イタリアンクラシックと小さな遊び心。冬の主役にしたいCorrealeglovesのグローブ

 

寒い季節にコートのポケットに手を入れ、肩をすくめて歩くのではなく、颯爽と街を歩きたい。そんな方は、冬の備えとして上質な革手袋を一双用意しておきましょう。やはりシンプルでシックなものが良いかしら?と思いますが、ジャケットやアウターとは違い、たくさん持っていてもかさばらないような手袋ならば、お気に入りのものを集めてみるのも良いかもしれませんね。艶めく贅沢なレザーや柔らかく起毛させたスエードに、滑らかなカシミヤのライナー。一色の単調なものではなく、カラーを効かせて。Correalegloves(コレアーレグローブス)のレザーグローブは、上質を知る大人のスタイルに遊び心をプラスしてくれる、そんな手袋です。

 

 

 

 

1. スタイルがぐっとクラスアップすること

レザーの手袋を選ぶ理由の一つとして、同じスタイルでもぐっとクラスアップした雰囲気を作れる点にあります。一般的にレザーの手袋はフォーマルスタイルに使う方も多いほど、きちんとした印象を与えます。

 

2. 防寒として

もちろん、手袋は防寒具ですが、ニットの手袋とレザーの手袋の違いはどういった点にあるでしょうか。ニットは柔らかくて暖か、カジュアルで気軽に取り入れられますが、編みの為、防風性が高くありません。それに比べてレザーの手袋はびゅうびゅうと風が吹き荒む日も、風をシャットアウトしてくれる頼もしさがあるのです。

 

3. 長く美しく使える

レザーの手袋は、毛糸で編まれた手袋などと比べるとお値段ははるものの、使ううちに手に吸い付くように馴染み、艶を増していきます。表面がかさついてきたらクリームで油分を加えたり、ブラッシングして長く美しく使うことができます。

 

 

イタリアの中でも多くの皮革メーカーが集まる街、ナポリ。そんなナポリでの手袋の歴史は、1800年代、フランスの手袋工場に出稼ぎに行ったナポリ人がその高い技術をナポリに持ち帰ってきたことから始まったと言われています。革手袋は当時の貴族女性たちの「たしなみ」として大流行し、ヨーロッパの女性を中心に人気を高めました。

革手袋の生産には職人の熟練された技とノウハウが必要で、ナポリ人が織り成す感度の高い色使いや洗練されたディティール、エレガントな装いを醸し出す絶妙なシェイプが、瞬く間に世界中のマーケットで高い支持を得ることになりました。

そんなCorrealeglovesの出発点は、小さな工房からスタートした1960年代始め。その素材選びと、ハンドメイド技術の確かさからの仕立ての良さ、さらには手に付けた時のシャープさを見てもイタリア随一の実力を誇るファクトリーなのです。手袋は、手先という敏感な部分に付けるものだからこそ、大味な縫製の手袋を選んでしまうと、ストレスになってしまうこともあります。Correaleglovesは不良が少ないことにも特徴が。それには、わずかな不良にも実直に対応できるよう製品は10%余分に生産を行っているという理由があります。これは他の工場ではありえないことで、検品の回数・項目も含めて他工場に比べて1〜2ステップほど多く行われているというのだから驚きです。

 

 

今回ご紹介するCorrealeglovesの革手袋は最高級のAランクのシープスキン(羊革)を選んで作られたものばかり。通常、イタリアの工場は、革のタンナーからA-Cランクまでの革を抱き合わせで買うのが基本になっており、このように高いランクの革のみを準備するのは非常に難しいのだとか。

 

柔らかな最上級ランクのレザーは、滑らかで手さばきもよく、最高の付け心地なのです。

 

また、裏地(ライナー)に使用しているカシミヤも一級品。モンゴル原産のイタリア製の裏地を使用しています。カシミヤというと、モンゴルが原産が主ですが、実は生産国によってもその品質は大きく異なることも多いといいます。イタリアのカシミヤ加工技術は非常に高く、柔らかさと暖かみは段違いなのだとか。

他国産カシミヤ100%の裏地と比べても、ここまで風合いが異なるのかというほどの違いが感じられます。特にCorrealeglovesはとろけるように馴染む、心地よい手入れを実現しています。

 

 

