メルマガ会員は、ずっと送料無料です(一部地域除きます)
白青(しろあお)

くらわんか碗 茶碗

手に馴染むくらわんか碗

毎日何度も手に取る、お茶碗や湯呑み。持った時の感触や自分の手への収まり方、どんな料理にもよく合う色使い、洗って片付ける時の勝手の良さ。様々な食器が揃っていても、普段の生活の中で自然と選ぶ機会が増えている食器があります。砥部焼の伝統を守りながら新しいスタンダードを提案する白青(しろあお)の食器は、毎日の暮らしににしっくりと馴染むつい手に取りたくなる存在。暮らしの定番に加えていただきたい食器です。

普段使いに大切な丈夫さ

愛媛県砥部町を中心に作られる砥部焼。江戸時代に砥部町は「伊予砥」という良質な砥石が製造される地として名を馳せていました。伊予砥の原材料である「伊予砥石」が多く採掘される一方、その砥石を切り出す際に出てくる砥屑の処理は大変な重労働であったとされています。しかし、屑石が磁器の生産につながることを大洲藩(現在の砥部町)は知り、1775年より砥石屑を活用した磁器の製造をスタートさせたことが、現在の磁器である砥部焼のルーツです。戦後、柳宗悦やバーナード・リーチといった民芸運動のリーダーたちが砥部を訪れ、手づくりの良さを活かした磁器として高く評価したことで広く知られるようになり、今日まで日常使いの器として愛用されてきました。

白く光沢があり、厚みと重量感のある磁器に藍色で描かれた模様があるものがオーソドックスな特徴とされる砥部焼。白青(しろあお)はその特徴を生かしながら、現代の食卓や生活様式に合うようにデザインされた食器です。1300度の高温で焼成された磁器の器は、固く頑丈で夫婦喧嘩で投げつけ合っても割れなかったという逸話が残っているほど丈夫で、その点からも普段使いに適した器と言えます。

くらわんか碗 茶碗は、夫、婦、こどもと3サイズから選べるお茶碗。くらわんか碗は江戸時代の舟の商人の「飯食らわんか」の呼び声から「くらわんか碗」と名づけられたと言われる、船上で食べても倒れずに安定する高い高台とフォルムが特徴です。混じり気のない美しい白地に手書きで濃くくっきりと描かれたラインや絵柄は、呉須(ごす)と呼ばれるコバルトを主成分とした藍色の顔料を何重にも重ねることで表現されています。何も描かれていない真っ白な無地白と、太さの異なる縞柄太と縞柄細、ひばりとまだいは砥部に由来するモチーフを図案化したデザインです。家族で同じ柄を使うのも良いですし、それぞれが気に入った別の柄を選んでも統一感のある食卓になりますよ。シンプルなデザインなので、結婚などお祝いのギフトとしても喜ばれます。

砥部焼の新しいスタンダードに

江戸時代より続く砥部焼。歴史のある焼き物ですが、伝統が単に守られ続けただけではなく、時代に合わせた新たな試みが施され続けてきたということも今日まで続いている理由のひとつです。

砥部町出身の建築家ディレクターである岡部修三さんが、地元のものづくりに関心を持って出会った砥部焼。白青(しろあお)は岡部さんが砥部焼協同組合の集まりに参加したことがきっかけで誕生したブランドです。伝統を守り画一化されつつあったデザインを見て、砥部焼の伝統と良さをきちんと引き継ぎながら、これから先もさらに進化していくような砥部焼を目指してスタートしました。今の暮らしの中でよく使われる形を中心に、ずっとあるものを見直したり新しいアイデアを加えたりしながら生み出される器は、砥部焼の新しいスタンダードとなる存在です。

婦とこども
   

 

  • 婦とこども
  • 夫と婦
  • 夫と婦とこども
  • 夫まだいと婦ひばり
  • こども 
  • こども
  • こども
  • 婦 縞柄細
  • 婦 縞柄細
  • 婦 縞柄細
  • 婦 縞柄細
  • 夫 縞柄太
  • 夫 縞柄太
  • 夫 縞柄太
  • 夫 縞柄太
  • 婦 絵柄ひばり
  • 婦 絵柄ひばり
  • 婦 絵柄ひばり
  • 婦 絵柄ひばり
  • 夫 絵柄まだい
  • 夫 絵柄まだい
  • 夫 絵柄まだい
  • 夫 絵柄まだい
サイズ 夫:直径約12.2×高さ7.1(cm)
婦:直径約11.2×高さ6.5(cm)
こども:直径約9.5×高さ5.5(cm)
重量 夫:約250g
婦:約196g
こども:約132g
素材 磁器
製造国 日本
箱有無
夫:幅約12.6×奥行き13.5×高さ7.5(cm)
婦:幅約12.6×奥行き13.5×高さ7.5(cm)
こども:幅約9.9×奥行き10.5×高さ6(cm)

ご使用について

  • 電子レンジ、家庭用食洗機でお使い頂けます。

注意事項

  • ◇直火、オーブン等で加熱・調理・空焚きをしないでください。
    ◇洗浄する際は、やわらかいスポンジに台所用洗剤をお使いください。
    ◇ヒビ、カケがあるものは思わぬ時に破損することがありますので使用しないでください。
    ◇サイズには個体差があります。

ブランド紹介

白青(しろあお)

白青(しろあお)

砥部焼は、約230年の歴史を持つ磁器。愛媛県砥部町で産出される良質の砥石から生み出され、その丈夫さと手づくりの味わいから、古くから日常使いの器として愛されてきたやきものです。戦後、柳宗悦やバーナード・リーチといった民芸運動のリーダーたちが砥部町を訪れ、手作りの良さを活かした磁器として高く評価したことで広く知られるようになりました。白青(しろあお)は砥部町出身の建築家ディレクターである岡部修三さんが、伝統を守り画一化されつつあったデザインを見て、伝統的な砥部焼の良さをきちんと引き継ぎながら、これから先もさらに進化していくような砥部焼を目指してスタートしたブランドです。今の暮らしの中でよく使われる器を中心に、ずっとあるものを見直したり新しいアイデアを加えたりしながら生み出されている、新しい砥部焼のスタンダードとなるブランドです。

商品 価格(税込) 在庫 個数
くらわんか碗 茶碗

くらわんか碗 茶碗(こども 白)

ラッピング可

期間限定、送料無料キャンペーン中!

¥3,024(税込)
くらわんか碗 茶碗

くらわんか碗 茶碗(婦 縞柄細)

ラッピング可

期間限定、送料無料キャンペーン中!

¥3,348(税込)
くらわんか碗 茶碗

くらわんか碗 茶碗(夫 縞柄太)

ラッピング可

期間限定、送料無料キャンペーン中!

¥3,672(税込)

残り2点
くらわんか碗 茶碗

くらわんか碗 茶碗(婦 絵柄ひばり)

ラッピング可

期間限定、送料無料キャンペーン中!

¥8,100(税込)

残り2点
くらわんか碗 茶碗

くらわんか碗 茶碗(夫 絵柄まだい)

ラッピング可

期間限定、送料無料キャンペーン中!

¥8,424(税込)

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

くらわんか碗 茶碗には、他にもこんな仲間がいます。

閉じる