メルマガ会員は、ずっと送料無料です(一部地域除きます)

大矢製作所(おおやせいさくしょ)

大矢製作所(おおやせいさくしょ)

おろし料理の立役者

大矢製作所(おおやせいさくじょ)は1928年に東京浅草で大矢寅一が熱燗を作るときに使う民具である、銅壷の店を開業したのが創業のきっかけでした。その後、時代の流れとともに銅を加工し製造する、一般家庭や料理店で使うための料理道具の製造に重きを置き、現在に至るまで6代にわたって大矢銅のおろし金を作り続けてきました。 大矢製作所(おおやせいさくじょ)のおろし金の特徴は、何といってもその刃。金槌とタガネで一点一点が手作業で目立てられていく様子はまさに職人技です。刃の向きが均一でないからこそ、食材を手早くすりおろすことが出来、美味しさを閉じ込めたおろし料理が生まれます。

大矢製作所(おおやせいさくしょ)取扱商品一覧

閉じる