今回ご紹介しているCorrealegloves(コレアーグローブス)のコレクションは、シックなカラーをステッチでリズミカルに仕上げた【シープスキングローブ ステッチ入】と、スエード加工したカラフルな指先とボタンがポイントの【シープスキングローブ くるみボタン付】です。

 

【シープスキングローブ ステッチ入】

手に取るだけでわかる、その上質さ。カラーはBLACKとCAMELをご用意しています。まず見た目で驚くのは、柔らかさと軽さ。レザー小物といえば最初は硬い印象がありますが、手を入れると、違和感はほとんどなく、まるでずっと愛用していたグローブのよう。

 

柔らかなレザーにリズミカルに入れられたステッチが、鮮やかな陰影を作ります。つるりとしたレザー手袋にはない雰囲気で、ブルゾンなどのカジュアルなお洋服にも似合います。手を入れてみると、手首から指先までライナーのふわふわのカシミヤに包まれ、ステッチなどのグローブのデザインが手の動きを阻むことはありません。それもイタリアの工場でひとつひとつハンドメイドされている、丁寧なつくりゆえです。

 

【シープスキングローブ くるみボタン付】

起毛したスエード生地と、ころんとしたくるみボタンの飾りがぽっと心を温めてくれるようなコレクション。カラーはNAVYとTAUPE。可愛らしい印象のスエード生地で、細身に見える作り。違う種類のレザーを縫い合わせていたり、ライナーが付いていると手が着膨れしてしまうのではと心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、イタリア生まれのCorrealeglovesは、その丁寧な縫製で端正な手の表情を作り上げています。

 

例えば、細かな縫製ひとつとっても繊細で、指の動きを邪魔しません。指の間のカラフルなシープスキンでアクセントになりますし、手の動きによって色の見える量が変わるので、単調な印象になりません。

ダッフルコート:LONDON TRADITION ダッフルコート Grey

 

マフラー:セリーン・プレイド・ショール

 

レザーの手袋を手にしたら、長く大切に使っていきたいですよね。そんな革手袋のお手入れ方法を見ていきましょう。

 

・基本のお手入れ

革手袋は、他のレザー製品と同様に「汚れ」「水」が大敵です。水に濡らすと色落ちしてしまったり、硬くなってしまうことがあります。手の動きで縦横に伸ばされたレザー手袋は、脱いだ後に縦に引っ張り、形を整えてからバッグやポケットに仕舞うようにしましょう。型崩れを防ぐ意味もあります。着用後は必ずこまめにブラッシングしてください。

 

・シミや傷がついてしまったら

表革の場合、​泥やほこり等の汚れは、乾いた布で拭くか、ブラッシングで充分です。汚れの付着が酷い場合には皮革用クリーナーを薄く伸ばして布で拭き取ると良いです。

スエードの場合は、その柔らかい毛足を保つために、入念なブラッシングをしてください。

 

・革手袋を長持ちさせるには

長持ちの秘訣は、靴や靴下と同じように毎日同じものを使わずに、2双以上の手袋を交互に使うこと。革手袋の場合は、表面にかさつきが見られるようになったら適当に油分を補給するようにクリームを塗るようにしてください。

 

・雨に濡れてしまったら

雨などの水に濡れてしまった場合は、表革の場合できるだけ早く乾いた布で水気を吸い取り、風通しの良い場所で陰干ししてください。3〜5日かけてゆっくり乾かし、完全に乾いてから汚れを落としてください。スエードの場合は、完全に乾いてからブラッシングして起毛させます。熱や日光に当てて乾かしてしまうと、型崩れやひび割れの原因になりますので、避けてください。

 

・カビが生えてしまったら

カビを見つけたら早期発見で落としてしまうのが鉄則です。表皮の場合は乾いた布で拭き、スエードはブラッシングで落とします。縫い目や細かい部分は、歯ブラシなどを使って入念に取り除くようにしてください。

 

・季節の終わりには

衣替えの時期など、長期間保管するときには、陰干しして湿気を抜いてから、防湿剤・防虫剤とともに袋に入れて密封して保管してください。梅雨の時期など特に湿気が多くなる時期には、一度袋から取り出して陰干しし、湿気を抜くようにしてください。

 

▼今回ご紹介したブランド

 

▼贈り物にも喜ばれる手袋はこちらから

投稿者: 村上 日時: 2017年11月19日 12:00 | permalink

閉じる