メルマガ会員は、ずっと送料無料(一部地域除く)・最短で翌営業日発送します
新型コロナウイルスへの倉庫での対策について>>

 

冷え性女性が喜ぶ、あったかグッズ。寒い冬を元気に乗り切って欲しいから、贈りたいモノ。

 

身の回りに、冷え性の女性はいませんか?冬はもちろん、秋口からすでに指先が冷たい、何重にも着込んでいる、冬場は体調が優れないことが多い。そんな症状と毎年戦い、でも病気ではないから根本的に治すことも出来ずに冬が辛いと感じている・・・。

 

冷え性は女性に多い症状ですが、女性は男性に比べると筋肉量が少ないので、自分の体の体温を上げるのが難しいことが原因だと言われています。身体中の血液を隅々まで届けるのも筋肉の役目なので、その筋肉が少ないと四肢の末端まで血流が届きにくく、手先足先が痺れたように冷たくなっていくのです。

 

それに加えて、女性は冬でもファッションのためにスカートを履いたり、薄着をしたり、肩こりになるからと重ね着を避けたり、そんなことからくる冷えもあるのです。

 

フェアアイル ポンチョ

 

 

冷え性の女性に、贈るもの

 

冷え性の女性にプレゼントを贈るなら、どんなものが良いのでしょうか?

女性から贈る場合、「同じ女性同士、冷えの辛さが分かるから、一緒に冬を乗り切ろう」という気持ちを込めて。男性が贈る場合、彼女や妻が「冷えで辛そうなのを見ていられないから、暖かくして元気に冬を過ごして欲しい」という想いが伝わる贈り物にしたいですね。

 

今回は、「自宅」と「外出時」で分けて、冷え対策アイテムをご紹介していきます。

 

自宅での冷え対策

 

リビングは暖かくても廊下は寒い。そんなお家は多いはず。リラックス出来るはずの自宅でも冷えに怯えて伸び伸び出来ないのは本当に辛いこと。まずは家の中の気温差を埋めるもの。寒さを感じると体が強張るので、自宅にいる時はそれを解放してリラックス出来るよう、血流の流れを妨げない「ゆるめ」もキーワードです。

 

・足元が寒い!:必要なのは、スリッパ

 

冷気は足元に溜まるので、当然ながら足先が冷たい、という症状の方が沢山。スリッパを極上の暖かさのものにして、冷気から徹底的に守りましょう。

 

 

COLDBREAKERの、もこもことしたウール100%のスリッパ。見るからに暖かそうですが、足を入れてみたその瞬間から本当に暖かいです。アッパー部分も、内部ももこもこふわふわのウールふんだんに使っています。履いてみると、まるでどこかのキャラクターの着ぐるみの足元のようなボリュームに最初は驚きますが、このふっくら具合が気持ち良いですよ。

 

ルームシューズ SIBERIAN PINK

 

実際に、冷え性でCOLDBREAKERのスリッパを購入したスタッフにおすすめポイントを聞いてみました。

「去年の冬に、オフィスのフローリングが冷たくてリネン素材のスリッパからこのウールスリッパに変えました。暖かさは保証します!結局、冬だけでなく夏の冷房対策としても使って、1年中これを履いていました。毎日履いていたので、さすがにちょっとウールがへたってきましたが、今年の冬もお世話になるつもりです。」

 

また、暖かさとは別のところで良いなと思ったのが、シューズタイプなので来客や宅配ドライバーが来たとき、玄関に小走りしても音がしない点。自宅に長くいる女性であれば特にその良さを実感してくれるはずです。

 

 

・座っている時のおしりが寒い!:必要なのは、フェルトのチェアパッド

 

冬はフローリングにそのまま座るのははばかられるもの。床暖房が理想ではありますが、そうは言っていられないので冷たくなるおしりを暖めるものを。ZUTTOとしては、undyed+(アンダイドプラス)のフェルトチェアパッドをおすすめします。

 

フェルトのチェアパッド

 

しっかりと厚みのあるフェルトチェアパッドは、床に座ってテレビを見たりストレッチしたり何か作業する時にそっとおしりの下に敷いて。チェアパッドという名前ですが、椅子の上に置くだけでなく、座布団代わりになるのが頼もしいところです。

 

フェルトのチェアパッド

 

