メルマガ会員は送料無料(一部地域除く)・最短で翌営業日に発送します
PRASのスニーカーご購入でシューレースをプレゼント >>

 

【スタッフ愛用品|F/ACSIONのレインスカート】

雨の日は必ずこれ。一枚で楽に素敵に、天気に悩まされない私のマストアイテム。

 

 

こんな時は必ずこれ、というアイテムを持っていますか?

通勤にはレザーバッグ、フォーマルシーンには真珠ネックレスのように、TPOに合わせたマイ定番を持っていたりしますよね。

 

私の場合、雨の日には「F/ACSION(ファクション)のレインスカート」です。

 

今日は、そんな私のお気に入りであるF/ACSIONのレインスカートの便利さについて深掘りしてご紹介していきます。雨の服選びに悩むみなさんの参考になれば嬉しいです。

 

 

 一枚で穿けるから、雨の日のボトムスはこれだけで◎

 

 

締め付けがなくて楽なので普段からスカートはよく穿きますが、特に雨の日は服選びに難しさを感じていました。ロング丈のものは注意して歩かなければ裾が必ず濡れますし、なかなか乾きません。翌日の洋服を決めていたら、朝から雨で出かける前に慌てるということも多々ありました。

 

そんな日々を見直してみて、たどり着いたのがF/ACSIONのレインスカート。雨に強いナイロン製でありながら、これ一枚でおしゃれ着スカートとして穿けるスカートなのです。

 

レインスカートにもさまざまありますが、私の中で「F/ACSIONがいい!」と思った理由が1つあります。

 

一般的なレインスカートというと、普段着スカートの上に穿いて濡らさないようにするという役割のものが多いようですが、F/ACSIONのスカートはこれそのものが普段着スカートとして選べ、屋内に入っても脱ぐ必要がないというところがいいんです。

 

 

ナイロン製スカートって少し珍しいですよね。それもあって、ムレや透け感、普段着にどうなのか不安のある方もいらっしゃるかもしれません。そこで、今日はその辺りをとことんレビューしていこうと思います。

 

 

まず一番にお伝えしたいのは、レインスカートという名前ですが晴れの日にも穿ける、ということ。それだけナチュラルな着心地です。

 

商品ページに載っている上の写真は、実際にスカート一枚で着用しているところです。もしコットンであればペチコートを合わせたいほど薄手で軽い生地なのですが、透け感は全く気になりません。これもF/ACSIONのレインスカートの一つのいいところだと思います。

 

また、薄手の生地だということに加え、ふんわり広がるAラインのおかげで、歩くと空気が入れ替わるので、レインウェアによくあるムレはかなり軽減されていると思います。(雨の日は湿気が多いので、ムレが全く無いわけではないのですが)少なくとも、こもってしまって嫌な着用感になるということはありません。

 

 

もう一つお気に入りなのは、肌触り。サラッとしていてナイロン製だからといって、カッパやレインコートで良くあるツルツルガサガサの生地とは全く違いますのでご安心ください。歩いてもくるりと回ってもいかにもレインスカートらしい音がしないので、ポリエステル製の服を着ているのと同じような感覚で室内で着ていても違和感がないのです。

 

生地は柔らかくて落ち感もあり、ドレープも綺麗です。汚れが気になるようであれば、手洗いで洗えますし、シワが気になった時には、アイロンもかけられるので普段通りの洋服と同様にお手入れできて安心です。

 

 

 

 

ZUTTOでご用意しているGREYとNAVYは、普段のコーディネートにも合わせやすい落ち着いた色味。特にグレー系のウェアは雨に濡れると一瞬で色が変わってしまうということもあって雨の日には選びにくい色なのですが、レインスカートなら完全に水を弾いてくれるので安心ですね。

 

 

 

 

オンのオフィススタイルにも、休日のカジュアルスタイルにも合わせやすく、重宝しています。とにかく雨の日はレインスカート+傘の組み合わせは抜群で、雨が降りそうな日には穿いていて間違いないところもお気に入りです。

 

そして忘れずにお伝えしたいのが、コンパクトになるパッカブル仕様であること。折り畳めば小さくなるので、旅行にも連れて行くことができます。天気が悪くて思い切り楽しめそうにないと思う日にも、濡れないレインスカートがあると頼もしく心強いです。

 

▲腰の内側についたポケットを裏返して小さく収納できます。コンパクトなのでリュックにもトートにも入ります。

 

 

 

 どれだけ水に強いの?実験してみました。

 

肌触りが天然素材風となると、実際どれほど水に強い?と気になる方もいるかと思いますので実験もしてみました。乾きやすいリネン100%の生地と、レインスカートを同じくらい濡らしてみると、大きな差があることがわかりました。

