メルマガ会員は送料無料(一部地域除く)・最短で翌営業日に発送します
【先行販売】ROSENDAHLのソフトスポットソーラー >>

副千製陶所(ソエセンセイトウショ)

副千製陶所(ソエセンセイトウショ)

嬉野茶の産地で

副千製陶所(ソエセンセイトウショ)は、江戸時代に栄え、現代に続く肥前吉田焼の貴重な窯元の一つ。その産地佐賀県嬉野市吉田地区では、江戸時代の藩主による陶磁器産業の奨励のもと、日用雑器を中心とした磁器が盛んに焼かれ、独自の発展を続けてきました。中でも副千製陶所(そえせんせいとうしょ)は、本家である副正製陶所から分かれて創業し、1955年より手彫りの水玉柄の茶器を作り、現在は唯一の水玉製造窯元として残っている製陶所です。
日本の食卓の象徴とも位置付けられている水玉模様の食器を現代の食卓に合う洗練されたデザインに進化して今も作り続ける副正製陶所です。

副千製陶所(ソエセンセイトウショ)取扱商品一覧

閉じる