メルマガ会員は、ずっと送料無料(一部地域除く)・最短で翌営業日発送します
新型コロナウイルスへの倉庫での対策について>>

 

気軽に贈る、食べ物以外の夏ギフト。

 

時が過ぎるのはあっという間で、気づけば2018年も下半期。一年の折り返し地点と、本格的な夏の到来が重なるというのは何だか不思議な感じがしますが、日本には「夏のギフト」という習慣があります。そういえばお中元の時期だなと気づく頃、お世話になっている方に何を贈ろう?と考えを巡らせている方も多いのではないでしょうか。そんなギフトシーズンにZUTTOが提案したいのは、「カジュアルに贈る、食べ物以外のシーズンギフト」。夏らしい季節感と一緒に、日頃の感謝の気持ちがさりげなく伝わるようなギフトアイテムをご紹介します。

 

 

大切な人に、夏ギフトを贈りませんか?

 

五様ミニグラスセット / 栗川商店の団扇

 

そもそも「お中元」とは、ギフトそのものではなく、特定の時期(日にち)を表す名称。もともとは道教の習わしの1つで、7月15日のことです。この日に行われていた祭りに、さらに仏教の習わしが混ざり祖先の霊を供養する日とされるようになったのだとか。さらに江戸時代以降には、盆の礼として親類やお世話になった人に贈り物をする習慣へと発展していったと言われています。

現在、関東と関西ではお中元を贈る時期が半月ほど違うと言われており、関東では7/15、関西では8/15頃までに届くように贈るものとされているのですが、これは7/15を現在のカレンダーに合わせるか、旧暦の日付をそのまま踏襲するかという違いに基づきます。ただし、先述のようなお中元のルーツを考えると、時期や風習は地域によって違っても「日頃の感謝の印として、お世話になった人に心を込めて贈る品」という意味合いは同じです。

 

 

 

 

現代のライフスタイルでは、お中元を贈り合う習慣を持たないという方も増えていると言います。しかし、「日頃の感謝の印を贈る」という本来の意義を考えれば、年上の方や先輩といった目上の方への贈り物というきっちりしたイメージではなく、肩肘張らずに家族や友人、同僚にもギフトを贈るという発想があっても良いのではないでしょうか。

 

そんなシーンでの贈り物は、持参するにしても配送するにしても、贈り主(=自分)にとっても受け取った人にとっても「軽い」ことがキーポイントとなります。というのも、気軽に贈れ、受け取った人としても心理的に重くないことが大切だから。よく、贈り物を渡すと「何かお返しをしなくちゃ」とお互いに気を遣ってしまい、贈り合いがずっと続いてしまうという話を聞きます。だから贈り物をするのに躊躇してしまうと。確かに、お互いに気を遣ってしまうあまり、贈り物を贈ること自体にブレーキがかかってしまうというのも頷けるところですが、そんな時こそ贈る側としても受け取る側としても、軽やかな気持ちでいられるギフト選びが必要になるのです。

 

 

 

食べ物以外の、気軽なプレゼント

 

 

それでは実際に、家族や友人など近しい距離の人に贈りたい夏にぴったりのギフトを見ていきましょう。贈り物として定番になるのは飲み物や食べ物の箱詰めセットですが、せっかく気心知れた家族や友人にギフトを贈るのなら、長く愛用してもらえるキッチンやインテリアのアイテムを選んでみたいものです。

 

 

涼しさを贈る:津軽びいどろ りんご小鉢5客セット

 

 

りんごタンブラー ペアりんご小鉢 5客セット

 

夏らしく、涼やかなムード満点の小鉢。陶器の食器だと重たくとらえがちですが、夏らしいガラスの食器なら見た目にも軽やかな印象となりますし、小さなお皿のセットなら家族みんなで使えるので実用品としても喜ばれます。