使用しているチベット羊毛は厳しい気候の中で遊牧生活を続けた土着の羊のもの。絨毯に適した丈夫で長い毛は、時間とともに特別な光沢を帯びてきます。羊毛は水をはじく性質でありながら吸湿性も抜群。何度踏まれてももとの柔らかさを取り戻すことができる優れものです。

 

フェルトのチェアパッド

 

 

・お風呂後のルームウェアスタイルが寒い!:必要なのは、ガウンやケープ

 

お風呂の後にパジャマやルームウェアに着替える方が多いと思いますが、暖かいお布団に入るためのウェアなので薄手のものがほとんど。そのまま部屋で過ごしていては寒さを感じてしまいます。カーディガンやガウンを羽織って暖を取りましょう。

2アイテムをご紹介します。

 

1.かたをつつむケーブル編みケープ・226(つつむ)

かたをつつむ ケーブル編みケープ

 

その名の通り、すっぽりかぶって肩を包み込んでくれるケープ。他ではなかなか見ないアイテムで、贈り物におすすめです。このアイテムの良いところは、首をきちんと暖めてくれるところ。首には頭を支える筋肉があり、首から肩にかけて温めることが体全体の冷え対策にも良いと言われています。付けタートルネックのようで、可愛らしいですね。

 

かたをつつむ ケーブル編みケープ

 

また、肩と背中を暖めてくれながら、手先はフリーなので家事をしやすい、という利点も。寝る前にちょっとリビングを片付けたい、洗い物が残っていた、ということはよくあります。そういう時にわざわざ脱がなくても取りかかれる良さがありますね。

 

 

2.ポケット付きショール・LAPUAN KANKURIT/KLIPPAN

ポケットショール

 

ポケットショール ブロックチェック

 

ブランケット素材の厚手のウールにポケットが付いた、今や定番となった室内での防寒着。やはり抜群の暖かさを誇ります。肩からかければ、首・肩・背中・腕を満遍なく暖めてくれます。ポケットが付いているのは、家の中でもスマホを持ち歩きたい人にとってはありがたいですね。

 

ストール シャーンスンド ネイビー

 

こちらのタイプ、ZUTTOのスタッフにも愛用者が多いのですが、自宅で使用しているスタッフによると、

「羽織ることが基本的な使い方ではありますが、ソファに座った時には肩から外して膝掛けにしていますし、寝る時には足元にかけています。起きたらパジャマの上からこれをまた羽織って、活動開始、という感じ。真冬の家の中では大体このショールと一緒にいますが、色々な使い方が出来るのがお気に入りポイントです。大判なので家事の間はちょっと邪魔だなと感じることもありますが、割とラフに扱っても丈夫ですよ。」

 

ストール オーレ

 

 

・ベッドに入ってもしばらく寒い!:必要なのは、敷くブランケット

 

スロー(130×200)キルト

 

ブランケットというと、布団として体の上にかける使い方が一般的。でも、冷え性の人にしてみると、湯たんぽでも入れない限り入ったばかりの布団の中はシーツの冷たさがこたえます。つま先だけでなく、シーツに接している体全体がゾクゾクするので、どうにか設置面積を狭めようと丸まってみたり。そんなことをしなくても暖かさを手に入れるためには、ブランケットを「敷く」ことです。

 

こちらも、ZUTTOスタッフより。

「柄の可愛らしさに惹かれて購入したKLIPPANのブランケット。やはり柄を見せたいので当初は羽毛布団の上からかけていたのですが、布団の中を暖めたくて思いきってブランケットを敷いてその上に寝てみたんです。そうしたら背中もおしりも脚も暖かくて病みつきになりました。真冬はこの方法で、布団に入ったばかりでも冷たさを感じません。」

 

ブランケットをベッド全体に敷くにはシングルサイズのブランケット(130×180cm)またはスロー(130×200cm)がおすすめです。 

シングルブランケット(130×180)LAKE IN THE VALLEY ネイビー

 

 

外での冷え対策

 

お出かけが憂鬱になってしまうくらいの冷え性の人に大事なのは、空気の層を意識した重ね着と、「首」が付く箇所を冷やさないことなのだとか。適度な重ね着をすることで空気の層を重ねて、暖かさを身にまとうように。その時血流を妨げないよう「締め付けないこと」が大事で、ゆとりのあるサイズのものを重ねてくださいね。

