メルマガ会員は、ずっと送料無料(一部地域除く)・最短で翌営業日発送します
新型コロナウイルスへの倉庫での対策について>>

涼しく快適、サラサラ肌触りを叶えるサマーニット

 

涼しく快適、サラサラ肌触りを叶えるサマーニット

 

夏のファッションには、見た目にも、手で触れても涼しく快適な服が求められますが、この夏、ワードローブに加えたいのは「サマーニット」。ニットといえば思い浮かぶのはウール素材の秋冬ものですが、夏には夏の、適した素材で出来たサマーニットが存在します。サマーニットが作り出すTシャツとは違う品の良さ、織物のシャツともまた違う、その魅力をご紹介します。 

 

トップス:Fileuse d'Arvor/半袖ボーダーカットソー LAMANEUR

 

サマーニットの素材

 

KELE CLOTHING/APARINE ニットトップ

 

サマーニットによく使われる素材はコットン・リネンです。もちろん化学繊維もありますが、天然素材のほうが良い理由があります。

 

それは、

・肌にまとわりつかない肌触りの良さ

・通気性

 

汗をかく夏に肌に張り付いてベタベタと感じる素材は快適ではありませんし、ざっくりと編まれたサマーニットの通気性を邪魔しないのは天然素材、という訳なのです。 

 

サマーニットの良さとは?

 

ー 涼しげに見えるコーディネート 

 

KELE CLOTHING/ABUTILON ニットトップ

トップス:KELE CLOTHING/ABUTILON ニットトップ

バッグ:TOINO ABEL/バスケットS/BE

 

KELE CLOTHING/ABUTILON ニットトップ

 

柔らかさのあるサマーニットは、張りのあるTシャツやワイシャツと違い、そのシルエットも柔らか。程よく体のラインに沿うので綺麗で上品に見えますし、かと言ってニット独自の厚みもあるのでラインを拾いすぎることもなく、絶妙なシルエットを保ってくれます。Tシャツがサマーニットに変わるだけで、一気に大人の雰囲気になりますよ。

袖の長さが肘まであるサマーニットでも、ざっくり編みなら暑苦しく見えず、サラリとした質感を感じられるほど。ボトムスは薄い色合いのものを選び、かごバッグなどの夏素材を合わせると、さらに夏らしい季節感が出ます。

 

ー インナーとの組み合わせを楽しむローゲージ

 

ローゲージのサマーニットの楽しみの一つが、インナーとの組み合わせ。インナーをニットと同系色にしてさりげなく透けるのを隠すのも良いですし、あえて違う色を合わせてインナーを目立たせても素敵です。

 

KELE CLOTHING/APARINE ニットトップ

トップス:KELE CLOTHING/APARINE ニットトップ

サンダル:ITALO CARLI/ストラップサンダル BLACK

 

肩が大きく出るキャミソールタイプのサマーニットに少々躊躇する方でも、中にTシャツを着れば、レイヤードが楽しめるコーディネートになります。

 

KELE CLOTHING/APARINE ニットトップ

トップス:KELE CLOTHING/APARINE ニットトップ

麦わら帽子:DAY STROWS/麦わら775 ボンネット

 

アメリカンスリーブが特徴的なKELE CLOTHING(ケーレ クロージング)のAPARINE ニットトップ。一見するとシンプルなニットですが、よく見れば細部まで細やかに編み上げられている様子が分かります。中にチューブトップを着たり、上記のようにTシャツを合わせて、印象の違いを楽しんでくださいね。

 

ー 品の良さを叶える雰囲気とシルエット

 

ハーフパンツ RESSAC KHAKI

パンツ:Fileuse d’Arvor/ハーフパンツ RESSAC

 

カジュアルなイメージが強いハーフパンツなら断然、サマーニットが上品です。特に女性がハーフパンツを着る場合は、パンツの素材やその他の小物までカジュアルになってしまうと、大人っぽい雰囲気は出せません。例えばパンツをニット素材にして、足元はヒール、バッグはきちんと感もあるもので統一すれば、大人のおしゃれなスタイルに仕上がります。

 

Fileuse d’Arvor/ハーフパンツ RESSAC NAVY

 

Fileuse d'Arvor(フィールズダルボー)は、1927年にフランス北西部、ブルターニュの港町カンペールで創業した老舗ニットメーカーです。Made in Franceを維持することと長く愛用することにこだわり、多くの製品には伸び止めや補強が施されています。

 

ー 長く活躍するハイゲージ

 

S3926 24G SHORT SLEEVES

 

S3926 24G SHORT SLEEVES

 

目が詰まった、ハイゲージのサマーニットの特徴は「きちんと感」と「暖かさ」。袖を通すとその滑らかさが気持ち良い、JOHN SMEDLEY(ジョン・スメドレー)のニットTシャツ。細やかに編み上げられたニットはファインゲージニットと呼ばれていて、柔らかく細い糸を美しく編み上げた姿が魅力です。編み地が細かいので独特の艶を持ち、美しいシルエットを作ります。

 

S3926 24G SHORT SLEEVES

 

ぎゅっと目が詰まったハイゲージニットは、ローゲージに比べて保温性があるので、秋までの長い期間活躍してくれます。目が詰まっている分、ハーゲージニットは編み目から透ける心配もないので、安心して着られる素材でもあります。 

 

サマーニット、取扱いの注意点

 

ABUTILON ニットトップ

 

・汗ジミ対策も大事

 

ニットとはいえ、サマーニットを着る季節は主に夏。汗ばむ時期の着用なので、首元や脇などは汗ジミ対策も必要です。冬場よりこまめな洗濯を心がけてください。

 

・洗濯機よりも手洗いをおすすめ

 

サマーニットによっては洗濯機での洗濯が可能な場合がありますが、伸びや型崩れが気になる場合は手洗いがおすすめです。

ニットを優しくぬるま湯につけて洗濯用洗剤を入れ、軽く押し洗いをします。編み目が均一でなくなってしまうので、ゴシゴシ洗ったりせず、あくまでお湯の中で優しく押します。

 

洗濯成分が残ってしまうとシミや変色の原因となるので、しっかりすすいでください。この時も、お湯を何度か入れ替え優しく生地を押します。

軽く絞り、ハンガーにはかけずに平干しで、風通しの良い日かげに干してください。

 

・自重で伸びてしまうのを防ぐ収納を心掛ける

 

サマーニットの保管は、ハンガー掛けではなく畳んで収納してください。ローゲージニットほど、ニット自体の重さでどんどん伸びてきてしまうので、ハンガー掛けには注意してくださいね。

畳んで収納する時に気をつけたいのがシワです。何度も畳むとコンパクトになって収納しやすくはなりますが、その回数分シワになる箇所が増えますので1、2度畳む程度にしましょう。 

 

トップス:Fileuse d’Arvor/ポケットニットTEE

パンツ:ONEIL OF DUBLIN/リネンスウィングスカート DRESS GORDON

シューズ:MaTeS/スニーカー Tenis leather White

 

Letroyes/Thomas Shortクルーネック ニットTシャツ

トップス:Letroyes/Thomas Shortクルーネック ニットTシャツ

 

 

 

▽ハンガリー生まれのニットブランド KELE CLOTHING(ケーレ クロージング)

KELE CLOTHING

 

▽老舗のニットファクトリーが手がける Letroyes(ルトロワ)

Letroyes(ルトロワ)

 

▽美しいファインゲージニットを伝える JOHN SMEDLEY(ジョン・スメドレー)

JOHN SMEDLEY(ジョン・スメドレー)

投稿者: 丸山 日時: 2017年06月14日 11:00 | permalink

閉じる