メルマガ会員は、ずっと送料無料(一部地域除く)・最短で翌営業日発送します
新型コロナウイルスへの倉庫での対策について>>

 

ラインを綺麗に見せる立体シルエット。オリジナルストライプシャツとワンピース

 

ZUTTOのオリジナルアイテムが完成しました。

ご紹介するのは、タイプライター生地を使った【ストライプ ノーカラーシャツ】と【ストライプ シャツワンピース】。どちらも秋や春には一枚で、冬にはインナーを着たりセーターを着たりして、長い期間活躍してくれるアイテムになりました。

 

着用時の綺麗なシルエットにこだわるZUTTOのオリジナルアイテム。今回も、企画とデザインを手掛けたスタッフに、その想いを聞いてみました。 

 

 

 

朝晩の冷えと日中の暑さが混在する、季節の変わり目に着たいものは何だろう。ファッションの気分は次に向かっているけれど、気温差にも対応出来る服が着たい。そんな時期のアイテムとして、シャツ生地がぴったりでした。

 

ラフなカットソーにはない少しきちんとした雰囲気が出ますし、一方で襟付きのかっちりとした王道のシャツをイメージすると、急にかしこまり過ぎてしまうので、カットソーとシャツ、その中間の着やすさを求め、シルエットに遊びを持たせたシャツとシャツワンピースを作ることに。シャツはノーカラーにしたり、ワンピースは襟付きだけれどその襟の大きさにこだわって通常とは少し違う印象にしてみたり、工夫をこらしています。

 

さらりとした生地の長袖で、袖をまくったり、一枚で着たり、羽織モノとしたり、気温差に対応しながら見た目の印象も変えてくれる、重宝するアイテムになっています。 

 

 

 

ストライプ ノーカラー シャツ

 

たっぷりと使った生地が空気をはらみ、ふんわりとしたシルエットのノーカラーシャツ。目指したのは、立体感のあるシルエットです。シルエットを操ることで体のラインを拾わず、かつ雰囲気のある装いになります。

 

では、シャツで作る立体性とは?

まず、生地にハリがあること。ハリのある素材は、袖をまくった時のクシャッとした表情が綺麗に出ます。二の腕まわりに立体感が出て、体のラインをそのまま出すことなく女性らしい雰囲気に。

 

パンツ:ZUTTO/シェットランドウールリネン ガウチョパンツ

バッグ:ARTS&CRAFTS/HORSE LEATHER DRAW STRINGS POUCH/M

 

一方で、ハリがあることはシャツを大きく見せるため、ボリュームを抑えるためにタックを複数、効果的に入れています。前身頃の両肩下に入れたタックは、上から下へのラインを強調し、そして左右の裾に入れたタックはシャツをふんわりとしたコクーンシルエットに導いています。

 

ストライプ ノーカラー シャツ

 

 

ストライプ ノーカラー シャツ

 

ベースボールシャツのように襟がぴったり重なるよりも、ボタンを閉めた時に少しV字になるようにし、女性らしさを演出しています。これは、上にセーターを重ねた時にも活きてくるデザインで、セーターを着ると襟元にちょこんとストライプのシャツが見えるのです。もちろん、下にカットソーを着てカーディガン代わりとしても素敵です。袖周りに余裕を持ったデザインにしているので、下に重ねてももたつきません。上にも下にも重ね着可能で、寒くなってきてからも活躍してくれますよ。

 

ストライプ ノーカラー シャツ

 

ストライプ ノーカラー シャツ

 

後ろ姿も抜かりなく。肩と背中の生地をゆったりめにとっているので、真ん中にプリーツを入れ、背中の立体感を出しています。その分、後ろ身頃の裾にも左右タックを入れて、シルエットを落ち着かせる工夫も。

肩が落ちたデザインと、ひじ少し上あたりにくる切り替えによってストライプ柄の見え方も変わり、楽しいデザインに仕上がりました。 

 

ストライプ ノーカラー シャツ

スカート:FACTORY/コットン ギャザースカート

シューズ:chausser/TRAVEL SHOES ストレートチップ レイン BL

 

