メルマガ会員は、ずっと送料無料です(一部地域除きます)

連休の旅行にも、ゆっくり過ごす自宅でも。アイディア次第で活躍の幅が広がる機能性アイテム

 

待ちに待った大型連休。連休中は家族や友人と旅行する方も多いのではないでしょうか。身軽に動きたい旅行にはコンパクトで使い勝手の良いモノを重宝しますが、それらはアイディア次第で自宅でも、連休後の暮らしでも活用出来るモノへと変化します。また、旅行に行くことが出来なくても、家の中でもモノの使い方を少しアレンジするだけで、いつもよりもずっと楽しく、休日らしい気分を味わうことも出来ます。

連休中はもちろん、連休後の生活にも便利で役立つ、そして楽しさを感じるアイテムをご紹介します。

 

手軽に「旅行気分」を味わう

 

寒すぎず、暑すぎない気候が嬉しい4月〜5月は、遠くへ行く旅行に限らず、日帰りのハイキングや、近くの公園でのピクニックさえも気持ちの良い季節です。そんなピクニックに便利なアイテムを家の中で使えば、ちょっとした旅行気分を味わえるモノへと変化します。

 

準備するもの① 好きな食べ物をたくさん詰めたお弁当

 

 

 

ピクニックに持っていきたいアイテム、お弁当。

工房アイザワの角型ランチボックスは18-8ステンレスで作られたお弁当箱。ステンレスは鉄に金属の腐食を抑えるクロムやニッケルを配合した合金で、錆びにくく丈夫な素材です。さらに工房アイザワでは、ランチボックスを作る工程のうち磨きやボックスの端の処理加工を重視し、使いやすさと見た目の美しさにこだわっています。ステンレスはさらに保温性が良く、中身が冷めにくいのも特徴です。フタをパチンと音を立てて開ける仕様が行楽気分を醸し出してくれます。

 

準備するもの② 保温性抜群のフードジャー

 

 

 

お弁当箱と一緒に揃えると便利なアイテム、フードジャー。水筒のような保温性に優れたジャーには、食材をそのまま入れることが出来ます。堅牢性が評価され、軍隊でも使われているSTANLEY(スタンレー)のクラシックフードジャー 0.5Lは、大きな具も入れやすい大きな注ぎ口を持っており、40℃以上のものなら約24時間保温することが出来ます。おにぎり弁当と一緒に飲む味噌汁やあったかいスープにも使える便利なアイテムです。

 

準備するもの③ 気持ちの良いコットンブランケット

 

 

 

外ではレジャーシートの代わりにも、風除けにも使える、お洗濯が可能なコットンブランケット。スウェーデンのファブリックブランド、KLIPPAN(クリッパン)のハーフシュニールブランケットは、撚った糸の表面に出ている小さな糸をカットし、モール状にした「シュニールヤーン」で作られたもの。さらりとした肌触りで春夏にも気持ち良く使える素材です。

 

手軽におうちピクニック

 

 

お弁当箱、フードジャー、ブランケット。この3つを組み合わせれば、簡単におうちでピクニック気分を味わうことが出来ます。リビングなどちょっと広めのスペースにブランケットを広げると、いつもの部屋から雰囲気を変えることが出来ます。好物のお昼ごはんをお弁当箱とフードジャーに入れて。さらに好きな音楽をかけながら、お日様の当たる場所を選べば、いつものごはんの味も格別なものになります。

 

「家族が集まる場所」をつくる

 

せっかく家族が集まる連休、旅行に行く難しい場合でも、家の中に特別な場所を作ることで、家族が集まる空間が生まれます。

 

アイディア① 家の中に出来る特別スペース

 

 

DEUZ(デューズ)のキッズテントは、木と布で組み立てるテント。部品を組み合わせていくだけで作れるテントは、簡易でありながらも本格的に小さなスペースを作ることが出来ます。

 

 

部品は金具を使わず木製のみで、布はオーガニック基準であるGOTS認証を取得した100%オーガニックコットンを使用し、人にも環境にも優しい素材で作られています。全て自分の手で作る工程は、もちろん少し大変かもしれませんが、子どもも手伝うことが出来て、その工程までも家族が一緒に過ごす時間へと変化します。出来上がったテントにみんなで入れば、普段は出来ない特別な会話が生まれるかもしれません。

 

アイディア② 場所を演出するモノ

 

 

明かりを見ると気持ちがほっと和むのは人の性。特別な場所を作ることは難しくても、柔らかな光を作る間接照明のように、空間を演出してくれるアイテムがひとつあるだけで、非日常感が生まれます。

 

 

Fores(フォレス)の道行灯は、和紙にぼんやりと光りが通る行灯。LEDランプが内部に付いており、長時間の点灯が可能です。日本の伝統和紙が柔らかく光を通し、目にするだけで気持ちが和む明かり。食卓で、リビングで、寝室で。和みの明かりが家族と過ごす大切な時間を演出してくれます。

 

アイディア③ みんなで遊べるファミリーゲーム

 

 

