メルマガ会員は、ずっと送料無料(一部地域除く)・9/18-20の注文は23(水)発送
新型コロナウイルスへの倉庫での対策について>>

 

着ることの喜びを。糸から作る究極のカットソー、フィルメランジェのものづくり

 

 

 

 

日本のカットソーメーカー、FilMelange(フィルメランジェ)。

究極のカットソーを目指し、糸作りの段階からじっくりと

情熱を注ぐブランドです。そのブランドストーリーから

おのずと浮かび上がるのが「良い服の条件とは、何か。」という問い。

 

デザインが良い、コンセプトが良い。色、素材が良い。

様々なこだわりを積み重ね、1枚の服が生み出されるのは

想像に難くありませんが、ネックラインが擦り切れたり、

はたまた生地自体が薄くなるほどに愛用に愛用を重ねることが

出来る服というのは、意外にも少ないものです。

そんな中、本当にお気に入りの服に共通するのが、

「着心地」の良さだということに気づきます。

今回は、そんな真摯な服づくりを続ける

FilMelange(フィルメランジェ)の魅力に迫ります。

 

 

 

 

FilMelange(フィルメランジェ)は2007年の春に生まれた、

日本のカットソーブランド。「自分たちの手で生み出せる、

究極のカットソーを届けたい」という想いで

日々カットソー素材の研究を重ね、

ものづくりを行っているブランドです。

ブランド名は「混ざった色の(Melange) 糸(Fil)」という意味。

昔からTシャツやスウェットシャツに使われてきた

杢(もく)色の糸を指す造語です。耳に優しく流れるような、

そのすっとした響きからも、ブランドが目指す姿勢が伺えるようです。

 

そもそもカットソー(cut and sewn)とは、

ニット素材の生地を裁断し(=cut)、それらを縫い合わせ(=sew)て

作られる衣服の総称。とても身近で、気軽に身につけられる

シンプルな服ではありますが、定番こそが難しいというのもまた事実。

 

FilMelange(フィルメランジェ)が目指すのは、

気取らず誰にでも似合って、なおかつ時代を超えて

愛される「日々の暮らし」の色を体現するような一着。

厳選した天然素材を使って、柔らかく、軽く、美しい生地へと

編み立て日本の匠と呼ぶに相応しい職人たちが、丁寧に心をこめて仕立てた謹製品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FilMelangeは、原料である「綿(ワタ)」の選定から、

「糸」「生地」「縫製」に至るまで日本製にこだわり、

徹底した自社開発をしています。

服は生地から作られる訳ですが、その生地は糸から、

そして糸は綿から作られます。

原料となる綿(ワタ)は世界各国から厳選したものを使用し、

その綿を紡績して糸を作り出すことからカットソー作りがスタート。

日本国内でも綿の生産はされているのですが、

供給量や品質の安定という側面から

世界各国から厳選して綿を取り寄せているのだそう。

 

そして、手に入れた綿を国内の紡績工場にて

糸を作るのですが、求める糸が出来るまでに

試作を繰り返し、かかる時間は半年ぐらい。

カットソーへと形作ることを想定し、

糸番手(糸の太さのこと)を別注し、

生地にした時の微妙な雰囲気、

肉感までもコントロールしていきます。

世界各国の産地や品種によってコットンの持つ性質が違うので、

こんな製品を作りたいと考えた時に、

その製品にするにはどんな風合いで、どんな表情が欲しいか、

また経年変化した時の事も視野に入れ、

最適な原料を選ぶというこだわりが求められます。

 

 

 

 

 

上:粗紡機 / 下:精紡機

 

こちらが、糸を生み出す紡績(ぼうせき)の機械。

例えばTシャツを作るときには、

 

「インナーにしては厚すぎるけど、1枚で着るには薄すぎる」

というところの間を取って糸の番手を決める。

原料の持つ風合いを最大限に引き出すために、

糸の撚り(より)を決める。杢(もく)の出方を研究し

ワタの分量を調整しオリジナルの糸を作る。

 

こういった様々な要素を掛け合わせることで、

言葉では表すことができない「理想形」へと近づけていくのです。

そういった意味では、カットソーの場合糸~生地までで、

デザインがほぼ完成しているといっても過言ではありません。

だからこそ、糸づくり、生地作りにじっくりと時間をかけ、研究を重ねているのです。

 

 

 

 

 

 

 

わたしたちが心をこめて作った製品が、

あなたの手に渡り「着ることの喜び」を感じて頂けたならー。

 

FilMelange(フィルメランジェ)は商品がお客様の手に渡り、

お客様が『着ることの喜び』を感じて頂けるモノ作りを目指しています。

この『着ることの喜び』とは、先にご紹介したような

素材(糸、生地)のアップデートはもちろんですが、

アイテムディテールのアップデートもその目的に直結すると考えているのだそう。

 

シンプルなクルーネックタイプのポケットTシャツでも、

FilMelange(フィルメランジェ)のラインナップには、

「SUNNY(サニー)」「ANNIE(アニー)」「DIZZY(ディジー)」のように

実に様々なバリエーションがあります。

人懐っこさを感じさせるそのネーミングセンスもさることながら、

同じコットン100%でも襟ぐりのカーブやポケットの位置、

着丈や袖丈といったディテールが、似ているけれど、

決定的に違うことが分かる絶妙な個性を醸し出しているのです。

そういったシリーズも、糸を変え、素材を変え、デザインを変えと

研究に研究が重ねられていきます。

『温故知新』というワードを基に常に現代の生活と

日々の暮らしに寄り添うようなディテールを

取り込んでアップデートさせているのだそう。

 

