メルマガ会員は送料無料(一部地域除く)・最短で翌営業日に発送します
chausserのバレエシューズ受注会はこちら

 

今年の定番になる一枚、夏のTシャツ選びをお手伝い。

 

老若男女問わず、夏の主役といえばTシャツ。暑くて堪らない日も、シャワーを浴びてさっぱりした素肌に着たいのは身軽でさらりと着られるTシャツだったりします。Tシャツと一括りにしても、その素材や形は多種多様。どんなスタイルにも馴染むベーシックなものから、素材選びやプリントで遊んでみたり、今年の夏の定番にしたい一枚を、タイプ別にご紹介します。

 

 

ナチュラルダイ 丸胴クルーネック半袖Tシャツ(桑+緑葉染(MINT GREEN))

 

 

<目次>


・素材で差がつく、定番の白Tシャツ。

・自然な色は草木染めだからこそ、ボタニカルT

・お気に入りは長く着たいから、ヨレにくいヘビーウェイトの生地。

・細やかなディテールは七難を隠す、デザインが光るTシャツ

・夏のリラックスタイムやリゾートにはパイル素材。

・一気に主役顔のプリントTシャツ。


 

 

 

定番の白Tシャツは、素材で変化を楽しんで。

 

日差しに眩しい白Tシャツは、デニムパンツからスカートスタイルまで幅広く対応する万能選手。1枚だけではなく洗い替え用で複数枚持っている方が多いのではないでしょうか。そんな定番もその素材に着目してみることで、より自分を素敵に見せてくれるもの、快適に過ごせるものに出会えるかもしれません。

 

 

速乾+UVカット、高機能素材をデイリーウェアに

ノンウエットビックTEE | DANSKIN(ダンスキン)

 

 

 

ダンスウエアのパイオニア、DANSKINが作るTシャツは、スポーツウエア(トレーニングウエア・フィットネスウエア)の持つ機能性や快適性を持ち合わせた一枚。汗を素早く吸収して乾かして気になる汗染みを軽減する吸汗速乾機能、日差しのもとでのお出かけに安心なUVケア機能(UPF15-30、紫外線カット率85%以上)が付いています。ストレッチ性もあってストレスフリーな着心地も魅力です。

 

 

 

オーバーサイズ気味のワイドシルエット。すとんと落ちた肩のライン、前後で差つけた裾のスリットなど、スポーツウェアだけにしておくのは勿体無い、普段着としても着たい一枚なのです。

 

 

商品ページはこちら >>

 

 

暑い日もさらりと着られる、ドライタッチな風合いのニットT

半袖コットンニット SUMMER KNIT P/O | YONETOMI NEW BASIC(ヨネトミニューベーシック)

 

 

ニットファクトリーとして、創業以来ニットテキスタイルの技術開発に取り組む老舗メーカー米富繊維株式会社が、「新しい日常」に寄り添うベーシックなアイテムを開発するニットプロジェクトとして立ち上げたのが、YONETOMI NEW BASIC。「ニットは夏に着れない」という定説を覆すために試行錯誤を繰り返すこと2年、生み出したサマーセーター発祥のブランドでもあります。

 

 

スカート:サイロウルティマ天竺 切替フレアスカートシューズ:OFFICER SHOE 1831 Blackスカーフ:シルクツイル スカーフ/ROOM

 

半袖コットンニット SUMMER KNIT P/Oには、米富繊維が別注で開発した、綿とナイロンを交撚した素材を使用。さらりとしたドライタッチな風合いに、12ゲージのハイゲージ編みされたニットで、夏でもべたつかず気持ちの良い着心地です。また、自宅で手洗いができてお手入れが簡単というのも嬉しいポイントです。Tシャツほどラフになりすぎず、程よいきちんと感も出してくれるのは、ニットTシャツだからこそ。

 

商品ページはこちら >>

 

 

草木染めだからこその自然な色、唯一無二の存在感のTシャツ。

 

白いTシャツだとちょっと味気ない、という方には色で楽しむTシャツを。鮮やかな色も素敵ですが、ちょっと落ち着いた草木染めの一枚はいかがでしょうか。デニムやチノパンなど手持ちのボトムスとも合わせやすく主張しすぎない、鏡を見るたびに穏やかな気持ちになれそうな一着です。