家族みんなが集まるためには、みんなで楽しめるモノも役立ってくれます。例えば、大人も子どもも一緒に遊ぶことの出来るゲームもそのひとつ。

PLANTOYS(プラントイ)のサボテンバランスゲームは、ゴムの木から作られた天然素材のおもちゃ。赤や緑、黄色といったビビッドなアクセントカラーも安全な水性塗料を使用し、子どもたちが安心して遊べるおもちゃになっています。サボテンバランスゲームは、倒さないようサボテンのパーツを載せていくゲーム。3歳のお子様から一緒に遊ぶことが出来ます。

 

 

 

こちらは同じくPLANTOYS(プラントイ)のアルファベットA-Z。アルファベットとそれに結びつく動物が描かれたカードと、大文字のアルファベットブロックがセットになっています。

カードとブロックがセットになっているので、さまざまな遊び方に応用することが出来ます。例えば、動物の英語名を読み上げて、カードを早く取ったほうが勝ちというようにカルタ遊びをしたり、ブロックを繋げて英単語を作ってみたり。カードの裏にはアルファベットの書き順も書かれているので、遊ぶだけでなく、アルファベットの学習にも使うことが出来ます。

 

 

旅行で使う「収納」を活用するなら

 

旅先に持っていく便利なアイテムの出番は、旅行だけに限りません。旅行の荷物を収めるアイテムは、家の中では便利な収納として活用することが出来ます。

 

活用方法① 自立する、かごバッグ

 

 

容量の大きなかごバッグは、荷物がたっぷり入り、涼やかな印象も春夏の旅行にはぴったりのアイテム。アフリカ産のエレファントグラスと呼ばれる天然の植物を編み込んで作られたMUUN(ムーニュ)の手提げバスケットは、細やかな編み地にブラックの持ち手とインナーバッグのコントラストがおしゃれなかごバッグ。しなやかで丈夫なエレファントグラスは、荷物を多量に入れても十分に持ちこたえてくれる安心感があります。

 

 

かごバッグは家の中ではクローゼットの中に仕舞ったきり…というのは少々もったいないもの。MUUN(ムーニュ)の手提げバッグのように、マチがしっかり付いて自立出来るバッグであれば、家の中では収納インテリアのひとつとして活用することが出来ます。部屋の中で行き場のない雑誌を立てて入れたり、ブランケットの一時的な保管場所としたり。天然草で作られたかごバッグなら、ナチュラルにお部屋に馴染みます。

 

活用方法② 形を変化させられる布袋

 

 

旅行に持っていくボストンバッグやキャリーケースの中で仕分けをしたいときに役立つのが、布製の袋。fog linenwork(フォグリネンワーク)のリネントラベルバッグは、高密度なリネンで作られた袋で、下着やハンカチといった小さな衣類を入れるのにぴったり。布製であることで形をスペースに応じて変えることが出来、また袋自体は非常に軽量というのがポイント。

 

 

トラベルバッグはもちろん旅行だけでなく、自宅での衣類の整理にも役立ちます。衣装ケースやタンスの中で、衣類を仕分けたいときに入れるだけ、というのがとても便利。気軽にお洗濯も可能で、使えば使うほどクタクタと柔らかくなっていく、リネンならではの特徴も感じられます。

 

「コンパクト」だから役に立つもの

 

旅行の持ち物はコンパクトが一番。それは、旅行だけでなく日々の外出時の持ち物にも言えることでもあります。

 

 

THE LAUNDRESS(ザ・ランドレス)のトラベラーズキットは、洗濯用洗剤やシミ抜き、しわ取りスプレー、消臭スプレーがセットになったキット。いずれも60mlのボトルに入っており、ブランドオリジナルのポーチが付属しています。小さな洗剤はやや長期の旅行や出張に持っていると非常に便利。旅先でも気軽にお洗濯出来ます。また、旅行だけでなくふだんの通勤やお出掛けにも、万一服を汚してしまったり、臭いの気になる場所へ行ったときへの衣類のケアに役立ちます。

 

 

また、付属のポーチはボトルやクリームの容器も十分に入るサイズ感なので、普段はいつもの化粧品をこちらに移し替えて使っても。ポーチは水にも強い素材で作られており、モノトーンのストライプ柄がスタイリッシュです。

 

 

こちらは、小さな顔用はさみと毛抜き用ピンセット、爪やすりが革のシックなポーチに収まったrubis(ルビス)のトラベルキット。スイスで繊細な工業製品を扱う時に使用される精密なピンセットを生産するrubis(ルビス)が手がけるピンセットは、先端部分で毛をしっかりとキャッチし逃しません。セットの小はさみを使い、まゆのお手入れなどに、爪やすりは、出先で爪が折れてしまった時にも使用出来ます。

 

 

手のひらに収まるほどの小さなトラベルキットは、旅行でも荷物にならず、家の中でも職場にもバッグの中に入れて気軽に持っていくことが出来ます。コンパクトだからこそ、旅行にもいつもの生活の中にも便利に活用出来るアイテムです。

 

年に数度しかない大型連休は、普段は出来ないことに挑戦するチャンス。家族で過ごす時間にしたり、ゆっくりと休日を楽しむ空間を作ったり。また、連休が終わった後にも、旅先で使っていた便利アイテムをいつもの日々に役立たせることが出来ます。

 

 

▽トラベルアイテムはこちらから

 

投稿者: 植田 日時: 2018年04月29日 11:00 | permalink

閉じる