 

はじめに、リネンスカート・レインスカートの2つをスプレーでしっかりと濡らします。

 

 

 

リネンスカートは水を吸収し、レインスカートは細かな水滴が残っていますが、大きな水滴は生地を滑るように下に落ちました。これらの細かな水滴でも、実際着る時にはパンパンと生地を払えばほとんど弾いてなくなるので、ご安心ください。

 

 

◆1時間後

1時間もすると、レインスカートの方からはほとんど水滴はなくなりました。今回は屋内でハンガーにかけて試しているため風の影響を受けていませんが、実際に着用していると歩いたり体を動かすことで生地が揺れて水滴が落ちやすくなり、もっと早く乾きます。

 

◆1時間20分後

さらに20分後。レインスカートが完全に乾きました。

もう一方のリネンスカートの方は、写真では少々分かりにくいのですが、水気が広がって全体が湿っている状態です。部分的に濡れている箇所も微かに残っています。この結果を見ても、レインスカートがどれだけ雨に強いかというのは一目瞭然かと思います。

 

 

 

 スカートの上から穿いてみました

 

 

そして、もう一つ私のアイディアが重ね穿きです。重ね穿きのメリットは【中のスカートが濡れない】ことです。

 

毎日はクリーニングできないスーツや制服、入学式や参観日などで着るフォーマルウェア。一度濡れてしまうとニオイや汚れが気になるけれど、クリーニングへ出すタイミングが難しいものです。できるだけ濡らしたくない大切な服を着る日に、スカートを守るのがレインスカートの役目の一つです。

 

こんなとき活躍するのが、水を弾くF/ACSIONの生地特性と、小さくコンパクトに収納できるという点。屋内に入ったら小さく鞄にしまえるので、傘のように濡れるからと周りの方に気を使うこともありませんし、レインコートのように静かな空間でガサガサ音が鳴って恥ずかしいという思いをすることもありません。同じくF/ACSIONのパッカブル全天候型ジャケット・コートなどと合わせれば雨対策は万全ですね。

 

全天候型ユニセックスコート KENROKU

F/ACSIONの晴雨兼用、全天候型コートにはさまざまな形があります。

 

 

着用はとても簡単で、下から穿いてベルトで調節するだけ。雨の中で出かけることが決まっている日には、先にレインスカートを穿いておくとより簡単に穿くことができます。

 

 

ベルトがついているので体型の変化に強く、家族で着回しすることができるのも嬉しいところですね。Aラインのたっぷりした生地は、スカートの上に穿いていても歩行の邪魔をせず、しゃがむ仕草もとてもスムーズです。

広く広がるので、スカートを履いたまま自転車に乗りたいときにも便利です。スカートの裾が濡れがちなシーンに幅広く対応してくれますよ。

 

 

 

 

 コンパクトに持ち運べると、こんな良いことも。

 

最後に、F/ACSIONを活用できる4つのシーンをご紹介します。

 

1、アウトドアの濡れるシーンに普段着のまま行くことができます。

本格アウトドア用品を持っていなくてもアウトドアを楽しみたいときに、持っていると便利です。普段着しか持っていなくても、雨の日や水のかかるアクティビティにレインスカートを穿いていけば、全力でアウトドアを楽しむことができます。

 

 

2、湿ったベンチに座りたいときに活躍します。

普段レジャーシートは持ち歩きませんが、折り畳み傘やお守りのようにレインスカートを鞄に入れておけば、スカートの裾を濡らしたくないとき以外にもいざという時に活躍するものです。例えば、水滴のついたサドルに座らなければならないときや、湿ったベンチに座りたいとき。そんな時にはレインスカートを取り出して、お尻を濡らさない工夫とするのもよさそうです。穿いても、穿かずに敷くだけでもいいですね。

 

 

3、バッグを水から守ります。

水に強いレインスカート。こちらはメーカー推奨されている使い方というわけではありませんが、手持ちのバッグを覆う十分な大きさがありますので、急な雨にどうしても濡らしたくないレザーバッグを包んで雨の直撃から守ったり、雨除けに使うのもよさそうです。

 

4、テーマパークや屋外ライブで活躍します。

暑い夏には水を浴びるアクティビティは至る所で見られます。その場で雨具を調達するのも良いですが、濡れるのがわかっているときにはコーデを楽しみながら水対策もできるレインスカートを着て出かけるのが便利で荷物も少なく安心です。

 

 

▼カラーはネイビー&グレー。商品ページはこちら。

 

▼同じカラーのジャケットもさまざまな種類から選べます。ブランド一覧はこちら。

投稿者: 福井 日時: 2024年04月23日 12:50 | permalink

閉じる