【期間限定、送料無料キャンペーン中】12月15日(金)まで

冬を彩るタータンチェック、その歴史と意味を知る

 

寒さが厳しくなってくると、シックな色のアウターが多くなりますが、そんな中、街を彩るのは鮮やかで見るものの目を楽しませてくれるような、タータンチェックのお洋服やマフラー・ストールです。女王を守る近衛兵も儀式の際にはキルトを着用して行進したり、学校の制服としてもタータンはイギリスの国境を超えて世界中で古くから人々に親しまれてきました。それだけでなく、有名海外ブランドや百貨店の象徴としても知られているタータンチェック、その裏にある歴史や意味を知って、お気に入りのタータンを見つけてみてくださいね。

 

タータンとは、様々な色に染めたウールの糸を綾織にしたチェック(格子柄)の織物の一種です。日本ではタータンチェックと呼ばれていますが、世界的には「タータン」のみで通ります。タータンの基準となる規則は様々ありますが、太さの異なる帯を組み合わせて出来た柄です。帯のそれぞれの並べ方、色や太さなどの組み合わせは帯と帯を交差させるという単純な柄ではあるものの、種類はいくらでも作れるので、世界中のあらゆる場所で新しいタータンが生まれています。

数ある柄の中で、老若男女問わず誰にでも好まれるタータン柄は、私たちの暮らしを彩り豊かに飾ってくれています。単なるチェック柄にとどまらない、物語を持ったタータンの歴史を紐解いていきましょう。

 

タータンが他のチェックと明らかに異なるのは、「スコットランド・タータン登記所(The Scotitsh Register of Tartans)」というタータンを登録する機関が、タータンをスコットランドの伝統的な織物としてスコットランド政府の登記局によって法律に則った保存・保護・登録管理をされている点にあります。タータンにはデザイン毎の名前があり、いくつかのカテゴリーに分けられます。そのデザインにはそれぞれ意味があり、どのような用途でつくられたのかを表しています。

 

タータンの名前に添えられる言葉が4種類あります。鮮やかで濃い色を差す「モダン色:Modern」、優しい色合いの「アンティーク(アンシェント)色:Antique(Ancient)」ぼやけた色合いの「ぼかし色:Muted」年月を経て変化したタータンの色合いを模した「複製色:Reproduction」があります。こうして、四種類の色合いが存在するということは、同じタータンの柄を四種類の色合いで作ることが可能になるということです。

 

 

タータンは一種類ではなく、目的や用途によって幾つかの種類に分けられています。ここでは、主なタータンの種類を説明していきます。

 

【クラン・タータン】

スコットランドの由緒ある氏族(クラン)とその家族が身につけられるタータンのこと、日本で言うところの【家紋】に近い存在です。一族の行事などのときに、揃いのクラン・タータンを制服のように着たり、戦のときは味方を見分ける意味で使うなど、日本でいう旗印のような意味も持ちました。今ではファッションとして幅広い国や地域、年齢の方に愛されています。スコットランドのクランは300ほどもありますが、ここでは主なタータンをご紹介します。

 

・Buchanan(ブキャナン)

※Antique柄です。

有名なロッホローモンド(ローモンド湖)のほとりに住む由緒正しい古くからの一族であるブキャナン家。アルスターのチーフがマルコム二世からブキャナンの土地を賜ったことから始まったとされています。彼らはハイランドの南を約700年治めていた歴史ある氏族で、タータン柄の中でも歴史深い氏族の柄です。 

ブルーにイエロー、レッド、オレンジを重ねた柄で、ホワイトのストライプがアクセントになっています。

 

・Macpherson(マクファーソン)

マクファーソンの「マク(Mac)」というのはゲール語で「息子」や「子孫」を意味していると言います。マクファーソンの「ソン(Son)」も息子の意味となり、血縁関係をいかに重視していたかが分かります。チャッタンという氏族同盟のチーフの孫息子三人から生まれた分家の一つ。鮮やかなレッド、ネイビーとグリーンにイエローの線を差し色にした、マクファーソン柄は、上品で高貴な印象があります。

 

・Stewart(スチュアート)

スチュアート朝といえば、1372年からアン女王が亡くなるまでの1714年まで長く続いたスコットランド起源の王朝。1603年以降はイングランド国王を兼ね、1707年にグレートブリテン王国(イギリス)を成立させました。氏族としてのタータンは、グリーンとネイビーにレッドの線の入ったものですが、Royal Stewartなどは、ロイヤル・タータンに分類されます。

 

【ディストリクト・タータン】

2つめに、地域(地方)に関係したタータンがあります。本当にその土地に根ざしていたタータンもあれば、単純に名前だけ付けられたものもあります。スコットランド以外の国や州、都市などが公式のタータンを持っている場合、このディストリクト・タータンに分類されます。

