メルマガ会員は、ずっと送料無料(一部地域除く)・9/21-23の注文は24(木)発送
新型コロナウイルスへの倉庫での対策について>>

 

暮らしに寄り添う、KLIPPANの柔らかなコットンブランケット

 

「ブランケット」というと

冬に使うウール素材のものをイメージする方も多いかもしれませんが、

コットンのブランケットは、春〜秋にかけて

家の中や外で大活躍してくれます。

ZUTTOでも人気の、スウェーデンのブランケットブランド

KLIPPAN(クリッパン)には様々なサイズや柄が揃っていますので、

是非暮らしに合う1枚を見つけてみてくださいね。


 

<シュニールコットンとは?>

 

KLIPPAN(クリッパン)のシュニールコットンブランケットは

タオル生地とは違う、柔らかく優しい手触りが特徴です。

頰ずりしたくなるふわふわもこもこの生地が、しっとりと肌に馴染みます。

 

この吸い付くような肌触りの秘密は、使われている糸にあります。

シュニールコットン糸という、1本の糸の周りにモールのように

モコモコと短い毛が巻きついた糸(写真下)を使うことで、

ふわふわと柔らかい質感が生まれます。

このシュニールコットン糸を縦糸に使い、横糸には通常の細いコットン糸を

組み合わせて織り上げることによって、

しっとりとした仕上がりになっているのです。

 

<原材料にはオーガニックコットンを使って>

 

オーガニックコットンは、3年間農薬や化学肥料を使わず

栽培された農地で生産された綿花のこと。

KLIPPAN(クリッパン)では オーガニックテキスタイルの世界基準である

GOTS(Global Organic Textile Standard) 認証を

取得したオーガニックコットンを使用しています。

環境への負荷や化学肥料の残留が無いオーガニックコットンは、

出産祝いにも安心してお選び頂けます。

 

 

<あらゆる工程を経て作り上げられる一枚>

 

1879年の創業以来受け継がれた技術で、紡績と織工、染色、製造まで一連の工程を

全て自社で行うことで、高品質で変わらない製品作りを続けるKLIPPAN(クリッパン)。

シュニールコットンブランケットは、

2人の熟練インクマイスターが生み出した技術でコットン糸を染色し、

10台のジャガード織り機を使い織りあげられています。

その後、洗浄、乾燥、パイピングなど様々な工程を経て、

ようやく1枚のブランケットが出来上がるのです。

 

KLIPPAN(クリッパン)のシュニールコットンブランケットには、

シングル、ハーフ、ミニと3種類のサイズがあり、

用途によって最適なサイズをお選び頂けます。

左からシングルサイズ、ハーフサイズ、ミニサイズ


<シングルサイズ>

140×180cmの一番大きなシングルサイズ。

寝具としてお使い頂ける十分な大きさがあります。

肌に触れて気持ちの良い素材なので、夏はタオルケットとして直接掛けて、

またある程度の重みがあるので、春〜秋は軽い羽毛布団の上に掛けることで、

布団を抑えてくれるだけでなく、保温効果もあります。

 

またシュニールコットンブランケットは洗濯機で丸洗いができるので、

大切なソファを夏の間汗から守るために使うのにもいいですね。

また、表と裏で色が反転しているので、

気分に合わせて模様替えも手軽に楽しめます。

 

<ハーフサイズ>

肩にかけてちょうど良い大きさの90×140cm。

夏のお昼寝にちょっとお腹から脚の上にかけてというのにもちょうど良い大きさです。

 

洗濯機で丸洗いが出来るので、屋外でも気兼ねなく使えるのも

コットンブランケットならでは。

いつも車に常備しておけば、ピクニックの敷物やスポーツ観戦のひざ掛けなど、

急に寒くなった時などすぐに使えるので便利です。

 

<ミニサイズ>

ひざ掛けにちょうど良い70×90cm。

椅子の背もたれに置いても邪魔にならない

コンパクトサイズなので、いつでもそばに置いておけますね。

 

可愛らしい柄も多いので、おくるみや

クリップで止めてベビーカーのブランケットに、

子どものお昼寝にと、出産のお祝いにも喜んで頂けます。

 

サイズだけでなく、色柄が豊富なのもKLIPPAN(クリッパン)の特徴です。

自分用にも贈り物にも、どの柄が良いかなと

選ぶのが楽しくなりますね。

 


<mina perhonen(ミナ ペルホネン)とのコラボレーション>

今年で5年目となったmina perhonen(ミナ ペルホネン)とのコラボレーション。

他のブランケットにはない、絵画のような柄が特徴です。

今年の新柄は風景をモチーフにした柄。

お部屋がぐっとおしゃれな印象に変わります。

 

<シンプルで使いやすいパターン>

KLIPPAN(クリッパン)のブランケットに使われる柄は、

どれもモチーフはシンプルですが繰り返すことで、

動きがあるシックなパターンに仕上がっています。

左上:シャーンスンド、右上:サンバ、左下:リーフ、右下:リングス

 

伝統的なスウェーデンリネンからインスピレーションを受けた「シャーンスンド」を始めとして、

植物からイメージした柄、日本の「絞り」にインスピレーションを受けた柄など、

あらゆるところから着想を得てデザインされた柄は、

和洋問わずどんなお部屋にもしっくり馴染んでくれます。

 

<ギフトにも喜ばれるアニマル柄>

鳥、羊、ムース、クマ。

北欧の人たちにとって身近で大切な動物たちを

モチーフにした柄も長く人気の柄です。

左上:ヒツジ、右上:ムース、左下:Together、右下:バード

 

KLIPPAN(クリッパン)のデザインも手掛ける

デザイナーのベングト・リンドベリは、スウェーデンでも

特に自然豊かなスモーランド地方で育ちました。

彼はスウェーデンが大好きで、スウェーデンの伝統やその土地特有の

動物たちから、スウェーデンを表現したいと以前語っていたそうです。

 

ベングトが感じるように、スウェーデンでは自然や動物はとても身近な存在。

それは長く厳しい冬から春が訪れた時の爆発的な喜びや、

誰でも山に入ってベリー摘みやキャンプを楽しむ権利が国から

保証されているという文化、国民性が、そうさせているのかもれません。

 

KLIPPAN(クリッパン)のシュニールコットンブランケットは、

使うほどに柔らかくなり、型くずれしない丈夫さがあります。

 

左が新品、右が2年半程お洗濯をしながら子ども用に使用していたものです。

色あせもほとんどなく、ふんわりとした柔らかさは増して、

さらに肌に馴染むように優しくなっています。

 

<洗濯機で丸洗い>

汗をかく時期に使うものなので、洗濯機で丸洗いできるのは嬉しいポイントです。

ループがない織りなので引っ掛かりがなく、

タオルケットのように洗濯するほどに糸が出てきてしまうということがありません。

柔軟剤を入れなくても柔らかい質感が続きます。

 

 

今回は、KLIPPAN(クリッパン)のブランケットの中から、

これからの時期に活躍するコットン素材のものをご紹介しました。

暮らしに寄り添うお気に入りの1枚を見つけて頂けたら幸いです。

 

▽KLIPPAN(クリッパン)の商品一覧

 

 

▽アウトドアにぴったり、PENDLETON(ペンドルトン)のタオルブランケット

 

投稿者: 森 日時: 2017年05月03日 17:00 | permalink

閉じる