【期間限定、送料無料中(一部商品、地域除く)】最短で翌営業日発送します
新型コロナウイルスへの倉庫での対策について>>

おろし生姜や鰹節まで。道具と器で、薬味を楽しむヒント

 

おろし生姜や鰹節まで。道具と器で、薬味を楽しむヒント

 

冷奴にはおろし生姜を乗せて、お醤油をたらり。

素麺には、香り高いミョウガと大葉。

食欲をそそる香りと風味をプラスしてくれる「薬味」は、

夏バテが気になるこの季節に欠かせない、食卓の救世主ですね。

そんな薬味、簡単に使えるチューブやパウチ入りの市販品もありますが、

せっかくなら食材から用意して、フレッシュな風味を楽しみたいもの。

今回は、薬味の素材を活かし、

風味豊かな味わいを感じることができる道具と器を特集します。

道具にこだわりを持つと、生姜はおろし金でおろすだけ、

胡麻はすり鉢でするだけでぐんと風味と食感が豊かになりますよ。

 

 

薬味とは?

 

「薬の味」と書いて薬味(やくみ)。

そうはいっても、実際に薬の味がするわけではありませんよね。

つまりは香味料や香辛料として食卓で用いられる野菜や果物(柑橘など)の総称で、

お料理に少量だけ加えるだけで香りや風味を添えて、

食欲を刺激したり、あるいは彩りをプラスしたり、

そうした「ちょっとした何かをプラスする」目的で使われるもののことを言います。

なぜ「薬」という文字が用いられるようになったのかは諸説ありますが、

お料理の消化を助けたり、体の熱をとる(あるいは熱を加える)といった

薬膳的な意味合いを持つ食材もあることから、

そうした総称が用いられるようになったとも言われるのだそう。

 

 

薬味といえば、生姜。

 

特に、夏のお料理に効果的に使いたい薬味といえば、生姜に梅干し、ミョウガなど。

少し加えるだけで、味覚を刺激して食欲を増進したり、

あるいは体を冷やしがちな食材と一緒に食べることで

体を内側から温める効果を発揮するものも。

夏野菜には、例えばキュウリや茄子など

水分が多く体の内側から熱を冷ます食材が多くありますが、

冷やしすぎるとかえって体が疲れてしまうことも。

そういった点から、茄子の揚げ浸しや焼きナス、キュウリのサラダといったお料理には

生姜やミョウガをプラスすると、とてもバランスが良いですね。

ちょっと加えるだけで、風味だけでなく、体の調子を整えてくれるというのも

薬味の嬉しいポイントなのです。

 

 

おろし金の魅力

 

おろし金三種。

 

おろし金をいつも食卓に。

 

薬味といえば、最初に思いつくのが「おろし生姜」や「大根おろし」のように

「おろし」と名のつく薬味。ここで登場するのがおろし金です。

ギザギザとした刃が並んだ金属製の小さなおろし金は、キッチンの定番品の一つ。

一般的に大量生産されたおろし金は、刃が揃っている分

食材の繊維を潰してしまったり、1ヵ所の面だけがおろされてしまいますが、

手作りのおろし金は刃並びが微妙に不規則のため、おろす度に様々な面が当たります。

そのため、食材の向きを何度も変える必要もなく、軽い力で手早くおろすことが出来ます。

そんな大根も生姜も、風味良くおろす時のポイントは、「歯ごたえ」。

大根おろしは水分を含んだままふんわり仕上がり、

固い生姜も必要なときにさっと作れますし、

食材の食物繊維を損なうことなく、口に入れた時に

適度に食感を感じるので、より美味しく感じることが出来ますよ。

 

鬼おろし

 

夏の冷しゃぶサラダや、冬の鍋物など

1年を通じて登場する薬味といえば、大根おろし。

消化を助け、さっぱりとした風味を添える万能な薬味です。

大根や山芋をおろすなら、鬼おろしをどうぞ。

「鬼おろし」とはギザギザに並んだ刃が

まるで鬼の牙に見えることから、その名が付いたという

とてもユニークな調理道具。

普段なかなか買うに至らないものではありますが、

おろし金とはまた異なる美味しさを味わえるおすすめの一品。

どちらかと言うとおろし金が「ふんわり」とした仕上がりなのに対し

鬼おろしは「シャキシャキ」という食感を楽しむための道具。

粗目におろした大根やリンゴ、山芋は、繊維と水分が分離することなく

食感を楽しむことができますし、新鮮素材を美味しく味わえるのがポイントです。 

 

▼「おろし」の盛り付けに便利な小皿

山水絵替り角小皿 5枚

 

おろし生姜やわさびなど、小さな薬味の盛り付けに便利なのが和柄の小皿です。

お客様を迎えての食卓など、「お好みでどうぞ」という言葉とともに、

銘々に取り分けた薬味の小皿を並べられたら素敵です。

写真は、宮本泰山堂が描く美しい古典柄「山水絵替り角小皿 5枚」。

それぞれ物語を感じる山水が色鮮やかに描かれています。

薬味の他にも、お刺身などのしょうゆ皿や、天ぷらの手塩皿、

餃子のたれを入れたりと、様々な用途に使えます。

 

 

すり鉢の魅力

 

すり鉢

 