例えば、このDark Mapleのカラーもカナダのナショナルタータンをシックで落ち着いた色にアレンジしたもの。雄大で豊かな自然の中のメープルリーフが想像できますね。

 

【ミリタリー・タータン】

こちらは、軍隊用のタータンを指します。「アーム・タータン」とも呼ばれ、最も良く知られているのがこのブラックウォッチです。

スコットランド人の軍隊が揃いのタータンを纏っていたのはかなり早い時期からです。1725年にハイランド人で結成された歩兵隊が道路の建設、出身地の警備などを行っていました。軍隊のタータンは初期より緑・黒・青の三色を基調としていたようで、その黒っぽい色と警備の見張り(Watch:ウォッチ)から、連隊はブラックウォッチと呼ばれ、そのままタータンの名前になったのだそう。

 

【ロイヤル・タータン】

王家が用いてきたタータンを指します。最も有名なものでは「ロイヤル・スチュアート」があります。このロイヤルスチュアートは、クラン(氏族)ではなく、王室のタータンに属します。

タータンといえば、このロイヤルスチュワートというほど、良く知られ、愛された柄です。鮮やかな配色は、お顔周りをパッと明るくし、秋口のトレンチコートから、冬のウールのコートまで良く似合います。

 

【ドレス・タータン】

女性のために明るい色で作られたドレス・タータン。ディナーで正装に着替えるという習慣が広まった19世紀頃に作られ始め、社交界に参加する女性たちがドレスにし、貴族から愛されていた柄です。太いホワイトのラインが入ることにより、華やかで、より女性らしい印象がありますね。

・Dress Gorden(ドレスゴードン)

 

・Dress Royal Stewart(ドレス・ロイヤルスチュワート)

 

この他にも、狩猟に適した色合いで作られた【ハンティング・タータン】、大手百貨店でおなじみの【コーポレート・タータン】、ヴィヴィアン・ウエストウッドやバーバリーなどのファッションビジネスで使われるファッションタータンなど、様々なタータンが存在しています。

 

ここまでお話ししてきたように、タータンはスコットランドの歴史に深く根付いた特別な柄でありながら、その柔軟性により今なお新しいタータンが誕生し、世界中で愛され続ける柄になっています。そんなタータンを日々の暮らしに取り入れてみましょう。

 

・スコットランド伝統のキルトスカート

150年以上続くアイルランドのキルトスカートブランド、ONEIL OF DUBLIN(オニール・オブ・ダブリン)。首都ダブリンにてアイルランドの民族衣装であるキルト製品を作り続けている名門ファクトリーで、伝統的なタータンを使って、現代にも愛されるスタイルを作り続けています。いくつになっても心をときめくような上質なキルトスカートです。

ZUTTOでご紹介しているのは、ブラックウォッチ(上)とドレスゴードン(下)。どちらの柄も人気のあるタータンですが、ブラックウォッチは男性にも好まれるシックな雰囲気、ドレスゴードンは女性向けにアレンジした柄ですので、明るく華やかな印象を持っています。どちらもお洋服との相性が良いので、お気に入りの一枚になりますよ。

 

・手軽に取り入れられる、ウールのストール

羊の毛であるウールは、毛玉が比較的出来にくく、丈夫な素材です。光沢はあまりなく、肌触りもウールの質により様々ですが、お洋服によってストールも変えたいという方にはウールで出来たストールがおすすめです。手軽に取り入れやすいので、好きな柄を少しずつ揃えている方も多いです。

例えば、一枚目にぴったりなのはこの、Camel Thompson(キャメル・トンプソン)。定番キャメルのタータンで、伝統あるトンプソン柄の中でも、日本人の肌色を最も美しく見せてくれるキャメルカラーです。ブラックの帯が印象的なので、誰でも一枚は持っている黒のコートやジャケットと合わせると、上品に馴染みます。

 

・鮮やかに艶めく、カシミヤのストール

毛足が長く、非常に柔らかで光沢感のあるカシミヤのストールは、触るだけで贅沢な気持ちになります。カシミヤのすべすべとした質感は、付けているだけでそれとわかるほどです。

このGlen Prince(グレン プリンス)のカシミヤストールは、マクファーソン(MACPHARSON)と、ファイフ(FIFE)のタータンを使用しています。上品なマクファーソンのクラン(氏族)タータン、ファイフ家の結婚を記念して作られたタータンは、どちらも華やかでありながらも主張しすぎることがありません。男女ともに使える柄です。

 

伝統的で、かつ今でも老若男女に愛され続けるタータンの秘密。いかがだったでしょうか。その柄の背景を知って、お気に入りの一枚を冬のワードローブに入れてみてくださいね。

 

投稿者: 村上 日時: 2017年11月08日 12:00 | permalink

閉じる