【期間限定、送料無料中(一部商品、地域除く)】最短で翌営業日発送します
新型コロナウイルスへの倉庫での対策について>>
KANELL(カネル)

ボーダーカットソー BONAPARTE

真のフレンチマリンボーダーとは

ボーダーカットソーを選ぶ際に、ボーダーの数について考えたことがあるでしょうか?真のフレンチマリンボーダーシャツを目指して作られるKanell(カネル)のボーダーカットソーのボーダーの本数には、きちんとした由来があるのです。由来を紐解いてみると、フランスの英雄ナポレオン・ボナパルトの話にまで遡ります。

ボーダーの本数の由来とは

マリンボーダーの聖地フランスで様々な文献を紐解いてゆくと、マリンボーダーを彩るボーダーの本数には意味と制約が存在するという説が出てきます。それは今でも崇拝者の多い、近代戦術の基礎を作り上げたナポレオンの戦勝数37にまつわるもの。古くから船乗りのユニフォームとして愛されてきたマリンボーダーを、1858年にフランス軍が公式に下級兵の制服として採用した際、ナポレオンの記録に敬意を表し、ボディには21本、袖には16本のボーダーを配置し、その合計が37になるものが正式なマリンボーダーであると規定したと言われています。(本数は太い方で数えるため、白い部分で数えます。)

ただ、この規定は生産者にとっては苦労が多いもので、洋服のサイズに合わせてボーダーの幅を調整しなくてはなりません。多大な労力をともなう作業のため実現は難しく、実際にボディに21本のボーダーをもつものはごく限られた条件下でしか生産されず、ヴィンテージ市場においてもほとんど目にすることのない幻の一品となったのだそう。諸説ある中の一つではありますが、ボーダーの本数にこんな背景があると思うと、いつも着ているボーダーカットソーの歴史を感じることができますね。Kanell(カネル)ではそんな難易度の高いカットソーを、所有する編み機の特性を生かしてボーダーのピッチを微調整しながら「真のマリンボーダー」を再現しました。

長く着るための工夫

カットソーを長く愛用していると、気になってくるのが首周り。洗濯をするたびによれてしまう、ということもありますが、Kanell(カネル)のカットソーはその心配を出来るだけ小さくするよう工夫がされています。そのポイントは、他の部分より厚みがある肩の三角形のステッチ。この部分は生地を重ねて縫製することで補強し伸びにくくなっています。長年のマリンウェアの経験と技術から生み出された縫製方法なんだそう。

コットン100%のボーダーカットソー BONAPARTEは、VINTAGE JERSEYと呼ばれる目の詰まったしっかりとした生地を用いて作られています。この生地の特徴はなんといってもそのウェイト。一般的にヘビーウェイトと呼ばれるバスクシャツに比べて2割以上多いコットンを、横編み機を使ってしっかりと編みこまれています。極限まで度目を詰め、タイトに編みこまれ編地は重厚でありながら、横編み機独特の柔らかさを兼ね備えた丈夫な仕上がり。洗えば洗うほどに編み目が締まり、ドライタッチに変化していく様はエイジングの楽しさにもあふれています。

ボーダーカットソー BONAPARTEは、体に程よくフィットするサイズ感。ボーダーカットソー MIDSHIPと比べるとややゆったりとした身幅になっています。大きすぎずちょうど良いサイズ感は、流行や年齢を問わずこれから先も長く愛用したいアイテム。一度着ると色違いで揃えたくなるカットソーです。

理想のマリンウェアを求めて

フランス北西部に位置するブルターニュ。そこで暮らす若き青年Pierre Brestは複数のアパレルメーカーのセールスマンとして働きながら、当時の船乗りたちに愛され続けて来た、フランスを代表する象徴的なマリンウェアのひとつ、横縞模様のニットセーターに大きな可能性を感じていました。当時、このセーターを商業化しているメーカーはなかったのだそう。