 

・無防備な首が寒い!:必要なのは、付け襟

 

ネックウォーマー manon(NATURAL)

 

首に巻くものといえばマフラーですが、冷え性の方はマフラーは数多く持っているかと思います。そこで、珍しい付け襟風のネックウォーマーはいかがでしょうか。

 

pcnq(パークニック)のネックウォーマー manonは、単にニットの生地を筒状にしただけのネックウォーマーではなく、「付けタートル」としてすっぽり被って使うことができます。身につけてみるとクシュっとした形になり、ぐんとおしゃれな見た目になります。

 

ネックウォーマー manon(NATURAL)

 

コートとの隙間がなくなるのでマフラーと比べても風を通しにくいですし、走ってもかがんでも、ずれないのが良いですね。外出先での着脱のしにくさはありますが、それを差し引いても、マフラーとはまた違う贈り物としてとても素敵です。

 

 

・スカートを履いた時にスースー寒い!:必要なのは、腹巻きやインナーパンツ

 

寒くても、女性はファッションや仕事でスカートを履くことも当然あります。下にストッキングやタイツを履いていても、どうしてもスカートに入ってくるスースーと冷たい風は辛いもの。内臓が集まっているお腹や腰を冷やすと更なる冷えにもつながってしまうので、タイツの上に一枚、あったかパンツを履きましょう。

 

天衣無縫の「ヤクおやすみニットパンツ」は、就寝中だけでなくお出かけの時にも使えます。

ヤク おやすみニットパンツ

 

ヤク おやすみニットパンツ

 

小さく見えますがリブ編みでびよーん、と伸びますので窮屈感もなく、冷え性の人を優しく包んでくれます。履いた時の丈は1-2分丈といったところで、ミニスカートが好きな方や、制服の丈が膝上くらいの方におすすめです。

素材はヤクとオーガニックコットンの混紡素材。ヤクの毛はチクチクしにくく暖かいですよ。

 

 

また、ロングスカートがお好きな方には、もう少し丈の長いあったかパンツでさらに暖かさを。

ウール・シルクショーツ

 

joha(ヨハ)の「ウール・シルクショーツ」は太ももが半分隠れるくらいの3分丈パンツです。薄手で、スカートだけでなくワイドパンツの下に履いても響かないのが嬉しいですね。こちらはウールとシルクのミックス素材なのでしっとり・さらりとした肌触り。(お色味によって多少肌触りは異なります)

ウールは季節と体温の状況に合わせて保温効果や吸水効果を発揮し、常に丁度良い体温を保つことが出来ると言われていて、夏でも冷房対策としてお使いいただけます。

 

ウール・シルクショーツ

 

 

・化学繊維のインナーを着ても暖かくない!:必要なのは、天然素材のインナー

 

なんとなく暖かそうで、手に取りやすいお値段だということもあり化学繊維のインナーを着ているけれど、実際のところ暖かいのか実感がないまま着続けている、という方多いかと思います。そんなインナーを天然素材であるウールに変えてみたら、より快適な暖かさが待っているかもしれません。

 

綿ウール丸胴 長袖ハイネック

 

ZUTTOオリジナルの「綿ウール丸胴 長袖クルーネック」は、ウール20%・コットン80%の素材。3シーズン使えるように考えられた割合で、肌が弱くウールが苦手な方にもご愛用いただける一枚となっています。

 

綿ウール丸胴 長袖ハイネック

 

愛用しているスタッフによると

「伸縮性のある編み方なので着てみると程よくフィットします。私は首元が寒いのが苦手なのでハイネックタイプを選びましたが、上にセーターを着た時に出る首のリブ部分が綺麗で気に入っています。丸胴インナーで、脇に縫い目がないので肌に当たらず、こういうフィット感のあるインナーだと特にそのありがたみが分かりますね。」 

 

綿ウール丸胴 長袖ハイネック

 

 

 

 

 

■ ZUTTOのオリジナルラッピングについて

■ ラッピング・メッセージカードの指定方法を見る

 

 

▼クリスマスプレゼント特集はこちら

クリスマスプレゼント特集

投稿者: 丸山 日時: 2019年12月18日 11:00 | permalink

閉じる