おろし金と並んで、薬味の準備に欠かせないのが「すり鉢」。

すり胡麻を作る時には欠かせない道具ですよね。

フードプロセッサーのように便利な調理機器が馴染み深くなったり、

既にすり胡麻の状態に加工されたパック入りの胡麻が市販されていたりと

他で代用は可能なものですが、すり鉢でゴリゴリと擦った時の

滑らかな仕上がりや豊かな香りは、やはり絶品です。

その起源は古く、鎌倉から室町時代の遺跡から現代のすり鉢の元祖とも言える

道具が出土しているのだそう。そんなにも古くから存在していたすり鉢は、

和食文化の発展の中で、日本の調理場には欠かせない道具となっていったのですね。

 

そんなすり胡麻を使用したお料理を楽しみたいのは、こんな和の器です。

 

 

▼漆椀に、箸置きを添えて

四つ椀 拭漆

 

ちょっとしたお茶漬けにも、香り高い擦り胡麻をぱらりとかけて。

せっかくなので、漆のお椀を使ってみてはいかがでしょう。

食卓には箸置きを置くのも忘れずに。

不思議なもので、器にこだわるだけでぐっと食卓の雰囲気が高まるから不思議です。

まるで将棋盤に駒を差すように、食卓に箸置きを置いて箸を整える。

小皿に盛り付けた薬味と一緒に、漆椀をそっと並べる。

そんな一つ一つの動作を楽しんでみたくなります。

 

 

▼蕎麦猪口と、薬味

そばちょこ

 

胡麻やねぎ、みょうがなどの薬味と相性が抜群なお蕎麦は、

ぜひ蕎麦猪口を揃えて頂きたいですね。

ぐっと食卓の雰囲気が出ますし、ちょっとした特別感も味わえます。

李荘窯(りそうがま)の蕎麦猪口は愛され続ける伝統的な絵柄。

古伊万里などの柄をそのまま写しつつ、古典の中にも「李荘窯」らしさを加え、美しい染付の器です。

蕎麦に用途を限らず、おしゃれな喫茶店のように

コーヒーやアイスクリーム、スープを入れたりと

様々な用途で出番を作ってお使いください。

 

 

 

かつおぶし削りを使えば、ふわふわの鰹節が楽しめます。

 

 

和食を風味豊かなものにする、「かつおぶし」。

現代では、真空パックに入った便利なかつおぶしがありますが、

かつおぶしを削る作業自体それほどの手間ではありません。

大工さんが使う「かんな」をそのまま小さくしたかのような佇まいで、

シュッシュッとテンポよく削っていけば、

家族2人〜4人分のちょっとの量なら、あっという間に食の幸せが広がりそうです。

 

 

コンパクトなので、収納もかさばりません。

 

鰹節の醍醐味といえば、その風味とふわふわの食感。

鰹節自体はとても酸化しにくい食品なのですが、

削り節の方は削りたてから30分で酸化が始まるとも言われており、

酸化した鰹節は色がくすみ、香りもどんどん薄まってしまいます。

家庭に鰹節削りがあれば、使いたい時に少量削ってそのままさっと使うことが出来るので、

豊かな風味とふわふわの食感を味わうことが出来ます。

 

食卓に和の器を。

 

つばめ皿

 

鰹節を乗せて食べたくなるものといえば、

焼き茄子、ほうれん草のお浸し、オクラのおかか和えなど

食材の旨味を生かした、シンプルなお料理が多いような気がします。

そんなシンプルなお料理には、是非美しい絵柄の和食器を。

おかずの盛り付けには、「色」「柄」が重要な要素。

シンプルなお料理ほど色味は少なくなりがちですが、

絵皿に盛り付ければ食材の色味を際立たせながら

さりげなく華を添えるので、食卓が寂しくなりません。

繊細な絵付けが美しい九谷焼や

渋めの色味で落ち着いたテイストの美濃焼など、

焼き物ごとに異なる趣を楽しむのも素敵なものです。

 


気になるメンテナンス

 

「おろす」「する」「けずる」など、

この薬味にはこの道具という風に目的と用途が決まった道具たち。

日常的に使う道具だからこそ、大切に使って長持ちさせたいですね。

特別なメンテナンスはしなくとも、用途を守って使っていれば

長く愛用することが出来るものばかりですが、幾つか気をつけたいポイントがあります。

 

■おろし金

◇使用後は直ぐにすすぎ洗いし乾かし保管する。

◇浸け置き、塩素系漂白剤、クレンザー、スチールタワシの使用は避ける。

◇(銅製の場合)塩分や酸などを含んだ汚れを放置したり、

湿気の多い場所に保管したりすると、緑青(錆)の原因に。

緑青がでた場合は、酢と食塩を同量に混ぜたものを布やブラシにつけ擦り落とし、水で洗い流す。

 

■すり鉢

◇オーブン・電子レンジ・食器洗浄機の使用は避ける。 

◇吸水性が非常に高いため、浸け置きはしない。水洗いした後はよく乾燥させる。(カビ・しみ・臭い発生の原因となります。) 

◇油分の強い食品を長時間入れたままにしない。

 

■鰹節削り

◇日常的なお掃除を心がける。ハケ等で残った粉を払うようにする。

◇本体が変形する可能性があるので、水洗いはしない。

◇削りにくくなったら、適宜メーカーにメンテナンスを依頼する。

 

料理の道具一覧へ。

 

和の器、一覧へ。

 

投稿者: 斎藤 日時: 2016年07月28日 11:00 | permalink

閉じる