新型コロナウイルスへの倉庫での対策について>>
津軽びいどろ

りんご 大鉢

手作りガラスの大きなうつわ

りんごをとじこめたかのような赤、淡い黄色、白の色合いが美しいガラスのうつわ。華やかな彩りは、どんな料理も美味しく見せてくれます。

食卓が華やぐ

りんご小鉢は青森の特産品「りんご」をモチーフとして作られた小鉢です。りんごは幸せの象徴ともいわれ、縁起の良さから多くの人に親しまれています。こちらのりんご小鉢は、職人たちの手によってスピン製法と呼ばれる技法で作られています。スピン製法とは、金型に溶解したガラスを入れて回し、遠心力を利用してガラスを引き伸ばし、成型する技法です。程良い表面の凹凸が作り出す持ちやすさ、うつわの縁の滑らかさは手作りならでは。一点一点丁寧に色ガラスでドット柄が施されています。散りばめられた色ガラスは光を当てると美しく反射し、ガラスの美しさを堪能出来ます。色彩の温かみ溢れる一品です。

大きく花が開いたような形になった、りんご 大鉢は食卓の真ん中に置くうつわとしておすすめ。透明感のあるガラスはお料理に合わせやすいので、野菜をたっぷり盛り付けたり、おそうめんを入れたり、フルーツで彩ったりとさまざまな使い方が出来ます。家族やお客様と一緒の食卓に置けば華やかな雰囲気を作ってくれるメインプレートです。

華やかで可愛らしいりんご 大鉢は、お祝い事の贈りものとしてもおすすめ。結婚祝いや季節の贈りものにお選びください。ハンドメイドが作り出す柔らかな風合いは、食事を一層楽しませてくれます。

温かみのあるガラス

1949年、メーカーである北洋硝子が漁業用の浮玉(うきだま)を製造し始めたのが、津軽びいどろの原点です。北洋硝子が吹き上げる浮玉は、他に比べ丈夫であるという確かな品質の評価を得て、1973年には国内トップの生産高を誇りました。その後、長年の浮玉製造で培った「宙吹き」等の技法を用い、青森の自然をイメージさせるハンドメイドガラスの創作に取り組んだ結果、1977年に津軽びいどろが生まれました。「宙吹き」とは、溶かしたガラスを吹き棹に付け、反対側から息を吹き込んで形を整えていく技法です。自由自在な成型が可能な分、職人の腕が試される技法でもあります。

津軽びいどろのもう一つの特徴は、その艶やかな色合い。青森の自然を連想させる優美な色は、職人たちの手によって一つ一つ調合されています。新しい技法に対してたゆまぬ努力を続ける職人たちが作る津軽びいどろは、青森の伝統工芸品として指定を受けています。華やかさもありながら、どこか素朴な存在感のあるガラス製品。いつまでも眺めていたい美しさと暮らしに馴染むさりげなさが光ります。

りんご 大鉢
   

 

  • りんご 大鉢
  • りんご 大鉢
  • 側面
  • 手作りならではの滑らかな縁
  • りんご大鉢(左)・同シリーズのりんご小鉢(右)
  • 箱
サイズ 直径約25×高さ72(cm)
重量 約1070g
箱サイズ 幅約26.8×奥行き26.5×高さ8.5(cm)
素材 ガラス
生産国 日本
箱有無

商品特徴

  • ◇職人が1点1点、ハンドメイドしています。

注意事項

  • ◇ハンドメイドのため、色や柄、大きさや重さに個体差がございます。商品の特性としてご理解くださいませ。
    ◇初めてお使いになる際は中性洗剤などで一度洗ってからご使用ください。
    ◇自動食器洗浄機のご使用はお避け下さい。

ブランド紹介

津軽びいどろ

津軽びいどろ

1949年、メーカーである北洋硝子が漁業用の浮玉(うきだま)を製造し始めたのが、津軽びいどろの原点です。北洋硝子が吹き上げる浮玉は、他に比べ丈夫であるという確かな品質の評価を得て、浮玉製造で培った「宙吹き」等の技法を用い、ハンドメイドガラスブランド、津軽びいどろが生まれました。職人による熟練の技法と青森の自然を連想させる優美な色。青森の伝統工芸品として指定を受ける津軽びいどろのガラス製品には、いつまでも眺めていたい美しさと暮らしに馴染むさり気なさが共存しています。

商品 価格(税込) 在庫 個数
りんご 大鉢

りんご 大鉢

期間限定、送料無料キャンペーン中!

¥3,300(税込)

残り2点
  • ペーパー
    ラッピング
  • リネン
    ラッピング
  • 熨斗
  • メッセージ
    カード
  • 海外発送
  • ZUTTO-
    eギフト

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

閉じる