【期間限定、送料無料キャンペーン中】12月15日(金)まで
栗川商店(くりかわしょうてん)

渋うちわ小丸(しょうまる)

扇ぐ仕草が美しい

京都、丸亀についで、うちわの日本三大産地といわれた来民(くたみ)。手漉き和紙に柿渋を引く昔ながらの伝統製法が、実は今も守られています。

熊本県、山鹿市の来民(くたみ)地区に伝わる渋うちわは、慶長5年(1600年)頃に四国の旅僧が宿の謝礼として、うちわの製法を伝授したことに始まるとされます。
来民(くたみ)渋うちわの産地、山鹿郡は、堅牢なる和紙の産地に加えて、竹林繁茂という素材に恵まれてたことから、藩主細川公が渋うちわの製造を奨励し、この地の主要産業となってきました。最盛期には16軒の店で年間500万本も生産されていたというが、現在、は栗川商店(くりかわしょうてん)のみになっているという貴重なものづくりです。

熊本県の伝統工芸品にも指定されている来民うちわ、和紙に柿から採った柿渋を団扇表面に塗ることで、丈夫に保つだけでなく、柿渋に含まれるタンニンの働きで虫除けにもなり、年々色合いが濃くなりその変化も楽しめます。
職人により、1本1本ていねいに和紙を貼り、いくつかの工程を経て仕上げられる柿渋和紙は、月日を重ね、だんだんと味わい深い色合いになります。乱暴に使わなければ100年以上もつといわれ、まさに一生もの。
手仕事のうちわから生まれる心地いい風と、柿渋の色を楽しむ時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。
その長い柄が扇ぐ仕草を美しく見せるうちわです。

また、長寿を誇り、虫が付かないことから、来民の渋うちわは縁起物として喜ばれているのだとか。その他にも、生まれた子どもの名前を入れた「命名うちわ」や年祝いの記念に配る「還暦うちわ」「喜寿うちわ」など贈りものとしても多く利用されています。
国産の自然素材をすべて手作業で仕上げ、年月と共に色合いが深みを増す独特の色彩美が注目される来民うちわは、味わい深い日用品の一つとして、夏が来ると思い出してもらえる贈りものになりそうです。

渋うちわ小丸は、一般的なうちわの形ですが、柄が細長いのが特徴です。丈夫に張られた和紙がしっかりと風を仰いでくれます。

栗川商店はハンディのある人たちを作り手として受け入れ、18段階にも及ぶ工程を熟練の技術を習得した作り手たちで完成させています。伝統工芸品の技術継承と社会的な役割も果たし、渋うちわを通して、モノを大切にし、長持ちさせる文化を伝えています。

渋うちわ小丸(しょうまる)
   

 

  • 渋うちわ小丸(しょうまる)
  • 渋うちわ小丸(しょうまる)裏面
  • 独特の色合い
  • イメージ
  • 贈りものに最適パッケージ
  • 贈りものに最適パッケージ
  • 種類違い
サイズ 19.5×38(cm)
持ち手17.5cm
重量 約12g
素材 手漉き和紙、阿蘇外輪山産真竹、柿渋
箱有無
生産国 日本

特徴

  • 熊本県の伝統工芸品に指定されています。

ブランド紹介

栗川商店(くりかわしょうてん)

栗川商店(くりかわしょうてん)

来民うちわの起こりは、江戸時代のはじめ頃、元来和紙の原料である楮(こうぞ)の木の産地、竹にも恵まれており、うちわの生産に適した土地であり、四国の丸亀の旅僧が一宿の謝礼にうちわの製法を伝授したと言われています。
大正末期から昭和10年頃にかけては、1年に500万本ものうちわが生産されており、九州一円はもとより、朝鮮・台湾・満州まで販路を伸ばし、来民は、390年もの歴史と伝統を受け継ぐ、日本有数のうちわの産地になりました。
和紙の表面に柿渋をひいたうちわは、来民の代名詞となり、今も、伝統の技が受け継がれています。
「渋うちわは使い込むほどに手になじみ、味がでてくるんです。」そう語り、
今では全国でも珍しくなったこの「渋うちわ」を製造販売するのが、創業明治22年の栗川商店(くりかわしょうてん)です。

商品 価格(税込) 在庫 個数
渋うちわ小丸(しょうまる)

渋うちわ小丸(しょうまる)

ラッピング可

期間限定、送料無料キャンペーン中!

¥1,620(税込)

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

渋うちわ小丸(しょうまる) には、他にもこんな仲間がいます。

閉じる