 

 

ナチュラルダイ 丸胴クルーネック半袖Tシャツ | ZUTTO

 

 

ZUTTOと草木染めのエキスパートであるMAITOが作るTシャツは、自然本来の味わいを楽しむことができる一枚。草木染めは経年変化する染め方でもあるので、愛用すればするほど風合いが増し、自分だけの色に変わっていくのもポイントです。白く淡い色合いに変化したり、反対に渋みが出て来たりと変化の仕方は千差万別なので、何年も時間をかけて世界にたった一枚、まさしく自分だけのTシャツになっていきます。

 

ご用意したのは「矢車附子」「藍」「栗+屋久杉」「桑+緑葉」「ひまわり」の5色。「矢車附子(GREY)」「藍(NAVY)」は濃色ながらも、どこか自然ならではの優しさを感じる色合いで、「栗+屋久杉(BEIGE)」「桑+緑葉(MINT GREEN)」「ひまわり(YELLOW)」はほのかに色づいた花のような淡い色合いが魅力です。

 

 

 

Tシャツは、ZUTTOで生地の選定からデザインまで一から企画しています。しっかりとした質感の生地なので丈夫なのはもちろん、丸胴編みの生地を使用することで縫い目を極力無くし、ゴロつきを解消させるなど着心地の良さを追求。どんなコーディネートにも合わせやすいように細かにデザインを設計し、流行に左右されないプレーンなシルエットにすることで、例え服の好みが変わったとしてもいつまでも使い続けられるようなデザインにしています。

 

商品ページはこちら >>

 

 

 

お気に入りは長く着たいから、ヨレにくいヘビーウェイトの生地

 

Tシャツを長く着ていくと気になってくるのが、襟元や生地がクタっとしてきてしまうこと。洗濯する回数も増えるアイテムなので多少はやむを得ない部分ではもあるのですが、少しでも良い状態で長く着るためにおすすめしたいのがヘビーウェイトの生地。Tシャツでヘビーウェイトというと、生地の厚みは5〜7オンス(1オンス=約90平方cmの重さが約28g)くらいのもので、生地にハリがあるため、リラックススタイルもだらしない印象になりにくいです。

 

 

150年前から日本の夏を快適にしてきた、ちぢみ生地

ビワコットン ヘビーウェイトビッグT |BIWACOTTON(ビワコットン)

 

 

ちぢみは高温多湿な日本の夏を快適に過ごすために作られた日本古来の清涼素材で、高島商人によって全国的に広まったことで広く愛用されるようになったそう。ビワコットンは、江戸時代から続く滋賀県高島市の伝統産業「高島ちぢみ」の技法を元に開発した生地です。

 

 

 

高島ちぢみは通常よりも強く撚っている糸を使っていますが、ビワコットンはそこからさらに限界近くまで撚っているので、よりドライな肌触りになっています。さらに、織った後に熱湯に通して縮めることで伸縮性も加わりました。シワ加工の凹凸効果で、一般的なコットン製品と比べて肌にはり付きにくいので、夏の暑い時期には嬉しい点です。

 

 

スカート: ベンタイルギャバ×ワッフル ミリタリースカートスニーカー:スニーカー TRAINER 016 BLACKバッグ:リュック BABY MOIRE

 

大きめな作りで少しハリもあるので、ボディラインをひろわず綺麗なシルエットが実現します。後ろ中心と袖を切り替えにしたことで、一般的なTシャツとは少し違うデザインになっているのもポイントです。

 

商品ページはこちら >>

 

 

 

ふんわりとした袖と裾で、柔らかさをプラス

クルーネック ショートスリーブ Tシャツ/ Vネック ショートスリーブ Tシャツ | Goodwear(グッドウエア)

 

 

 

アメリカ生まれのGoodwearのTシャツは、7.2オンスの肉厚生地。ヘビーウェイトのTシャツというと武骨な印象のものも多いですが、こちらは袖口と裾がリブになっているので、全体的に少し丸みを帯びた形になっているのも特徴です。

