メルマガ会員は、ずっと送料無料です(一部地域除きます)
能作(のうさく)

桜のトレー・箸置きセット

食卓を桜で彩って

金属なのに曲げられるという錫の不思議な性質を生かした、能作(のうさく)のトレーと箸置きのセット。桜の花をモチーフにしたセットはひとつあるだけで華やかさが生まれます。

錫の柔軟性を活かして

高岡銅器に通ずる鋳造技術をもとに、さまざまな錫製品を作り上げる能作(のうさく)。純度100%の錫を使用した様々なアイテムは、錫ならではの柔らかな光沢と曲げられるという柔軟性が特徴です。

桜のトレー・箸置きセットは、桜をかたどったトレー3枚と花びらをモチーフにした箸置き5つがセットになっています。トレーは手のひらに乗るほどのサイズ感で、花弁の部分にゆっくりと力を加えると、曲げることが出来ます。豆皿として、菓子器として、コースターや茶托として、と幅広く使えるトレーです。箸置きも力を加えることにより曲げることが出来るので、お箸の形に合わせて使えるのが嬉しいですね。

錫は変形させる際にピキピキと音が鳴りますが、これは錫の分子が擦れ合う、「錫鳴き」と呼ばれる音。一箇所に力を加えすぎるとちぎれる原因となりますので、必ずゆっくりと、力を分散させるようにしてお使いください。

食卓でさまざまな使い方が出来る桜のトレー・箸置きセット。小ぶりな箱にセットになっているので、結婚祝いやお返し、引っ越し祝いなどのシーンに贈りものにしやすいアイテムです。

伝統に培われた高い技術

能作(のうさく)の錫は、純度100%です。通常は硬度を持たせ切削性を高めるために他の金属材料を加えますが、能作の錫はそれらを一切含みません。それを可能にしたのは能作が古くから今に伝える鋳造(ちゅうぞう)技術によるもの。
錫は、金・銀に次ぐ高価な金属であり、酸化しにくく抗菌作用が強いという特性を持っていますので、衛生的。それでいて、金属特有の臭いもありませんので、食器としても申し分ない素材なのです。

富山県高岡市の金属加工メーカー、株式会社能作(のうさく)。
富山県高岡市は慶長14年(1609)、加賀藩主の前田利長が 高岡の町を開いたことを機に、商工業の町としての発展を遂げることになりました。株式会社能作(のうさく)は大正5年(1916)、高岡の地に伝わる鋳造技術を用いて仏具製造を開始しました。鋳造とは、鋳型(いがた)に溶けた金属を流し込んで製品を作る加工方法で、出来た金属製品は鋳物(いもの)と呼ばれています。能作の製品は、全て高度な技術により製作されています。
用途や製品に応じた鋳造方法、金属材料(錫、真鍮、青銅、アルミ等)を用い、味わいのある製品を生み出しています。

桜のトレー・箸置きセット
   

 

  • 桜のトレー・箸置きセット
  • 桜をかたどったトレー3枚と花びらをモチーフにした箸置き5つがセット
  • トレーは小皿やコースター、茶托としてお使い頂けます
  • 裏面
  • 手でゆっくりと力を加えると、変形させることが出来ます
  • 茶托として(グラスは商品には含まれません)
  • 四・五寸皿(直径14.5cm)とのサイズ比較
  • 箸置き
  • パッケージ
サイズ トレー:直径約10.5×高さ約0.2(cm)
箸置き:幅約4.1×奥行き約2×高さ約0.6(cm)
箱サイズ 幅約23×奥行き約11.5×高さ2.2(cm)
重量 約476g
素材
生産国 日本
箱有無

商品特徴

  • ◇桜の花をかたどった小さなトレー3枚と箸置き5点がセットになっています。
    ◇トレーは小皿のほかコースターや茶托としてもお使い頂けます。
    ◇手でゆっくりと力を加えると、変形させることが出来ます。

注意事項

  • ◇ 特定の場所に繰り返し力を加えたり、ひねったりねじりますと、ちぎれる原因となります。お取り扱いの際はゆっくりと力を入れ、過度に力を加えないようご注意ください。
    ◇融点が低いため、直火にかけないでください。
    ◇電子レンジではご使用になれません。
    ◇ティンペストの原因となるため、冷凍庫には入れないでください。

お手入れ方法

  • ◇ご使用後は柔らかい布かスポンジを用いて、他の食器同様に台所用洗剤(中性)で洗ってください。
    ◇硬いたわし等でこすらないでください。また、柔らかく傷つきやすいため、クレンザーでの研磨もしないでください。
    ◇光沢が鈍くなってきた時は市販の金属磨きや歯磨き粉、重曹などで磨くと光沢が戻ります。

よみもの:はじめての錫、どう使う?

ブランド紹介

能作(のうさく)

能作(のうさく)

株式会社能作(のうさく)は、富山県高岡市の金属加工メーカーです。
富山県高岡市は慶長14年(1609)、加賀藩主の前田利長が 高岡の町を開いたことを機に、“商工業の町”としての発展を遂げることになりました。株式会社能作(のうさく)は大正5年(1916)、高岡の地に伝わる鋳造技術を用いて仏具製造を開始しました。鋳造とは、鋳型(いがた)に溶けた金属を流し込んで製品を作る加工方法で、できた金属製品は鋳物(いもの)と呼ばれています。能作の製品は、すべて高度な技術により製作されています。
用途や製品に応じた鋳造方法、金属材料(錫、真鍮、青銅、アルミ等)を用い、味わいのある製品を生み出しています。近年注目を集めているのはテーブルウェアや花器、風鈴などです。長い歴史の中で、伝統のみにとらわれず新しいものを追い求めていくその姿勢も、能作のこだわり【「能」が詰まった味わいのある製品、「作」への好奇心を形にすること】を体現しています。

商品 価格(税込) 在庫 個数
桜のトレー・箸置きセット

桜のトレー・箸置きセット

ラッピング可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥11,880(税込)

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

桜のトレー・箸置きセットには、他にもこんな仲間がいます。

閉じる