メルマガ会員は、ずっと送料無料です(一部地域除きます)
南窯(みなみがま)

黄灰釉六寸皿

人の手でしか出来ないモノ

日々の食卓で使いやすいサイズに、見ているだけで優しさや温もりを感じさせるデザインが特徴の 黄灰釉六寸皿。直径約20cmのこちらの器は、煮物や和え物はもちろん、お刺身の盛り付けにもぴったりな使い勝手の良い大きさ。手に馴染む形であることや、和の器をより美しく、より使いやすく、と考えてものづくりを行う南窯(みなみがま)のこだわりの一枚です。

黄灰釉六寸皿は、天然の草木灰を主材料とした高火度釉を掛けて焼かれています。焼き物の用語でよく耳にする釉薬とは、表面を平滑にして手触りを良くし、汚れを防ぎ、釉薬と素地が化合してできる中間の丈夫な層が水洩れを防いで器を強固にするという実用的な役割もあり、器を長く愛用するための技法の一つでもあります。

南窯(みなみがま)は、美濃焼の一大産地、岐阜県土岐市駄知町で創業50年を迎える窯元です。初代が洋画家を目指しながら始めたのが始まりで、当時は小松陶苑という赤絵付けの工房でした。今では器の制作も行うようになり、現在は2代目工藤 工氏が、織部、志野、粉引、赤絵、安南風呉須絵などの陶器を、ロクロ、タタラ成型で一つ一つ手づくりでつくり続けています。平成17年、美濃焼伝統工芸士に認定され、焼き物の産地で確実に名を残しています。

鋳込みや動力といった大量生産の形はとらないものの、手づくりで量産することを目指しています。それは、陶芸家としての作品づくりではなく、あくまで、職人であることを意識し、日常の中で使える器を手に取りやすい価格で提供したいという思いがあってのこと。その器で多くの人々が豊かに暮らし、幸せになってもらいたいと南窯(みなみがま)は考えています。

南窯(みなみがま)では、人の手でしか作れないモノへのこだわりも深く、どの製品からも作家もののような温もりを感じさせます。「鑑賞する器」ではなく、多くの人に気兼ねなく使ってもらえる器を、できるだけ手頃な価格で、と考える窯元は、モノのあり方やモノとの付き合い方、それらと一緒に生活する中で感じる幸せや、豊かさとは何かまで教えてくれているような気がします。

機械生産の製品にはない、一つ一つ人の手で作られるあたたかみと、職人の一瞬一瞬の思いが込められ、自然との調和によって生まれる個性ある仕上がりは、全てが一点ものと呼べる貴重なものばかりです。それでいても手に取りやすい価格を目指した南窯(みなみがま)の器たちは、日々の食卓で何を盛り付けようか、誰をどのようにもてなそうか、と考える楽しみで、日常に幸せと豊かさを運んでくれます。

黄灰釉六寸皿
   

 

  • 黄灰釉六寸皿
  • 黄灰釉六寸皿
  • 側面
  • 底面
  • イメージ
  • サイズ感
  • サイズ感
  • 素材アップ
  • 素材アップ
  • 箱
サイズ 直径約20cm
重量 約426g
生産地 岐阜県美濃市
特徴 美濃焼・伝統工芸品
箱有無

注意事項

  • ◇器によっては、絵柄や色味、サイズなどが若干写真とは異なります。
    ◇一枚一枚に個体差がありますので、量産品の完璧な器がお好みの方には不向きな器です。
    ◇焼き灰が付着している場合があります。
    ◇1mmにも満たないピンホールの様な穴が、所々空いている場合があります。
    ◇釉薬のかたまりがあります。

使用方法

  • 電子レンジ△ 食洗機× オーブン×
    電子レンジの使用について、ご飯を温める程度であれば可能ですが、長時間、高温での加熱はご遠慮ください。

ブランド紹介

南窯(みなみがま)

南窯(みなみがま)

南窯(みなみがま)は、美濃焼の一大産地、岐阜県土岐市駄知町で創業50年を迎える窯元です。
初代が、洋画家を目指しながら始めたのが始まりで、当時は小松陶苑という赤絵付けの工房でした。器の絵付けに始まり、器の制作までに至り、現在は、2代目工藤 工氏が、織部、志野、粉引、赤絵、安南風呉須絵などの陶器を、ロクロ、タタラ成型で一つ一つ手づくりでつくり続けています。
美濃焼には1300年の歴史があり、食器類の生産が全国シェアの約60%を占め、日本のやきものの代表と言えます。
どこの家庭にも当たり前に存在し、今も昔も日本の食卓に欠かせない器が美濃焼です。

商品 価格(税込) 在庫 個数
黄灰釉六寸皿

黄灰釉六寸皿

ラッピング可

期間限定、送料無料キャンペーン中!

¥4,320(税込)

販売終了

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

閉じる