 

 

スカート:リネンロングスカートスニーカー:ローカットスニーカー Black

 

柔らかなシルエットなので、スカートとも合わせやすい一枚です。

 

商品ページはこちら >>

 

 

沢山洗ってもヨレにくい、スウェットのような丈夫な一枚

ユニセックス DOTSUME POCKET T-SHIRT KINARI | Jackman(ジャックマン)

 

 

 

DOTSUMEとは「度詰め」という意味。吊り編み機で編立て、さらに極限まで度詰めした生地を使用したスウェットのようなTシャツで、カットソー素材でありながら、しっかりとしたハリのある生地なのが特徴です。ヨレたり伸びたりということを気にせず、長く愛用出来る安心感が嬉しいTシャツです。

 

 

シューズ: M サボ TEXAS 2020 LEATHER BLACK

 

 

胸のポケットは手の込んだマチ付きの仕様で、更に縁はTシャツのネック部分などでよく見られるリブバインダーで補強されているなど、ベーシックなアイテムでありながら、細部にまでこだわったJackmanらしい一着です。

 

 

商品ページはこちら>>

 

 

 

細やかなディテールは七難を隠す、デザインが光るTシャツ

 

 

Tシャツとは「襟のない、Tの字に見えるシャツ」のこと。そんな定義の中でも、ディテールのデザインで普通になりすぎず、ポイントになってくれるのがこの二枚。無地のTシャツでもディテールが細やかなものはシルエットやアクセサリーに特別気を使わなくとも華やかで印象的になります。一枚で決まるTシャツが欲しい、そんな方にはディテールが特徴のTシャツを選ぶのがおすすめです。

 

 

後ろ姿も抜かりなく

ERIN ボックスタックTシャツ|FilMelange(フィルメランジェ)

 

 

ムラのある細めの糸を計算された密度で編み立てた、着れば着るほど味わいある雰囲気が深まるFilMelangeのERIN ボックスタックTシャツ。正面から見るとベーシックなTシャツですが、後ろ身頃にたっぷりとしたボックスタックを取っているので、後ろ姿が特に素敵なのです。

 

パンツ:、PARACHUTE ワイドパンツサンダル:アンクルストラップサンダル(DK.BROWN)

 

 

ゆったりとした身幅と長すぎない着丈で、夏に出番の多いゆったりとしたパンツともバランスよく着られます。

 

商品ページはこちら>>

 

 

重ね着でも存在感を発揮する襟元のフリル

リネンコットンフライス半袖フリルTシャツ|Vlas Blomme(ヴラスブラム)

 

 

衿の一部分にプラスされた裁ち切りのフリル。袖口と裾も裁ち切り仕様でステッチがなく、このフリルが一層引き立つという計算されたデザインです。フリルでありながら甘くなりすぎないので、手持ちの服にもすぐに馴染んでくれますよ。コットンリネンのフライス素材なので程よく伸縮性があり、リネン特有のシャリ感もあるのでさらりと気持ちいい一枚です。

 

 

パンツリネンイージーパンツ(ペチパンツ)サンダル:レザー サンダル 275028

 

重ね着にも活躍するので、夏のみならず春〜秋にかけて長く着られます。

 

 

商品ページはこちら>>

 

 

 

スタイリッシュに着こなす

スーピマ天竺 二重袖スリットTシャツ | ZUTTO

 

 

サイドに入ったスリットとふわりと広がった袖口がこなれた印象にしてくれる一枚。両脇裾には前後差のある深めのスリットを入れて立体的な形に仕上げることで、オーバーサイズのTシャツにありがちなのっぺりとした印象を無くしています。Tシャツを着ると何だか野暮ったくなってしまうという方にも手に取りやすいデザインです。身幅にゆとりがあり、風通し良く着られるのも暑い季節には嬉しいデザインです。

 

 

パンツ:TROUSERS03 A BLACK

 

このTシャツの肌触りの良さは、毛足が長く、高級綿として名高いスーピマコットンを使用しているから。シルケットというシルクのような光沢感を出す加工をあえて行わず、毛足の長いスーピマ本来の特徴を活かした表面は自然な光沢感が楽しめます。インナーやベッドのシーツにも採用される素材ですので、柔らかくふんわりとした気持ちの良い肌触りで着心地は抜群です。

