メルマガ会員は、ずっと送料無料(一部地域除く)・最短で翌営業日発送します
新型コロナウイルスへの倉庫での対策について>>

 

ニットでつくる、ほっこりあったか冬の装い

 

朝起きて感じる、ヒンヤリとした空気。

今日は、あの暖かいお気に入りのニットを着て行こう。

 

その日着る洋服は、その日の天気や気温と相談しながら

決める方が大半だと思いますが、冬の寒い日はニットを

手にすることが多くなりますね。

ふわふわと手触りが良く、着ると包み込まれるようなあの感覚。

やっぱり冬にはお気に入りのニットがないと、お洒落を楽しめません。

 

しかし、一言にニットと言ってもウールやヤクなどの素材、

スッキリと着るコンパクトシルエットやビッグシルエット、

色柄、編み模様など千差万別です。

この冬のお気に入りニット、もう見つかりましたか?

ZUTTOでご紹介している数々のニットアイテムの中から、

ほっこりと暖かい冬の装いをお見せします。 

YAK ロングカーディガン

 

まず、「ニット」の定義を明らかにすると、

ニットとは素材や形状にかかわらず、「編み物」の総称です。

編み物とはつまり、1本の糸でループを作りながら作り出される生地のこと。

冬によく身に着けるセーターやカーディガンもニットですし、

マフラーや帽子も、編み物であれば「ニット」。

さらには、夏に着るTシャツなどのカットソーも、綿糸を編んだ

ニットであることに変わりはないのです。 

 

とは言え、ニットと言えば冬の洋服を連想しますよね。

冬のニットは、素材によっても区別されることが多く、

羊の毛を使ったものであればウールニット、

アルパカの産毛を使用したアルパカニット、カシミアニットなど

様々な素材の中から自分に合った肌触りや着心地のニットを

選ぶことが出来ます。 

S703 Birdseye Jacquard マフラー

 

ここで、ニットのメリット・デメリットについて考えていきます。

メリット:伸縮性

先述したように、ニットはループにした糸を連続して編むことで

生地にしていくものです。縦横両方のループが存在し、

それらは伸縮性を併せ持っているので、ニット製品は身体に沿って伸縮し

程よくフィットする特徴がありますね。

また、それにより優しいラインが生まれ、着る人の雰囲気にも影響します。 

シェットランドウール ジップアップジャケット

 

デメリット:伸びる、型崩れ

メリットである「伸縮性」は時にデメリットにもなります。

ニットは伸びすぎてしまうと、元の形を保つことが出来ず型崩れを起こします。

何度も脱ぎ着をするうちによれてくる首元、

何気なく腕まくりしてしまう袖口はニットが伸びやすい箇所です。

また重いものや目の粗いニットは、ニット自体の重みによっても

伸びてしまうので、ハンガーに掛けて干したり保管することはNGです。 

 

ニットはなぜ暖かい?

ニットの暖かさの要因は、生地の特徴である「ループ」にあります。

連なるループが空気を含み、更に内側に空気の層を抱え込むために

ニット製品は織物に比べて暖かいと言われています。

そこに更に、ウールやカシミアなどといった素材そのものの

保温性や吸湿性が加わり、またそれぞれの産地やランクという

区別も相まって、同じニット製品でも異なる暖かさや手触りが生まれます。 

 

 

普段何気なく着ているニットについて、少し理解を深めたところで

ここからZUTTOでご紹介しているニットを、特徴ごとにコーディネートしていきます。 

 

クルーネック プルオーバー accent colorレッド

モデル身長:157cm

ニット:NORMAN TULLOCH/クルーネック プルオーバー accent colorレッド

バッグ:ZUTTO/2way スクエアバッグ ブラック

スニーカー:pras/SHELLCAP HIGH KURO/OFF 

 

発色が綺麗な、NORMAN TULLOCH(ノーマンタロック)のニット。

トップスが鮮やかな分、スカートやバッグ、シューズなどの小物は

トーンを抑えめでコーディネートしました。

ニットは横幅や腕まわりに余裕があるので、

裾を少しボトムスに入れてバランスを取っています。 

クルーネック プルオーバー accent color

NORMAN TULLOCHはセーターやウール小物の本場として名高い、

シェットランド諸島で育てられた羊の原毛で糸を紡績し、

糸から製品まですべてシェットランドで製造することにこだわっています。

ニットの表面をほわほわと起毛させた加工により柔らかい、女性らしい質感です。

シェットランドウールは一般的なウールに比べ肉厚で

しっかりとしていますが、その割に軽い着心地です。

持った時の弾力性に驚くほどで、そのためシワになりにくいのも特徴です。 

 

