メルマガ会員は、ずっと送料無料です(一部地域除きます)

LAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)

LAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)

受け継がれてきた技術

「ラプアの織り手たち」を意味するLAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)。
その歴史は今から約100年前。フィンランドの北西部にある人口15,000人ほどの小さな町、ラプアで誕生しました。ラプアは昔から小さな町工場がたくさんあり、木工、テキスタイルなどの手仕事が盛んな地域でした。
当時は貧しく、物資のない時代。一般家庭で毛糸や麻が作られていたその時代に、 創業者の曾祖父、ユホ・アンナラが廃材と自分で紡いだ毛糸でフェルトブーツを生産し始めたのが始まりのきっかけです。
その後の1973年、織物工場からテキスタイル会社としてのLAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)が設立されました。

LAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)取扱商品一覧

閉じる