りんご小鉢は青森の特産品「りんご」をモチーフとして作られた小鉢。りんごは幸せの象徴ともいわれ、縁起の良さから多くの人に親しまれています。こちらのりんご小鉢は、職人たちの手によってスピン製法と呼ばれる技法で作られています。スピン製法とは、金型に溶解したガラスを入れて回し、遠心力を利用してガラスを引き伸ばし、成型する技法です。程良い表面の凹凸が作り出す持ちやすさ、小鉢の縁の滑らかさは手作りならでは。一点一点丁寧に色ガラスでドット柄が施されています。散りばめられた色ガラスは光を当てると美しく反射し、ガラスの美しさを堪能出来ます。色彩の温かみ溢れる一品です。 

 

 

季節感を贈る:能作 KAGO ダリア

 

 

 

高岡銅器に通ずる鋳造技術をもとに、さまざまな錫製品を作り上げる能作(のうさく)からも、「軽さ」が際立つギフトアイテムを。こちらのKAGOシリーズは、金属の中でも手の力で曲げられるという錫の柔らかさを利用して、好みの形に変えることが出来ます。この柔らかさは純度100%の錫だから可能なこと。 平たい状態で包まれたKAGO ダリアは、ゆっくりと手で力を加えることで変形することが出来ます。曲げるときにピキピキと音がしますが、これは錫の分子が擦れ合う、「錫鳴き」と呼ばれる音。中身を包みこむような形に変形させたり、あえて高さをつけたりと自在に形を変えて使えるので、受け取った方の手によって形が完成されるという「余白」を残した贈り物となるのがユニークです。

ちょうどダリアの花は7-8月にかけて開花するもので、花言葉は「エレガント、華麗」。花の美しさはほんの一瞬で過ぎ去ってしまう儚いものですが、こうして長く楽しめる花、それも使う人のアイディアによって形を変えられる花ならば、また一味違うギフトとして喜ばれそうです。

 

 

快眠を贈る:ichiori gauze 三河木綿 5重 ふんわりしっとりガーゼケット ハーフ

 

 

 

例えば遠方に住む友達に、「最近元気?毎日暑いけど、お互いがんばろうね」と、季節のギフトを贈りたい。そんな時にぴったりなのが、バス・寝室周りのリラックスグッズ。寝苦しい夏の夜の安眠を誘うようなガーゼケットなら、物理的にも軽く、なおかつかさばらないので今回のギフトイメージにぴったり。

一般的なガーゼケットは、同じガーゼ生地を重ねて縫い合わせるだけの製法ですが、 ichiori gauze(イチオリガーゼ)は数種類の糸を使った異なる5層の生地で出来ており、更にそれらを一緒に織り込むことで、空気の層を作り出しています。その層は通気性を良くし、適度な温度を保つ効果もあり、夏は1枚でさらっと涼しく、冬は布団に重ねることでほっこりとした暖かさを作り出します。 
一年中快適な眠り心地のガーゼケット。汗ばむ季節にはさらりと、肌寒い季節には暖かく体を包むichiori gauze(イチオリガーゼ)の製品は、洗うほどに、気持ちいい肌触りになり、手放せなくなるガーゼ素材のタオルケットで愛着がわくものとなっていきます。

 

 

 

さっぱりを贈る:SAVONNIERE プティコフレ

 

 

 

バス周りのギフトでこの時期に人気なのが、SAVONNIERE プティコフレ。20gのミニ石けん3種類と泡立てネットのセットです。リボンがかかった箱を開くと、一つ一つ色違いの箱に入った3種の石鹸がお行儀よくセットされていて思わず「可愛い!」と声が上がりそう。お一人の方にはもちろん、仲の良い女友達3人で分けるというギフトシーンにもおすすめです。

SAVONNIERE (サヴォニエール)は、敏感肌でアトピーに悩んでいたマダム・マリアが、無農薬の天然素材のみを原材料としたナチュラルな石けんを開発したのが始まりです。 そのため、無農薬でナチュラルに、石油成分、合成保存料、合成着色料、合成香料を一切使用せず、原材料の成分を壊さないコールドプロセス製法で、一つ一つ時間をかけて作られています。 それぞれの植物成分が持つ個性を十分に引き出し、1ヶ月以上の熟成期間を経て、最も良い状態で完成します。SAVONNIERE (サヴォニエール)の石けんは、非常に高い保湿力を発揮し、洗顔後はしっとり潤ったなめらかなお肌を実感頂けます。 

