【期間限定、送料無料キャンペーン中】12月15日(金)まで

大館工芸社

大館工芸社

使いこむほど深み増す伝統工芸品

伝統工芸品である曲げわっぱの歴史は、奈良時代までさかのぼるそうです。きこりが杉の木で曲げ物(容器)を作ったのが始まりと言われています。
藩政時代に大館城主佐竹西家が、領内の豊富な秋田杉に着目し、武士の内職として推奨しました。農民には年貢米の供出代替として、山から城下まで原木を運搬させたといいます。
製品は酒田・新潟・関東などへ運ばれ、江戸時代末期から近代にかけて職人たちが技法を受け継いできました。
弾力性に富み美しい木目を特徴とする天然秋田杉を薄く剥いで、熱湯につけて柔らかくして曲げ加工を施し、山桜の皮で縫い止めをして完成する曲げわっぱ。
昔から愛用され続け、最近では、自然志向の人々の注目も集め、幅広い世代に大切に使われています。
生活の道具として伝わった伝統の技術を今に伝えるべく、現代の日常生活にも提案し続け、使い続けられる大館曲げわっぱは、昭和55年国の伝統工芸品として指定を受けています。

大館工芸社取扱商品一覧

閉じる