メルマガ会員は、ずっと送料無料(一部地域除く)・最短で翌営業日発送します
新型コロナウイルスへの倉庫での対策について>>

 

自然の温かみを贈る、SONOBE(ソノベ)のめいぼく椀

 

 

「銘木(めいぼく)」と名付けられたSONOBE(ソノベ)のめいぼく椀は、長年ZUTTOで人気のギフトアイテムです。

 

日常の中で使われることの多い木製品。

その素材には、春に花開くサクラ、丈夫で美しい木目を見せるケヤキ、艶やかなメープル、重厚感のあるナラ…実に様々な銘木が使われています。

SONOBE(ソノベ)のめいぼく椀シリーズはそのほとんどが日本原産の銘木を使い、木工職人が丁寧に仕上げた木のうつわ。すべすべと滑らかな手触りや丸みを帯びた形、そして銘木の美しい色と木目を楽しむことができます。

 

 

 

ほかの木製食器と何が違う?

 

 

SONOBE(ソノベ)の母体である、薗部産業は神奈川県小田原市に創業した木工メーカー。山麓にある小田原は、箱根細工や小田原漆器に代表されるように、古くから木材を使った産業が発展してきました。現在も、木地加工から仕上げまで一貫して日本の職人が手がけています。

 

 

 

 

そんな職人の手仕事から生まれためいぼく椀は、どことなく心がホッとするような印象を受けるお椀。

素材にはサクラ、ケヤキ、ブナが使われており、それぞれ異なる木目を見ることができます。

 

サクラ:緻密な木肌に、優しげな木目と色合い。

ブナ:明るく感じられる白さと光沢感が特徴。

ケヤキ:比較的はっきりとした木目が現れており、すっきりとした佇まい。

 

なお、素材の特徴は本当に一点一点異なりますので、同じものがないことが天然の木材の特性とご理解ください。

 

 

めいぼく椀 さくら(小)

めいぼく椀 さくら

 

めいぼく椀 ぶな(大)

めいぼく椀 ぶな

 

一般的な汁椀と比べるとやや厚みがある作り。持ってみると手のひらにすっぽりと椀が収まるようになっており、それでいて、熱いものを入れても手にじかに伝わらないようになっています。そのため小さなお子さんが使うのにも安心ですし、ごろごろ具材が入った豚汁やシチューの盛り付けにも良いですね。

 

 

めいぼく椀 けやき(大)

 

 

表面は丁寧にやすりがかけられているので、「すべすべ」という表現がぴったり。ウレタン加工が施されているので、汚れがつきにくく、水弾きが良いので、匂いがつきやすいこってりとした料理にも使えるのもポイントです。

 

 

ギフトに人気のひみつ

 

 

めいぼく椀がギフトに選ばれる理由には、サイズが多いことやペアセットで贈りやすいという点があります。

 

めいぼく椀 ぶな(大)

 

大・中・小の3サイズに分かれためいぼく椀。ご家族分をサイズ違いで揃えても良いですね。

・大サイズは豚汁やお茶漬け、シチューや丼ものなどにぴったりで、たくさん食べる大人の男性の方向けにもおすすめ。

・中サイズは男女ともに汁椀として使いやすいサイズ。

・小サイズはお子さん向けの汁椀のほかに、アイスクリームやヨーグルトを入れたデザートカップとしても便利です。

 

 

めいぼくボウル さくら(大)

めいぼくボウル さくら

 

このほかに、高台の付いていない、めいぼくボウルもございます。こちらはスープのほか、サラダや副菜の盛り付けにも便利。

 

めいぼく椀セット さくら(大と中のセット)

めいぼく椀セット さくら

 

また、めいぼく椀セット さくらは、大・中の2サイズのうつわがセットになって、箱に収められたアイテム。ギフトとして選びやすいペアセットは、結婚祝いのプレゼントとして人気。主張しすぎない木製のうつわは、和洋を問わず、様々なお料理に合うので、毎日使える便利なアイテムとして、プレゼントに選ばれています。

 

 

▽SONOBE めいぼく椀はこちらから

 

▽ギフトページでギフトを探す

 

 

投稿者: 植田 日時: 2019年09月06日 11:00 | permalink

閉じる