【送料無料中(一部商品、地域除く)】9/17-20ご注文分は9/21発送予定です
新型コロナウイルスへの倉庫での対策について>>

みかわち焼

みかわち焼

受け継がれてきた高度な技術

三川内焼は江戸時代、御用窯として平戸藩に守られながら技術を高め、美しい食器や細工が施されたものは、ヨーロッパの人たちの心を掴みました。大英博物館やヨーロッパの博物館などにも収蔵されていたほどに魅了していた歴史があります。幕末から明治、大正、昭和にかけては、宮内庁御用達をはじめとする繊細な食器で知られてきましたが、高度経済成長期に入り、大量生産のものが求められ、一旦は忘れ去られてしまいそうになりますが、現在は手仕事や職人技が見直され、国内はもとより、再び世界からも注目されてきているやきものです。

閉じる