期間限定送料無料中(一部地域/アイテム除く)・最短で翌営業日発送
父の日特集はこちら >>

 

ウィンドブレーカーで雨に負けないお洒落を楽しむ

 

 

今日は、長傘にしようか、折りたたみ傘にしようか。

朝の天気予報を見て降水確率とにらめっこしながら、

何を着よう、靴は、鞄は…と雨対策をあれこれ考えるのは雨の日の恒例行事。

雨具といえば傘ですが、長傘、折りたたみ傘、レインブーツという雨の日リストに

「ウィンドブレーカー」というアイテムを加えてみてはいかがでしょうか。

軽やかな着心地で防水性も高く、ちょっとした小雨なら傘いらず。

アウトドアウェアとしての認識が強いウィンドブレーカーですが、

実はファッション性が高く、気持ちまで明るくしてくれるようなお洒落なブランドも存在します。

暗くなりがちな梅雨時期の装いにパッと彩りを添えてくれるような

K-WAYのウィンドブレーカーを取り上げて、その魅力をご紹介します。

 


 

 

 

その名の通り、ウィンドブレーカーは風を通さない素材で出来ているので

強い風の日でも臆せずに外を歩ける強い味方。

ジョギングやテニスをしている人が、スポーツウエアの上から着用しているのをよく見かけますね。

そんなウィンドブレーカー、防寒性もあるという点で、

冬に着るものというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

もちろん、秋から冬にかけて着ることを想定して

裏地が付いていたり、厚手の生地を使用していたりと、

そういった特徴を持つウィンドブレーカーもたくさんあります。

しかし、薄手の生地を使用したウィンドブレーカーなら春から秋にかけて

服の上から羽織るのに、とてもおすすめなのです。

防水性を謳ったウィンドブレーカーなら、梅雨時期にもぴったり。

日本では、「雨が降ったらとにかく傘」。そんな風に思いがちですよね。

折りたたみ傘を持たずに家を出てしまって、パラパラと雨が降ってきた。

間に合わせでビニール傘を買ってしまおう。

そんなことを繰り返すうちに、お家の傘立てにはいつ買ったのか覚えていない

透明のビニール傘がたくさん溜まってしまっている…。

そんな経験、誰しもあるのではないでしょうか。

折りたたみ傘を常備するに越したことはないですし、

手軽に買えるビニール傘ももちろん便利です。

でも、「雨具」の選択肢の一つに、ウィンドブレーカーを加えてみたら、

雨の日がちょっと快適になるかもしれません。

 

 

 


 

 

【一般的なウィンドブレーカーの構成繊維とは?】

​ウィンドブレーカーといえば、その名の通り風を通しにくい素材のウエア。

主な素材として用いられるのはナイロンで、

ナイロン100%のものもあれば、一部にポリエステルや綿(コットン)素材を混紡したものもあります。

ナイロンは、軽くて弾力性に富む、シワになりにくいという特性があるので

アクティブに使用するウィンドブレーカーにぴったりの素材です。

基本的には「防風」を目的としてパーカータイプのものが多いですが、

アウトドアや登山に使用するために生み出されたウィンドブレーカーの中には

より「防寒(保温性)」を重視したものもあります。

そういったウエアの目的によっても、生地の組成は異なってきます。

コットンやポリエステルが入ることで、質感や重さ、お手入れ方法も変わってきますので

ウィンドブレーカーを選ぶ時は、生地の組成もチェックするようにしましょう。

 

【自宅で洗濯出来る?】

雨に直接当たったり、湿度の高い中での移動で汗をかいたりと

汚れが気になるのも、ウィンドブレーカーにはよくあること。

今回ご紹介したK-WAYの場合、30度以下の水温で、洗濯機洗いが可能です。 

ウィンドブレーカーは目の細かいナイロンを使用しているので、水を防ぎます。

これはK-WAYに限ったことはないのですが、

水洗いしている最中に洗濯機の内側にウィンドブレーカーがぴったりとくっついて、

思いがけない破損や洗濯機の故障につながる場合もあるので、

洗濯ネットに入れるか、心配な場合は手洗いするのが安心です。

また、タンブル乾燥・ドライクリーニングは避けるようにしましょう。

 