 

シェットランドウール ジップアップベスト

モデル身長:157cm

ニット:Kanata/シェットランドウール ジップアップベスト

インナー:M.B.L/ドロップショルダー バスクシャツ(MARINE/ECRU) 

 

ざっくりとしたニットベストは、ボーダーとデニムを

合わせて思いきりカジュアルに。

斜めバッグを持てば、旅先でも軽快に動きまわれる

コーディネートになります。

ベストとはいえ、身につけると十分に暖かさを感じますが、

その秘密はシェットランドウールを使用しているから。

高さのある襟もまた、防寒のポイントで

まるでマフラーを巻いているように暖かです。 

シェットランドウール ジップアップベスト

ふかふか、ざっくりとした編み目が特徴のKANATAのニットウエア。

カナダの先住民が伝統的に編んでいたとされるカウチンセーターのデザインを継承し、

カウチンセーターの代名詞的ブランドとしてのその地位を築いています。

水をも弾くほど、強度の高い毛糸を使い、冷たい空気を遮断し体温を保ってくれます。

冬に欲しい服の要点を抑えたKANATAのニットウエアは、

寒い土地で作られたアイテムならではの魅力が詰まっています。 

 

 

メンズ A3834長袖Vネックプルオーバー(RACING GREEN)

モデル身長:157cm

ニット:JOHN SMEDLEY/メンズ A3834長袖Vネックプルオーバー(RACING GREEN)

パンツ:FOB/スリムストレート デニムパンツ(2017年販売開始予定)

ネックレス:TO LABO/SECTION PENDANT

バッグ:PATRICK STEPHAN/【別注】3way レザーポシェト'enveloppe' BROWN

シューズ:chausser/MUKAVA インウエッジヒールシューズ BR 

 

メンズサイズニットのSサイズを、女性がオーバーサイズ

気味に着てもかわいらしく仕上がります。

肩のラインが少し落ち、腕が少々長いですが、ゆったりとしたシルエットに。

メンズサイズを着る場合は、アクセサリーやバッグ、

シューズなどの小物を女性らしいものでまとめるのが良いようです。 

メンズ A3834長袖Vネックプルオーバー

JOHN SMEDLEY(ジョン・スメドレー)のVネックニットは

ブランドの代名詞的なアイテムです。

浅めのVネックの絶妙な開き具合や、

ひと目でわかる上質感は「SMEDLEYの浅V」と称される程。

細やかに編み上げられたニットはファインゲージニットと

呼ばれており、柔らかく細い糸を美しく編み上げられた姿が魅力です。

編み地が細かいので独特の艶を持ち、美しいシルエットを作ります。

 

 

 

YAK Vネックプルオーバー(BLACK)

モデル身長:157cm

ニット:C.T.plage/YAK Vネックプルオーバー(BLACK)

インナー:twine/長袖Uネックカットソー生成

パンツ:ZUTTO/コットンウールデニム ワイドパンツ (navy)

ネックレス: I.Ronni Kappos/ネックレス1479

シューズ:chausser/plus by chausser レースアップシューズ BL 

 

深めのVネックは、合わせるインナー次第で

様々な表情を作ります。

シンプルなUネックのインナーを合わせる場合は

大きめのネックレスでインパクトをプラス。

横幅が広めのゆったりとしたシルエットのニットですが、

このようにワイドパンツを合わせてもぼってりとした

印象にならないのは、このニットの肩部分が下にストンと

綺麗に落ちるラインで、横に広がって見えないため。

あわせて、裾のラインを直線でなくアーチを描くような

デザインにしているため、洗練された印象です。 

YAK Vネックプルオーバー

ヤクの毛90%のニットはとても暖かく、かつチクチクしないのが特徴です。

ふかふかと厚みがあるニットは身に着けていてとても気持ちが良いですよ。

幅広でたっぷりと毛を使っているのに着るとスッキリとした

シルエットで、横から見た時にも綺麗な立体感があります。

腕は少々長めのデザインで、その分暖か。

デザイン、肌触り、着心地、どれを取っても秀逸で、何年でも大事に

着続けたいと思える、そんなニットです。 

 

 

A3837長袖クルーネックカーディガン

モデル身長:157cm

ニット:JOHN SMEDLEY/A3837長袖クルーネックカーディガン

パンツ:ZUTTO/シェットランドウールリネン ガウチョパンツ(grayish mocha)

