メルマガ会員は、ずっと送料無料(一部地域除く)・最短で翌営業日発送します
新型コロナウイルスへの倉庫での対策について>>
ponpindo(ポンピン堂)

【別注】本縫いこざぶクッション

時にはクッション、時には小座布団

ponpindo(ポンピン堂)が手がける本縫い小座布団の良さや耐久性はそのままに、より現代の「フローリング+ソファ」の生活に合うものを、とお願いして作っていただいた、別注品の本縫いこざぶクッションが出来上がりました。

伝えていく日本の「座」の文化

ponpindo(ポンピン堂)の小座布団は伝統的な仕立てによって作られる本縫い座布団。職人の高齢化などの影響により、本縫い座布団はその技術とともに、今やほとんど市場に出回ることのない特別なものになりつつあります。ponpindo(ポンピン堂)の型染め本縫い小座布団は、そうした現状を受け伝統的な座布団の技術と品質を守りたいという思いを持った職人とともに作られています。

今回、ZUTTOがお願いしたのは「取り入れやすい洋テイストだけれど、耐久性の高い本縫い座布団の仕様」にすること。職人さんにとっても初めての試みで、色々と試作をして頂きました。
和っぽい印象を作る座布団の「四方の房」をなくし、真ん中の飛び出ている糸を裏面だけに。ソファでも使いやすいサイズや形はどういうものか、と検討を重ねました。

また、ponpindoのデザイナーさんにお願いし、伝統的な江戸小紋の文様をアレンジ、デザイン自体もより洋テイストに近づけて、より日常的に使いやすくなりました。

そうして出来上がったのが「本縫いこざぶクッション」です。「こざぶ」とは、「小座布団」のこと。今回の別注のお話をしている間、ponpindoの方がずっと「こざぶ」と呼んでいらしたのが印象に残り、さらに座布団が作られる現場を取材し職人さんとお話をしたことも、これは単なるクッションではなく、やはり伝統的な日本の座布団でもある、と思いを強める要因となり、商品名に「こざぶ」と入れました。

デザインも、中綿も、生地も特別

こざぶクッションの表地には耐久性の高い会津木綿を使用。よく見るとぽこぽこと糸の不揃いな様子が分かり、それにより色合いに奥行きが生まれ、ざらっとした手触りが心地良い素材です。
その生地に施すのは、ponpindo(ポンピン堂)が得意とする江戸型染めによるデザイン。江戸型染めとは和紙に柄を彫り抜いた型紙ともち米から作られるもち糊で作られた技法で、花小紋・草花紋・三くずしという、伝統的な柄を今の暮らしに合うようデザインし直して頂きました。

中綿には保温性と吸湿性に優れたインド綿を使用した本縫いこざぶクッション。綿花を繰り返し製綿機に通すことで不純物を取り除き、弾力のある柔らかな綿へと仕上げています。

両手で抱えられる本縫いこざぶクッションは、しっかりとした厚みと弾力を感じます。ソファに座る時、椅子に座る時の背当てとして、スツールに置いてチェアパッドとして、そして床に座る時には座布団として、そんな自由な使い方で暮らしに取り入れてください。

伝統と新しさを表現する型染め

ponpindo(ポンピン堂)は、創業約150年の江戸型染めの老舗染め屋「更銈(サラケイ)」の当代と、デザイナー大野耕作さんが手がける生活雑貨を作る工房として2002年に始まりました。ブランド名には「日本(ニッポン)の逸品(イッピン)」という意味が込められており、伝統的な縁起柄を活かしたモダンなデザインの製品は、国内外から高い評価を得ています。

創業以来、型染めを中心として、日本各地の優れた作り手とともに、様々な製品をデザイン・製作してきました。古くからの素晴らしいデザインや、文化を日常の衣類に取り入れていたのが、なくなりつつありますが、意味のあるものづくりをきちんと手間をかけて作ること、日常の暮らしの中で気軽に使えるカタチにすること。この小さな試みの継続が「伝統」を現在に繋げるということだとponpindo(ポンピン堂)は考えます。きちんと手間をかけた手仕事には、製品の奥に宿る温かさがあります。この「温度」が伝わるモノ作り、それこそponpindo(ポンピン堂)の目指すところです。

【別注】本縫いこざぶクッション(花小紋)
   

 

