メルマガ会員は、ずっと送料無料です(一部地域除きます)

倉敷帆布(くらしきはんぷ)

倉敷帆布(くらしきはんぷ)

倉敷の伝統を受け継いで

明治時代から、岡山県倉敷市の土地で代々織り続けられてきた、倉敷帆布。非常に丈夫で重い荷物にも、衝撃にも強い倉敷帆布はかつてはトラックの幌(ほろ)や学生カバン等に使用されてきました。国産帆布の生産数が減っている今、伝統ある生地を後世に残すため、「倉敷帆布(くらしきはんぷ)」ブランドが誕生しました。昭和40年代に廃番となったシャトル織機を今でも手入れしながら現役で使い続け、風合いの良い倉敷帆布を作り続けています。

倉敷帆布(くらしきはんぷ)取扱商品一覧

閉じる