メルマガ会員は、ずっと送料無料です(一部地域除きます)

絲tabane(たばね)

絲tabane(たばね)

守り続ける技術、進化するカタチ

創業明治30年の京都で金銀糸づくりをしている株式会社寺島保太良商店から生まれた金糸を用いたアクセサリーブランド絲tabane(たばね)。柔らかい金属純金を、絹糸を芯にして、金箔を巻きつける製法を生み出し、長年、着物の帯刺繍や相撲の化粧回しを作り続けている老舗が、昔ながらの伝統を守り続けるのはもちろんのこと、現代の暮らしの中に合う新しい価値を提案することは、ものづくりを続けてきた自分達の役割と考え、風合いを保つ金銀糸を作り続けながら、新しい技術を取り入れてきました。そして、糸そのものの美しさを楽しんでいただきたいという思いから、絲tabane(たばね)が誕生しています。

絲tabane(たばね)取扱商品一覧

閉じる