 

ストライプ シャツワンピース

タートルネック:gicipi/タートルネックカットソー

デニム:FOB FACTORY/ウィメンズ G1138 ST.SLIM WA デニムパンツ

バッグ:PATRICK STEPHAN/【別注】3way レザーポシェト enveloppe BLACK

 

ストライプ シャツワンピース

 

ストライプ シャツワンピースは、雰囲気のあるロング丈の後ろ下がりシルエットに、ワンピースとしてもアウターとしても着られる一枚。 前身頃と後ろ身頃には10cm以上の長さの差をつけ、サイドには深めにスリットを入れて歩いた時に生地に動きが出るようにしました。

 

ストライプ シャツワンピース

 

ノーカラーシャツ同様、ワンピースも袖をまくった時に溜まりが出来て立体感を楽しめます。少しだけ肩が落ちたデザインにすることで、第二ボタンまでを開けて着た時に肩まわりが窮屈にならないように。少しのラフな印象も相まって、カジュアルときれい目の絶妙な雰囲気を持っています。

 

ストライプ シャツワンピース

 

また、こだわったのは天巾(てんはば)です。天巾とは、首の横幅の開き具合のことなのですが、一般的なシャツは第一ボタンを閉めると襟が首にぴったり沿うデザインになっています。そこで天巾を広めに取り、第一ボタンを閉めた状態でも、首と襟の間がゆったりと開いた襟元をつくり、かっちりし過ぎない印象に。襟の大きさも微調整し、襟を抜いて着た時に綺麗な形が出るように、ほんの少し大きめに作っています。

 

ストライプ シャツワンピース

 

二番目以降のボタンは隠しボタン(比翼仕立て)になっていて、留めた時にボタンが見えずすっきりとしたデザインです。シャツコートとして着て頂くことも想定し、ボタンを開けた時にボタンホールが見えないこの仕様はスタイリッシュです。

通常、比翼仕立ての場合ボタンを掛ける時に上にくる生地が邪魔をしてボタンが掛けにくいことが多いのですが、このシャツワンピースは生地を留めず、ボタンを掛けやすくする工夫も。

 

ストライプ シャツワンピース

 

コーディネートの幅が広いのも魅力の一つです。サイドスリットが深めに入っているので、パンツやレギンスを合わせるのがおすすめです。トップスはシャツワンピースだけでも、中にタートルネックやカットソーを合わせても。ハリがある素材なので前を開けてシャツコートのように羽織っても、綺麗な縦ラインが出来てかっこよく決まりますよ。左右にポケットを付けて、アウターとして羽織る時も使い勝手が良いように考えました。 

 

 

 

 

 

シャツの生地に選んだのは、80/1タイプライター。コットン100%です。

繊維が長く細い、高級な綿糸をぎゅっと高密度で織り上げた平織物のことで、薄手でありながらもハリがあり、目が詰まっているので透けない特徴を持っています。

タイプライターという生地の名前は、かつての印字機械であるタイプライターの印字用リボンに使われていた事に由来するのだとか。

 

 

さらさらとした肌触りのほんのり光沢がある生地で、アイロンをかけてぱりっとエレガントな印象にも、洗いざらしでラフな印象にも仕上げることが出来ます。水を通すとさらに目が詰まり、洗濯をして乾かす毎に生地の強さと、和紙を思わせるようなドライタッチな質感をより感じます。

 

無地よりも表情が出て、一枚で着てもサマになるストライプ柄。IVORYは白地にグレーのストライプ、GREYは青みがかったグレーに白のストライプです。どちらも合わせやすい色味で、着回しに向いています。 

 

 

ストライプ シャツワンピース

 

 

▼ストライプ ノーカラー シャツ 商品ページへ

ストライプ ノーカラー シャツ

 

▼ストライプ シャツワンピース 商品ページへ

ストライプ シャツワンピース

 

▼ZUTTOオリジナルアイテム 商品一覧ページへ

ZUTTOブランドページ

投稿者: 丸山 日時: 2017年09月14日 11:00 | permalink

閉じる