 

 

写真のカラフルなウィンドブレーカーは、海外ブランド「K-WAY(ケーウェイ)」のもの。

いまでもフランス、イタリアでは、子供たちの遠足の持ち物リストには

必ず、この「K-WAY」が入っているのだそう。

そんなK-WAYの特徴をずらりと並べると、こうなります。

 

1.撥水性・透湿性・防風性に優れたナイロン100%。 

2.薄くて軽いので、身動きしやすく、持ち歩き時も嵩張らない。 

3.背中には通気穴があり、蒸れにくいつくり。 

4.縫製部分は内側から止水テープを施し、耐浸水性をさらに向上。 

5.雨の侵入を防ぐ、袖口ゴム仕様。 

6.フードや裾はドローコード付きで、フィット感を調整可能 。 

7.右ポケットをひっくり返すようにして小さく纏められる、パッカブルタイプ。 

8.内蔵ゴムベルトで、ヒップバッグのように固定可能。 

 

 

「防水加工をしたジャケット」として辞書にも掲載されているくらい

レインウェアとして認知されているそうなのですが、

雨具としても重宝する機能性に加えて、K-WAYを特徴づけるのが7番目に挙げた「パッカブル」という仕様です。

パッカブルとはつまり、折りたためるということ。小さく畳んで鞄の中にすっぽり収まるので

折りたたみ傘をポンと入れる感覚で、鞄の中にアウターを常備することが出来ます。

他のウィンドブレーカーでも、小さくたたむことは出来るのですが

鞄に入れて携帯しようとすると、どうしても鞄の中で広がって煩わしいもの。

K-WAYは、写真のように小さく折りたたんで右ポケットを裏返すと

全体が中に収納出来る仕組みになっているので、小さくまとまります。

実際にやってみると折りたたむのにちょっとコツがいるのですが、

たたむととてもコンパクトになるので、アウターを1枚持つのが苦になりません。

腰に付けられるストラップが付いているので、

街歩きにはもちろん、アウトドアやちょっとしたハイキングでも身軽に携帯出来ますよ。

 

 


 

 


K-WAYのウィンドブレーカーはユニセックス対応ですが、

「WOMEN パッカブル ウィンドブレーカー」という名の女性向けシリーズもあります。

基本的なデザインは同じですが、着用時のシルエットが微妙に違っています。

こちらの写真は、ユニセックスタイプとレディースタイプの同じサイズ(XS)を重ねたところ。

身幅や肩幅も若干細めに作られているのですが、それよりも腕の部分にサイズの違いがあります。

上に重ねたレディースタイプの方が袖丈が短く、幅もキュッと締まっているのが分かりますね。

女性だと、どちらを選べば良いのか迷ってしまうものですが、

下に厚手のトップスを着る秋冬を含めて、1年を通して着たい方や

ゆったりとしたシルエットでカジュアルに着たいという方はユニセックスタイプを、

ぴったり目でスリムなシルエットがお好きな方はレディースタイプを選ぶのがおすすめです。

 

 

 


 

 

K-WAY(ケーウェイ)は1965年にパリで誕生したレインウェアブランド。

突然の雨で濡れて走る人たちを見たデザイナーが、

突然の雨にも対応できるレインウェアをという想いから考案。

コンパクト、軽量、高い防水性、お洒落なデザインという、

理想の形を追い求めたレインウェアは、タウンユースにはもちろん

ヨット、スキー、登山などの過酷なシーンを耐えうるアイテムとして

スポーツを楽しむ人々にも愛されてきました。

そんなK-WAY(ケーウェイ)のレインウェアは、

本国フランスでは子供達の遠足の必須アイテムとして

持ち物リストにも載るほどの定番品なのだとか。

「K-WAY持った?」というのが遠足の日の合言葉になっているそうです。

それだけ身近なものとして愛されているレインウエア。

日本の梅雨や秋雨シーズンの、心強い味方になってくれそうです。

 

 

 

投稿者: 斎藤 日時: 2016年06月09日 11:00 | permalink

閉じる