メルマガ会員は、ずっと送料無料です(一部地域除きます)

INIS MEAIN(イニシュマン)

INIS MEAIN(イニシュマン)

真のアランニット

アラン諸島と呼ばれる島の一つ、イニシュマン島で誕生したニットブランド。一般的には「アランニットといえば縄目模様」という風に定着している側面もありますが、本来のアランニットには、素朴な幾何学模様やシンプルな編み方も多かったようです。アラン諸島で生まれたデザインを模したニットが大量生産されるにしたがって、本場アラン諸島での昔ながらのニット製造は縮小されましたが、イニシュマンの創業者であるターラック・デ・ブラカン氏は、アラン諸島に残るニット製造の技術と伝統を絶やしてはならいないという想いのもと、雇用を増やすことも目的の1つとして、会社を立ち上げました。 ロゴである網代舟は、何世紀にもわたり、この島の漁師たちの衣類が、島の女性によって編まれてきたという伝統を表しており、この伝統が現在のINIS MEAIN(イニシュマン)のウェアのインスピレーションのもととなっています。

INIS MEAIN(イニシュマン)取扱商品一覧

閉じる