12/25まで、送料無料です(一部地域除きます)
公長齋小菅(こうちょうさいこすが)

通い筒花入れ ナチュラル

置いても、掛けても様になる

竹とガラスを組み合わせた一輪挿し。両方の素材の良さを引き立てるようなシンプルな作りで、どんな空間とも相性がよく、和室にも洋室にも映える通い筒花入れです。

花と竹のある、潤いの空間に

たとえ一輪でも、花のある空間というのは心地良いもの。公長齋小菅(こうちょうさいこすが)の「通い筒花入れ ナチュラル」は竹の表皮を活かして作られました。細く裁断された竹のしなりを活かして、持ち手のフォルムを生み出しています。繊細なイメージを受けるこのデザインは、花の茎の部分を隠さず草花全体の姿を楽しむことが出来ますね。一輪挿しと名がついていますが、数本活けられますので、花と草の組み合わせを考えるのも良さそうです。

通い筒花入れは、細身のフォルムで、数本の花を活けて空間を華やかにしてくれる現代のマンション暮らしなどコンパクな生活にも、玄関の下駄箱の上、ダイニングテーブル、リビングの飾り棚など置く場所を選ばずに花を楽しむことが出来ます。
引越し祝いや新生活の時期に贈れば、新しい生活にお役立ち頂けるアイテムで、箱入りですので、気の利いた贈り物としてもおすすめです。お花や植物がある暮らしは、気持ちを和ませてくれます。小さな花器でも贈り物でいただいた場合には、お花を飾ってみようと機会になったり、いざ贈り物でお花をいただいた時にも、味気なくグラスに飾ることなく、重宝しそうです。

竹はエコ素材

竹という素材は古くから日本人と暮らし、密接な関わりを持ってきました。箸や籠など、様々な形に変わり人々の暮らしに溶け込んでいます。

竹は一晩で1mも伸びる程の成長力があり、健康を象徴するものとされています。4~5年で製品に使用出来るほどまでに素材がしっかりとし、農薬も使わないので環境に優しく、木の代替品として利用されるなどエコ素材として注目されています。

公長齋小菅(こうちょうさいこすが)は、1898年に東京日本橋で創業しました。竹が昔から生活と文化に深く関わってきた意味をよく理解し、暮らしを豊かにする竹製品を生み出すこと。21世紀に相応しい暮らしの道具として、竹製品を作り続けています。

時代を越えても変わらない価値観や、感性などを忘れる事なく、ものづくりに取り組んでいる公長齋小菅(こうちょうさいこすが)の製品は、大事に使っていきたいと思うそんな魅力があります。

毎日の生活にきっと重宝される「通い筒花入れ ナチュラル」。竹という素材をじかに感じることの出来る製品です。

通い筒花入れ ナチュラル
   

 

  • 通い筒花入れ ナチュラル
  • 側面
  • 使用イメージ
  • 使用イメージ
  • ガラスに竹を通して固定したデザイン
  • 使用イメージ
  • サイズイメージ
  • 持ち手
  • 上部
  • パッケージ
サイズ 幅8.5×奥行き4×高さ29(cm)
※手作りのため、誤差があります。
重量 約90g
素材 竹、ガラス
製造国 日本
箱有無

商品特徴

  • ◇竹とガラスを用いた、一輪挿し。
    ◇卓上に置いたり、壁に掛けたりしてご使用頂けます。

注意事項

  • ◇竹の繊維は水分を吸水しやすくカビが生えやすいので、通気性の良い場所でご使用下さい。
    ◇強い衝撃を与えると破損の原因になります。
    ◇直射日光の当たる場所や乾燥の著しい場所に置くと、反りや割れの原因になります。
    ◇直火、電子レンジやオーブンでのご使用、食器洗浄機、食器乾燥器のご使用はお避け下さい。

ブランド紹介

公長齋小菅(こうちょうさいこすが)

公長齋小菅(こうちょうさいこすが)

公長齋小菅(こうちょうさいこすが)は、1898年に創業した、竹製品ブランド。竹が昔から生活と文化に深く関わってきた意味をよく理解し、暮らしを豊かにする竹製品を生み出すこと。21世紀に相応しい暮らしの道具として、竹製品を作り続けています。またその製品は、世界の博覧会でも多数受賞をしています。
竹は古くから日本人の暮らしに寄り添ってきた素材で、自然からの贈りものです。公長齋小菅は、その素材で工芸品や暮らしの道具を作り、生活文化を豊かにしたいと考えています。時代を越えても変わらない価値観や、感性などを忘れる事なく、ものづくりに取り組んでいるのが、公長齋小菅の魅力です。

商品 価格(税込) 在庫 個数
通い筒花入れ ナチュラル

通い筒花入れ ナチュラル

ラッピング可

期間限定、送料無料キャンペーン中!

¥2,592(税込)

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

通い筒花入れ ナチュラルには、他にもこんな仲間がいます。

閉じる