メルマガ会員は、ずっと送料無料です(一部地域除きます)
柳宗理 (やなぎそうり)

ステンレスボール16cm

つるり、美しいステンレスボール

つるりとした表面が美しいステンレスは、キッチンの道具にもってこいの素材。柳宗理のステンレスボールシリーズは、その美しさと利便性を教えてくれます。

使い勝手の良さを感じる

世界的な工業製品デザイナーとして知られる柳宗理(やなぎそうり)。料理の専門家や多くのキッチンの現場にいる主婦の意見を取り入れ、いかに使いやすくするかという視点で長い間研究を重ねてデザインしてきました。ステンレスボールもそうした意見を背景に出来上がったもの。

鉄を主成分にクロムやニッケル等を添加した合金である18-8ステンレスを材質とし、非常に頑丈で壊れにくいのが特徴です。錆びにくくて、手入れも簡単。さらに見た目も良いので、キッチン道具として最適なのです。

比較的小ぶりなステンレスボール16cmですが、底面は平たく作ってあるので、例えば卵など丸いものも転げずに収まります。キッチン台で幅を取らず、ドレッシングづくりなどにもおすすめです。

デザインの力

柳宗理さんは1934年に東京美術学校油絵科に入学後、フランス人建築家ル・コンビュジェの「装飾のないところに真の装飾がある」ことを述べた本を読み、自分の進んでいく道を見つけたといいます。

売る側の論理ばかりが優先される消費社会を批判し、自分の眼力を信じて行動してきた柳宗理さん。モダン・デザインブームが再び来ようとも、つねに変わらずデザインを愛し、現在も現役で「創造」を続ける毎日なのです。

ステンレスボール16cm
   

 

  • ステンレスボール16cm
  • 底面
  • 素材感
  • 縁
  • サイズ感
サイズ 幅15.8x奥行き15.8x高さ(cm)
素材 18-8ステンレス
箱有無

ブランド紹介

柳宗理 (やなぎそうり)

柳宗理 (やなぎそうり)

柳宗理は1915年東京に生まれ、千葉県我孫子の手賀沼の畔で育ちました。そばに白樺派の志賀直哉や武者小路実篤が住み、イギリス人陶芸家バーナード・リーチが週の半分過ごしていたその頃の柳家は、白樺派が集めた彫刻や絵が置かれ、様々な文人、芸術家が出入りし、西洋美術や日本の文学に触れられるところでした。
1934年、宗理は東京美術学校油絵科に入学。フランス人建築家ル・コルビュジェの「現代の装飾芸術」を読み、装飾のないところに真の装飾があることを述べたその本に、宗理は自分の進んでいく道を見つけます。
終戦後は工業デザインに着手し、1952年には毎日新聞社主催の第一回工業デザインコンクールで第一席に入選。その後、柳デザイン研究会を設立します。手掛けたデザインは、「バタフライ・スツール」や照明、オート三輪、陸橋、オリンピックの聖火台などと幅広く、ニューヨーク近代美術館(MoMA)やルーブル美術館などでは作品が永久保存されています。

商品 価格(税込) 在庫 個数
ステンレスボール16cm

ステンレスボール16cm

ラッピング可

期間限定、送料無料キャンペーン中!

¥1,944(税込)

残り1点

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

閉じる