スカーフ:angelo stanganini/【別注】スカーフ 43×43(オレンジ)

バッグ:Zatchels/サッチェルバッグ 14.5/Navy

シューズ:chausser/plus by chausser レースアップシューズ BL

 

カーディガンの上にカーディガンを合わせる、

なんとも贅沢な着方もおすすめです。

下のカーディガンは、インナーのような感覚でボタンを全て留め、

上に羽織るカーディガンはワンサイズ上にするともたつかずすっきりと決まります。

上の画像は、両方ともJOHN SMEDLEYの長袖クルーネックカーディガンを

合わせていて、素材感や厚みが同じアイテムだからこそ、

色が違っていても統一感があります。 

A3837長袖クルーネックカーディガン

JOHN SMEDLEYのニットの肌触りはまさに「さらさら」とした質感。

ウールなのにチクチクと感じる心配はなく、袖口や裾、

身頃と袖口の継ぎ目といったパーツも、丁寧に編み上げられているので

袖を通すと身体にしっくりと馴染んでくれます。

カーディガンとして定番の形をしているので、どんな年代の方も

違和感なく着ることが出来ます。 

 

 

ノーカラージャケット(Latte x Marine)

モデル身長:163cm

ニット:Letroyes/ノーカラージャケット(Latte x Marine)

パンツ:ZUTTO/ダブルジャカード テーパードパンツ(black)

マフラー:CARRAIG DONN/ストール

バッグ:TRICOTÉ/パイナップルバッグ(39 NAVY)

ジャケット型カーディガン、というのもなかなか珍しいアイテムで、

カジュアルな小物を合わせても上品な雰囲気が出ます。

ニットはホワイトベースの、ネイビーパイピングの配色なので

中にはボーダーを合わせて冬のマリンスタイル風に仕上げました。

ジャケット型なのにニットなので着心地は柔らかで

肩まわりも強ばらず、楽なスタイリングが出来るのが嬉しいですね。 

ノーカラージャケット(Latte x Marine)

アルパカとウール混で暖かさは折り紙付き。

もこもこ、くるくるとしている毛足がかわいらしい印象で、

スカートとのエレガントなスタイルは勿論、

デニムを合わせればカジュアルでも楽しめます。

LETROYESはフランス・シャンパーニュ地方の老舗の

ファクトリーから、2009年にデビューしたニット・カットソーのブランド。

こちらのジャケットは技術力を磨いた中国の協力工場での生産ですが、

フランスのブランドならではの上質な素材使いや洗練された

フィッティングを持ち、新しさと共にどこかノスタルジックな雰囲気も漂います。 

 

 

・ニットにも、お休みの日を

1日身に着けたニット製品は、コートやバッグから受ける

摩擦で毛の流れが乱れている状態です。

また、人は冬でも汗をかきますので、ニットにも湿気がこもっています。

この状態のまま連続してセーターなどのニット製品を使用してしまうと、

毛玉が出来たり、匂いの原因になることもあります。

1日着たら、数日は休ませる、というローテーションを守るようにしてください。 

 

カシミア & ウールケア 洋服ブラシ

・ウールの基本お手入れはブラッシング

摩擦により乱れた毛の流れは、ブラッシングすることで整えます。

豚毛や馬毛などの天然繊維のブラシを使って、

手首のスナップをきかせながら軽くブラッシングしてください。

力強くかけてしまうと、毛をむしることになり風合いが損なわれるので

注意してくださいね。 

 

 

・スチームアイロンを駆使し、伸びを戻す

首元や袖口の伸びは、スチームアイロンを使ってある程度直すことが出来ます。

 

1.セーターやカーディガンなどの、伸びてしまった部分にアイロンの

蒸気をあてます。(アイロンは浮かせた状態でかけてください。)

 

2.蒸気をあてた部分の生地を手で持ち、伸びた分を戻すように握ります。

蒸気で熱を加えることで、ニットの毛足がほぐれ形を修復するイメージです。

(ヤケドにご注意ください。)

 

3.握って生地がよった部分に軽くアイロンをかけます。

様子を見ながら形を整えたら完成です。

 

※自己責任で、お試しくださいね。 

 

その他のお手入れコンテンツはこちら

日々の、ウール・カシミアケア

 

 

 

▼ニット・シャツカテゴリー

ニットカテゴリー

投稿者: 丸山 日時: 2016年12月13日 11:00 | permalink

閉じる