メルマガ会員は、ずっと送料無料です(一部地域除きます)

 

丈夫でエイジング上手、帆布バッグ特集

 

一つのものを大事に長く愛用することが好きな方には、帆布(はんぷ)はとってもおすすめの素材です。

素材として丈夫で長く使えることはもちろん、初めは硬くて少しごわついていた生地も使ううちにくったりと馴染み、柔らかくなり、風合い・色合いが変化し、味となっていきます。長く愛用することは、その味を深めていくこと。

 

帆布のエイジングは革に比べると比較的早く、実感しやすいことも魅力の一つかもしれません。気兼ねなく日常的に使うことが出来るのも帆布ならではで、贈り物にもおすすめなのです。今回は男性・女性におすすめの帆布バッグブランドをピックアップし、その特徴と魅力をご紹介します。

 

 

そもそも、帆布とは?

 

撚り合わせた綿糸を使用した平織りの厚手の布のことを帆布と呼びますが、もともとは江戸時代、船の帆として使用していたことがその名の由来だそうです。強い海風を受ける帆として使われていたという由来からでも、その丈夫さが伺えます。

 

「帆布」と言っても様々種類があり、生地の厚みによって重さやエイジングにも関わってきます。帆布は糸の太さによって1〜11号に分けられ、番号が小さいほど糸が太く生地が厚くなります。天然素材のみで作られるために耐久性・通気性が高く、静電気も起きにくい素材です。

 

そんな帆布を使用しているバッグブランドは複数ありますが、ZUTTOが扱っているのは単に「丈夫だから」というだけでなく、長期使用のための更なる工夫や、作り手の想いが表現されているものです。

 

 

エイジングにこだわる、ARTS&CRAFTS

 

【FUNCTIONAL BEAUTY(用の美)】をテーマにシンプルで長年愛される洗練されたハンドクラフトの定番品を目指すブランドです。大量生産システムに疑問を呈し、手仕事の大切さ美しさを表現しています。

 

使用する素材もそれぞれこだわりを持ち、長く使うことを前提にエイジング後の美しさや使いやすさも考え尽くされたアイテムが揃います。

 

ARTS&CRAFTS (アーツアンドクラフツ)

 

素材:6号帆布

染め:チェストナット(栗)やミモザから抽出されるベジタブルタンニン

付属革:コードヴァンで有名なホーウィン社(アメリカ/シカゴ1905年創業)のクロームエクセル革を使用。この革は1920年以前から作り続けられ、キャンバスと同じくベジタブルタンニンでなめされています。

 

ARTS&CRAFTS (アーツアンドクラフツ)

after:7年愛用

 

エイジングキャンパスとは?
通常、キャンバスに色を入れると経年変化で色が褪せてくることが一般的です。もちろん、それもキャンバスの味の一つではあるのですが、ARTS&CRAFTSは草木染めで色を入れることで使用するにつれ色が濃く出てくるエイジングを選択しています。

その経年変化が革の経年変化とよく似ており、革と一緒に使い込んでいってもらいたいというコンセプトの元誕生したシリーズがAGING CANVASなのです。

 

ARTS&CRAFTS (アーツアンドクラフツ)

 

 

ARTS&CRAFTS (アーツアンドクラフツ)

after:4年愛用

 

持ち手やベルトの革も金具も、味を増し成長していることが見て取れます。特にレザーはオイル分を多く含浸してある為に美しくツヤのある経年変化を楽しめるのはもちろん、高い耐水性と耐久性を誇ります。

 

 

旅をテーマにしたバッグ、LEON FLAM

 

LEON FLAM(レオンフラム)

 

1920年代にフランスの航空郵便のパイロットが大事な郵便物を運ぶために、丈夫なLEON FLAMのバッグを愛用していました。そのことが評判を呼び、旅行者の間で支持を集めるようになったのです。

 

LEON FLAM(レオンフラム)

素材:ワックスドコットンキャンパス

付属革:ベジタブルタンニンレザー

 

丈夫さと軽さ、そしてフランスならではの高いデザイン性という数々のこだわりが詰まったバッグです。世界有数の革の生産地でもあるフランスの良質なレザーと高品質のワックスドコットンキャンバスを使用しています。

 

ワックスドキャンバスは、長く使うことで、独特の風合いで味を出していきます。その加工により、帆布生地はくったりと柔らかくなる変化ではなく、鞄の形を保つ程良い馴染み加減です。

 

LEON FLAM(レオンフラム)

 

LEON FLAMのバッグは一般的なビジネスバッグにはなかなか無いお洒落なデザインと配色も長く愛用したくなるポイントで、バッグ内側のライニングにも真っ赤なキャンバス生地を用いています。

 

LEON FLAM(レオンフラム)

 

 

女性ギフトにおすすめのブランド

 

強度保つシャトル織り、6SHiKi(ロクシキ)

 

6SHiKi(ロクシキ)