 

商品ページはこちら >>

 

 

 

 夏のリラックスタイムやリゾートのに。

 

 

ミニパイル ビッグTシャツ |  HAAG(ハーグ)

 

 

しっかりと目を詰めて編立てて表現した綺麗な目面と丸いループ状の糸(パイル)が特徴のミニパイル ビッグTシャツ。糸の番手の中でもちょうど中間くらいに位置している、パジャマなどリラックスウェアにもよく使われる40番手の糸を使用しています。タオル地のウェアというとリラックス感が出すぎてしまう印象がありますが、ミニパイル ビッグTシャツは、パイル面のループの長さを控えめにして上品に仕上げているので、普段着としても素敵に気持ちよく着られます。

 

 

スニーカー:SHELLCAP MOULD MID KURO/OFF WHITE

 

 機能性だけでなくゆったりとルーズに仕上げ、裾にスリットを入れ抜け感を演出したデザインです

 

商品ページはこちら>>

 

 

一気に主役顔になるプリントTシャツ

 

海外のスナップを見ていると、自分の好きなアーティストなどのプリントTやロゴTをかっこよく着こなす人を目にすることがありますが、最近では日本でもシンプルなお洋服にワンポイントで銘々のお気に入りTシャツのコーディネートを楽しんでいる姿を見かけます。白いTシャツにデニム、ももちろん素敵ですが、今日はこの柄にしようかな、今日はこの色の気分だなと、選ぶのも楽しいものです。

 

 

ホームランを表す爽快な言葉を

ユニセックス HOMERUN Tシャツ DARK NAVY | Jackman(ジャックマン)

 

 

野球の「ホームラン」、アメリカではホームラン以外にも俗称として使われている言葉があるのをご存知でしょうか。そのひとつがこの「MOON SHOT」です。言葉の意味は「月まで届くように高く飛んでいく」といって大飛球とも呼ばれているもので、アメリカンベースボールへの憧れから始まったJackmanらしいグラフィック。気持ちもまで高めてくれそうです。文字はフロッキー(静電気植毛)プリントで表現されており、モールのようにフサフサとしているのもポイントです。

他にも「TAPE MEASURE BLAST(球場が壊れるくらいに飛んでいく)」「AIRLINER(飛行機のように飛んでいく)」のTシャツもあります。

 

商品ページはこちら>>

 

 

家が好きな犬。

HOUSE 7.2oz V Tシャツ | Goodwear(グッドウエア)

 

 

Goodwearの定番VネックTシャツにプリントを施しています。アメリカのカレッジTシャツで使われる動物ロゴプリントがモチーフになっています。「I would rather stay in house(散歩に行くより家にいたい…)」と呟くやや不満気な表情のブルドッグが、なんとも愛らしく哀愁すら感じられます。暑いのに外でなくてはならない日の、私たちの気持ちを代弁してくれているようです。

 

商品ページはこちら>>

 

 

フルーツパーラー開店

FRUIT PARLOR プリントTシャツ | FRUIT OF THE LOOM(フルーツオブザルーム)

 

 

FRUIT OF THE LOOMは、厚手の生地としっかりした縫製が魅力で、アメリカの定番Tシャツブランドといえばその名前が挙げられる程多くの人に愛されるブランド。こちらはフルーツで染めあげたTシャツをキャンバスにしてアーティストたちが思い思いのフルーツを表現した「フルーツパーラー」の企画の一枚で、細番手の糸をハスカップを使用して染色しています。

 

切手やマッチ箱など日常で見つけた素材を組み合わせてコラージュする制作スタイルが人気の、中村muchoよしてるさんが手がけたイラストが描枯れており、。FRUIT OF THE LOOMとの関連を思わせる果物や「F」をウサギに見立てたイラストからは、閃きや描くことへの楽しみが感じられます。

 

商品ページはこちら>>

 

 

 

▽まだまだあります。Tシャツはこちらから

投稿者: 村上 日時: 2022年07月11日 08:30 | permalink

閉じる