  • 【別注】本縫いこざぶクッション(花小紋)
  • 【別注】本縫いこざぶクッション(草花紋)
  • 【別注】本縫いこざぶクッション(三くずし)
  • 伝統的な紋様をアレンジした3デザイン
  • サイズイメージ
  • 花小紋
  • アップ(花小紋)
  • アップ(花小紋)
  • アップ(花小紋)
  • 横から見た様子(花小紋)
  • 草花紋
  • アップ(草花紋)
  • アップ(草花紋)
  • 横から見た様子(草花紋)
  • 三くずし
  • アップ(三くずし)
  • アップ(三くずし)
  • 横から見た様子(三くずし)
  • 3柄ご用意しました
  • 使用イメージ(草花紋)
  • 使用イメージ(三くずし)
  • この道50年の職人の手仕事
  • 江戸型染めで色付け
サイズ 幅約30×奥行き9×高さ32(cm)
※手作りのため、サイズが一点一点異なります。
重量 約365g
素材 表地/中綿:綿100%
房糸:絹100%
生産国 日本
箱有無

商品特徴

  • ◇ZUTTO別注、熟練の職人が手仕事で縫い上げた小さな座布団兼クッションです。愛らしいモチーフは伝統的な江戸型染めによるもの。
    ◇弾力があり、クッション代わりの背当てとして役立ちます。小さめですが、もちろん座布団としても使えます。
    ◇表地には耐久性の高い会津木綿を使用しています。
    ◇メーカーにて、中綿の打ち直しといった有償のメンテナンスが可能です。

注意事項

  • ◇伝統的な織布を使用し、手仕事で作られているため、サイズに若干の個体差がある場合がございます。
    ◇手縫いで閉じられているため、カバーの取り外しは出来ません。
    ◇手染め製品のため表地の水濡れ・摩擦による色移りに注意してください。

お手入れ方法

  • ◇中綿に純綿を使用しているため、丸洗いは出来ません。表地に汚れがついた場合は固く絞った濡れ布巾などで叩くようにしてください。
    ◇形が潰れてしまった場合は陰干ししますと、中綿がふっくらと復元します。
    ◇クリーニングは避けてください。綿に含まれる油分がなくなり、陽に干しても膨らまなくなります。
    ◇メーカーにて洗い張り・打ち直しなどの有償メンテナンスも行っております。

関連コンテンツ:丈夫な本縫い座布団の仕立てはそのままに、ソファにも合う本縫い「こざぶ」クッション

  • 丈夫な本縫い座布団の仕立てはそのままに、ソファ生活にも合う本縫い「こざぶ」クッションが出来上がりました

ブランド紹介

ponpindo(ポンピン堂)

ponpindo(ポンピン堂)

日本の長い歴史の中で生まれた手仕事に、現代的なデザインを取り入れ、日常の暮らしの中で気軽に使えるカタチにすること。それがponpindo(ポンピン堂)の作り出す製品です。きちんと手間をかけた手仕事には、製品の奥に宿る温かさがあり、この「温度」が伝わるものづくりこそがponpindo(ポンピン堂)の目指すところです。ponpindo(ポンピン堂)は1867年(慶応3年)に創業した江戸型染め屋「更銈(サラケイ)」の染め屋がベースにあります。型染めは、技術は勿論のこと、古くから伝わるその文様には、縁起を担ぐ柄や、相手を思う絵柄があります。手間暇かかるものづくりには、作り手、買い手の思いがあり、それは使い手に繋がり、大切に使われ、ものづくりは循環していくと考えます。伝統技術をただ続けるのではなく、現代へに合わせて残す架け橋となるブランドなのです。

商品 価格(税込) 在庫 個数
【別注】本縫いこざぶクッション

【別注】本縫いこざぶクッション(花小紋)

送料:一配送660円・11,000円以上で送料無料(一部地域除く)
メルマガ会員は送料無料です(一部地域除く)

¥6,600(税込)

残り2点
【別注】本縫いこざぶクッション

【別注】本縫いこざぶクッション(草花紋)

送料:一配送660円・11,000円以上で送料無料(一部地域除く)
メルマガ会員は送料無料です(一部地域除く)

¥6,600(税込)

残り2点
【別注】本縫いこざぶクッション

【別注】本縫いこざぶクッション(三くずし)

送料:一配送660円・11,000円以上で送料無料(一部地域除く)
メルマガ会員は送料無料です(一部地域除く)

¥6,600(税込)
  • ペーパー
    ラッピング
  • リネン
    ラッピング
  • 熨斗
  • メッセージ
    カード
  • 海外発送
  • ZUTTO-
    eギフト

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

閉じる