Pierreは、セールスマンを続ける傍ら、Kanell Industrielという個人会社を立ち上げ、知り合いの工場から中古の編み機を買取、自社での製造をスタート。試行錯誤を続ける中で、現在も引き継がれているディテールを備えたモデルの原型が生まれます。このモデルを引き下げ1923年に自身のブランドKanell(カネル)をスタート。これはブルターニュに最古のマリンボーダーメーカーが生まれた瞬間でもありました。その後、フランス軍のユニフォームまで提供するほどにまで成長しました。時を経て、さまざまなマリンウェアブランドが誕生する中で、Pierreが思い描いた理想のマリンウェアを具現化するべく、2020年に再始動しました。

ボーダーカットソー BONAPARTE ECRU/MARINE
   

 

  • ボーダーカットソー BONAPARTE ECRU/MARINE
  • ボーダーカットソー BONAPARTE MARINE/ECRU
  • ECRU/MARINE、モデル身長162cm
  • ECRU/MARINE、モデル身長162cm
  • ECRU/MARINE、モデル身長162cm
  • MARINE/ECRU、モデル身長:162cm
  • MARINE/ECRU、モデル身長:162cm
  • MARINE/ECRU、モデル身長:162cm
  • 脇や肩の部分は生地を重ねることで丈夫で伸びにくい作りに
  • 左肩にはロゴのワッペン
  • 裾にはワッペン付き
  • 洗えば洗うほどに編み目が締まり、ドライタッチに変化していきます(ECRU/MARINE)
  • 横編み機独特の柔らかさを兼ね備えた丈夫な仕上がり(MARINE/ECRU)
  • 左腕のアーチ型をしたロゴのワッペンがポイントに(ECRU/MARINE、モデル身長161cm)
  • MARINE/ECRU、モデル身長:161cm
サイズ メーカーサイズ:XS
着丈:約56.7(cm)
身幅:約44(cm)
肩幅:約42.2(cm)
袖丈:約50(cm)
サイズガイドはこちら
重量 約373g
素材 綿100%
生産国 フランス

注意事項

  • ◇現在EU諸国においては、人体及び環境に悪影響を及ぼす染料の利用が禁止されており、安全性が重視されておりますが、以前に比べ色止め効果が低くなってしまう場合があります。そのため場合により若干の色落ちが発生することがあります。
    ◇色落ちを避けるために、製品を長時間水に漬けたり、濡れたまま放置するのは避けてください。また、洗濯後はよくすすぎ、よく絞り、広げて乾燥させてください。特に初回の洗濯の際にはご注意ください。
    ◇十分な洗浄と脱水を行うために、手洗いではなく、洗濯ネットに入れない状態で洗濯機を使用してお洗濯してください。その際、手洗いモードの使用は避けてください。

ブランド紹介

KANELL(カネル)

KANELL(カネル)

フランス北西部に位置するブルターニュ最古のマリンボーダーメーカーKanell(カネル)。Pierre Brestが複数のアパレルメーカーのセールスマンを続ける傍ら、Kanell Industrielという個人会社を立ち上げ、マリンウェアの製造をスタートさせたことに始まります。1923年に自身のブランドKanell(カネル)をスタート。その後、Fileuse dArvor(フィールズダルボー)として、フランス軍のユニフォームまで提供するほどにまで成長しました。原点の戻り、Pierreが思い描いた理想のマリンウェアを具現化するべく、2020年に再始動しました。

  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
  • Facebookでシェア
商品 価格(税込) 在庫 個数
ボーダーカットソー BONAPARTE

ボーダーカットソー BONAPARTE(ECRU/MARINE)

期間限定、送料無料キャンペーン中!

¥14,960(税込)

入荷待ち

入荷連絡メールを希望する 入荷連絡メールを希望する

ボーダーカットソー BONAPARTE

ボーダーカットソー BONAPARTE(MARINE/ECRU)

期間限定、送料無料キャンペーン中!

¥14,960(税込)

残り2点
  • ペーパー
    ラッピング
  • リネン
    ラッピング
  • 熨斗
  • メッセージ
    カード
  • 海外発送
  • ZUTTO-
    eギフト

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

ボーダーカットソー BONAPARTEには、他にもこんな仲間がいます。

閉じる