【メルマガ会員は送料無料】現在のご注文は7/16(火)に発送します
We ship overseas. Click here for details.

肥前びーどろ(ヒゼンビードロ)

肥前びーどろ(ヒゼンビードロ)

本物の肥前びーどろの唯一の作り手

嘉永五年(1852年)大砲鋳造のため、精錬方(現在でいう理化学研究所)を置き、その一環として硝子器製造をも手掛けさせたのが、肥前びーどろといわれています。当時では珍しいガラス窯が築かれ、ここで培われたガラス技術は、明治維新に入りランプや食器といった日用品の製造に広がります。明治36年に独立した副島源一郎が副島硝子工業を創業したのが始まりです。職人でしか作れなかった肥前びーどろも現代の機械化の波に飲まれてその姿を消しつつある中、肥前びーどろの唯一の作り手となり、長く続いてきた伝統技法「ジャッパン吹き」を守り続けています。

肥前びーどろ(ヒゼンビードロ)取扱商品一覧

閉じる