 

 

健康を贈る:公長齋小菅(こうちょうさいこすが)の竹の道具4点セット

 

 

 

食べ物のギフトセットは選びやすい分失敗も少ないけれど、家族や友人へのギフトだとかえって無難すぎるかも?と疑問に思うなら、お料理を楽しむためのキッチンアイテムを贈ってみるのはいかがでしょう。毎日暑くて晩御飯の献立を考えるのが億劫で、今日も素麺。マンネリになりがちな夏のお料理事情に活力を与えてくれるキッチンアイテムなら、間接的に「健康」を願う気持ちを贈るということに繋がりそうです。

 

例えば、写真の竹の道具4種セット。中身は鬼おろし、御客箸10膳、しゃもじと、チャーハンべら。 すべて竹素材を活かした調理道具で、使いやすさ抜群です。チャーハンべらは、持ち手に角度をつけた炒めやすい形で、竹の丸みを活かしたへら先がフライパンの底や鍋肌に沿います。しゃもじは、手触り滑らかで気持ち良く、使い心地が嬉しくなる程。また鬼おろしは、普段なかなか買うに至らないものではありますが、夏料理の薬味作りに便利なアイテムです。御客箸もセットになっており、このセットが1つあると大人数で食事をする際に重宝するので、人を呼んでお料理をふるまうのが好きという方にぴったり。

 

 

自宅での快適を贈る:Le dd スリッパ Le dd DREAM blue

 

 

 

最後に、ちょっと変わり種のギフトアイテムを。こちらはLe dd(レディーディー)のDREAMスリッパ。不思議な質感と快適な履き心地が、「第二の皮膚」のようだと世界中で愛され、快適な履き心地が何足も揃えたり、洗い替え用を購入する評価のある製品で国内でも10年のロングセラー。その履き心地の良さから、ZUTTOスタッフの間でもファンが多いアイテムです。

 日頃スリッパに求める機能を全て盛り込んでいるのではないかと思う程、機能性に優れたLe dd(レディーディー)のDREAMスリッパは、真空状態のパッケージという見た目もかなりインパクトがあります。サイズ違いや他の色違いと自由に組み合わせができ、結婚祝いや引っ越し祝いなどの贈り物としてもおすすめ。薄いパッケージに入った姿からスリッパが出てくるとは想像がつかないユニークさがあり、包みを開けて「なんだろう?」から「スリッパだ!」となるまでのサプライズ感が演出出来るのも面白いですね。スリッパ本体がとても軽いので、家族へのギフトとして何足かまとめて送っても重さが抑えられるのも嬉しいポイントです。

 

 

贈り物のこころ感じる、夏の盛り

 

渋うちわ仏扇(ぶっせん)プレート 氷割 / 風鈴 スリム ゴールド / 五様ミニグラスセット

 

 

夏のお中元や年末のお歳暮など、日本には季節に合わせたギフトを贈るという文化があります。電話一本、メール一通で言葉を伝えることは出来る便利な暮らしの中で、相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら時間をかけてモノを選ぶという何とも奥深い行為。ちょっと億劫だけれど何か贈らなきゃ!と思いながら慌ててギフトを選ぶのではなく、「そういえば元気にしているかな」「家族みんなで使ってくれたら嬉しいな」という気持ちを起点としたギフトなら、何を贈ると良いか自ずと決まっていくものです。そんな時にヒントとなるのが、今回ご紹介してきた「軽さ」というキーワード。貰うのはもちろん嬉しいけれど、贈って喜んで貰うのもとても嬉しい。そんな贈り物の「こころ」を感じられるのも、日本の夏の醍醐味なのかもしれません。

 

 

▼「涼しく暮らす」ZUTTOの夏特集はこちら

 

 

▼シーンで選ぶ、笑顔が増える。ZUTTOのギフトアイテム特集はこちら



 

投稿者: 斎藤 日時: 2018年07月14日 11:00 | permalink

閉じる