をする方、アウトドア好きな方にはもちろん、運転初心者さんやあまり得意ではない方にもおすすめしたいです。

 

 

一方で、コルクのソールということもあり革靴のようなカチッとした踏み心地はありますので、旅行のような長距離歩く日には、長距離向きの靴をおすすめしたいです。履き心地自体は、ゆったりラフな着用感が好きな私としてはホールド感がちょうど良く履き心地はかなり良いもので、仕事履きとして長時間履いているのも快適でした。

 

 

ほっこりレトロな印象のあるシューズですが、今風に気分を変えて履きたい方は、シューレースをアレンジして履くのもいいですね。上で付け替えたのは、一般的なスニーカー紐の長さです。2ホールなので長くなりすぎてしまうかな、と思ったのですが、意外にも程よい長さで履くことができそうです。

 

今回は、New falconの魅力をお伝えしました。

特に、初心者さんは私のように厚めソールの靴やヒールのある靴を好んで履く方もいると思うので、自分用だけでなく気の利いたギフトにもおすすめ。運転に自信のない方にこそ履いて欲しい靴だなと、履く前と実際履いた後の印象ががらりと変わって、今ではドライブが趣味の友人のお誕生日のギフトに選ぼうかな?と検討しているところです。

プロが履くような本格的なドライビングシューズとは一味違って、一般的なコットンシューズのようなデザインが可愛らしく、履いたままでショッピングも楽しめるところがいいですね。

 

 

▼New falconブランド製品一覧はこちら

投稿者: 福井 日時: 2024年01月26日 11:54 | permalink

閉じる