 

 

 

 

 

 

カットソー主体の一貫生産は、実はとても難しく、

希少性の高い生産体制。原料選びから製品に至るまで、

作り手の考えや思いが一貫して生産出来る背景は

カットソーに限らず、とても貴重なのだとか。

一般的な服作りは、効率化し生産コストを抑えるために

生地作りや縫製、染色といった各々の作業工程が

分業や協業によって成り立ちますが、

その全てに一貫したコンセプトを反映させるのは、容易ではありません。

FilMelange(フィルメランジェ)の服は、

「究極のカットソー」を目指すという想いに共感する

各工場の協力があってこそ、生み出されるものなのです。

 

お客様が自分のワードローブの中から

何も考えずとも手に取って頂けて、気取らず、誰にも似合って、

時代を超えて愛されることが「究極」と考える。

それが、ブランドが目指す、この上ないカットソーの姿。

ファンの中には、着古したお気に入りのTシャツをパジャマや部屋着にして、

長く長く愛用するという方がいらっしゃるのだとか。

工場で服という形になった時ではなく、

「わたし」や「あなた」が袖を通してはじめて、

服としてのストーリーが始まるという作り手としての立場を

主張しすぎずとも、ものを介して着る人に寄り添うという、絶妙な距離感が魅力です。

 

 

 

【永久定番のかたち ーSUNNY(サニー)】

 

 

SUNNY クルーネックTシャツは、

これぞ定番といえる胸元にポケットのついた

シンプルなクルーネックTシャツ。

毎年シルエットを数ミリずつ変化させ、

より洗練されたデザインへとブラッシュアップし続けているのだそう。 

 

ブラジル原産、新彊(トルファン)育ちの真っ白な超長綿

「オーリンダコットン」を綿の段階から別注、特番手に紡績し、

吊編機で柔らかく編み上げた丸胴の天竺生地です。

旧式の吊編機(つりあみき)を使用することにより、

長年型崩れせず、生地のハリ感も変わりません。

美しい光沢があり、シルキーで毛羽の少ないなめらかな風合いが特徴。

 

 

【華奢な美しさ ーANNIE(アニー)】

 

 

 

丸首で脇下ギャザーが入ったFilMelange(フィルメランジェ)定番のTシャツ。

ギャザーにより、自然なドレープが入るディテール。

幅が広めのパターンのためボディラインが出にくく、

涼しげなボリューム感があります。

広めに開いた首元と小ぶりの胸ポケットがポイント。

肩の縫い目は縫い目が肌に当たらないよう同じ生地で隠す仕様。

ポケットもデザインとして、 少しだけ右に曲がって付いているのがお洒落です。 

 

 

【ありそうでない、絶妙なバランス ーDIZZY(ディジー)】

 

 

 

しっかりとした素材感が心地よい1枚。

耐久性のあるバインダー仕様の首周りになっているのが

嬉しいポイント。丸みのある胸ポケットが、

あえて下の方についているのがお洒落。

このTシャツとデニムだけでぐっと上級者の着こなしになる一枚です。 

オーガニックコットン糸の製造工程で

ふるい落とされた良質な繊維を集め、

50%のバージンオーガニック綿と掛け合わせて紡績された

有機リサイクルコットン「オーガニックラフィー」を使用。

この柔らかでコシのあるわたを別注染色し、

特別番手に紡績したオリジナルのメランジェカラー糸を

吊り編み機にかけることで、ヴィンテージの風合いたっぷりの天竺生地が生み出されます。

 

 

【自然に羽織るだけで決まる ーDOMINIC(ドミニク)】

 

 

 

柔らかい着心地と、ベーシックなデザインが特徴で、

どんなシーンにも対応可能なVネックカーディガン。

左右に配された小さめのポケットがアクセントになっていて、

ナチュラルだけれど小技の効いた雰囲気。

インナーはシンプルな無地Tシャツからボーダーカットソー、

女性ならフェミニンなキャミソールなど、

幅広いコーディネートに対応可能です。 

 

生地には、高品質の超長綿を使用。

美しい光沢があり、シルキーで毛羽のないなめらかな風合いが特徴です。

糸にあえてムラ感を残した紡績を行い、

ぎりぎり綺麗になりすぎない、こなれ感を演出。

滑らかな風合いと耐久性を融合させた、

FilMelangeが今考えるニュースタンダードなアイテムです。  

 

 

 

人が身につけて初めて完成する。

そんな余白を残した服には、一抹の清々しさがあります。

たとえシンプルでも、形でごまかさないということ。

作り手が重ねた、こだわりの厚み。

そこに同じくらい愛着というこだわりの厚みを重ねることが出来るかどうか。

その厚みこそが、唯一無二の服を形づくっていくということ…。

そうした、服にまつわる様々なストーリーを一つ一つ語らずとも、

着心地ひとつでそっと感じさせてくれるのが、

FilMelange(フィルメランジェ)の魅力なのかもしれません。

 

 

▼shop info:

フィルメランジェ神宮前店 東京都渋谷区神宮前2-6-6 秀和外苑レジデンス 1F

[平日] 12:00 – 20:00 [土日祝] 11:00 – 20:00

 

 

▼フィルメランジェがつくる服、一覧へ

 

 

 

投稿者: 斎藤 日時: 2017年06月04日 11:00 | permalink

閉じる