素材:9号帆布パラフィン加工

倉敷帆布は国内の帆布の中でも丈夫さ丁寧なものづくりで一級帆布と言われています。いまや大変貴重となったシャトル織り機で織られた帆布は強度を保ち、たて糸がほつれないように、両端に耳が出来るように織られています。6SHiKiはカラーバリエーションも人気の理由の一つですが、生地に先染めをしているため、余計な色落ちの心配が少ないのも良い点です。

 

6SHiKi(ロクシキ)

 

 

6SHiKi(ロクシキ)


写真 左側:新品/右側:約2年使用


2年も使用すると、帆布の色が薄くなり、風合いが増します。きっちりしていた形も使ううちに角が取れ、くしゃくしゃと柔らかく。持ち手の革の色も濃く飴色に変化し、それに伴いツヤも増してきているのが分かります。これが帆布エイジングの醍醐味と楽しみなのだということが分かりますね。

 

 

格式高い美しさ、CROOTS

 

CROOTS(クルーツ)

 

古くから格式高い遊びとして伝わるイギリスのハンティングの歴史。CROOTSは元々ハンティングバッグとして誕生しましたが、ハンティングに使用されるバッグに求められる「丈夫さ」という、道具としての当然の技術の他に、格式高い遊びに相応しい「美しさ」が実用とされた背景があります。CROOTSの卓越した技術は職人から職人へと受け継がれ、進化し、成熟してきました。

 

CROOTS(クルーツ)

素材:コットンキャンバス

付属革:トスカーナ地方のベジタブルタンニンレザー

 

一般的な帆布のラフな印象とは異なり、CROOTSのコットンキャンバスはサラサラとスムースな手触りです。革との組み合わせの上品さも相まって、きちんとしたスタイルにもしっくりと馴染みそうなデザインと素材です。エイジングに特化した帆布ではありませんが、レザーとキャンバスを組み合わせた鞄は、縫合部分が摩擦によって擦り切れてしまうことが良くありますがCROOTSは耐摩耗性に富むレザーを使用することで、長期実用に耐えるよう細部にまで配慮がなされています。

 

 

誰にでも合う、丈夫なバッグを。Winter Session

 

Winter Session(ウィンターセッション)

 

誰にでも持ちやすく丈夫なバッグを作ること。 ブランド誕生のきっかけは、この熱い想いがあったからです。アメリカコロラド州、デンバーで手作りされているバッグや小物は、使用するパーツのほとんどをアメリカ国内で調達しており、made in USAにこだわっています。

 

Winter Session(ウィンターセッション)

素材:ワックスドコットンキャンバス

付属革:ベジタブルタンニンレザー

金具:真鍮

 

キャンバスはアメリカでは唯一ワックスキャンバスを作ることが出来る、フェアフィールド社製を使用。帆布生地にワックスを染み込ませ耐水性を高めています。ワックスドキャンバスは、使用で折れ曲がる部分の生地表面に白いシワが出来ることがありますが、それがこの生地の面白いところで、シワ部分から段々と馴染み持ちやすくなってきます。

 

ワックスドキャンバスは、馴染んできてもある程度のハリは継続されますので、鞄の形を保ちつつ長期で使用することが可能です。

 

Winter Session(ウィンターセッション)

 

持ち手やストラップ部分の革は最高品質のアメリカ産成牛原皮を上質な天然植物タンニンで鞣し、オイルをたっぷりと染み込ませることで有名なハーマンオーク社のものを使用しています。ナチュラルな色味が最も経年変化を楽しめるカラーで最初は明るいベージュだった色がツヤを増しつつ飴色に変化していきます。

 

Winter Sessionはキャンバスバッグの、どこかアウトドアで男性っぽい印象を払拭し、女性でもかわいらしく持てるものをとデザインされています。丸みを帯びたフォルムや、使用パーツの細部へのこだわりなど、そのコンセプトを十分に感じることの出来るバッグです。

 

 

帆布のお手入れ

 

布ですから、使用していくうちに汚れることもあります。汚れた場合は、


・柔らかいブラシで、布目に沿ってブラッシング
・固く絞った布で汚れを叩いて落とす

 

洗剤を使って手洗いする場合は、必ず蛍光漂白剤の入っていない中性洗剤で行うようにして下さい。帆布の風合いが損なわれてしまいます。乾燥させる際は、通気性の良い場所で日陰干しして下さい。

 

洋服ブラシ

洋服ブラシ
 


エイジングを楽しむ、という視点で見ると革が真っ先に思い浮かびますが、帆布も素敵ですよね。ギフトで贈ったら、そのバッグと一緒にお出かけしたり旅行に出たり、長い時間の思い出を刻める素材です。「長く一緒にいようね」の気持ちとお互いに帆布を育てる楽しみを込めて大切な方へ贈って頂きたい帆布のバッグです。

 

 

▶︎素材も、デザインも様々。バッグ一覧はこちら

投稿者: 丸山 日時: 2015年11月25日 11:00 | permalink

閉じる