メルマガ会員は、ずっと送料無料(一部地域除く)・9/18-20の注文は23(水)発送
新型コロナウイルスへの倉庫での対策について>>

 

今着たい、"編み"の結晶。春まで活躍するコットンプルオーバーと変形コンビストール

 

2月。まだまだ風が冷たいのに、街のショーウィンドーは春の色、春の質感へと変化していきます。パステルカラーの薄手ニットや軽やかなスカートを目にすると、冬のウールセーターに飽きつつある自分に気づくのですが、春服を身につけるには時期尚早。実際に心地よく着られるのは、まだ数ヶ月先なのです。そんな、お洒落の暦と、実際の季節のすれ違いを経験された方は、きっと多いはず。 

せっかく楽しみに新調したお洋服を、我慢せずに、まさに今日快適に着ることが出来たなら。そして、肌寒い時期から初夏を迎えるまで美しく着こなせるお洋服があったなら。そんな思いで、ZUTTOオリジナルVネックプルオーバーと、変形コンビストールは生まれました。

 

 

今、なぜこの技術・この形

 

 

今回ご紹介するプルオーバーとストールは、いずれもコットン(綿)100%。防寒アイテムというポジションなら、2月はまだまだウールやカシミヤのウエアを身につけていたいところですが、厚手のニットにちょっぴり飽き始めるシーズンでもあります。かといって新しいお洋服を手に取ろうとすると、実際に身につけるには薄かったり寒かったり。ファッションシーズンの移り変わりと、実際に身につける私達の暮らしの間には、こうした矛盾が生まれてしまうのです。

 

今回、服づくりのきっかけとなったのは、この矛盾を解決することができれば、それが愛着を持って着られる服となるのでは?という視点。肌に優しく、長いシーズン着回すことの出来るコットンを使い、生地づくりの技術とデザインの力を駆使することで、季節の移り変わりに合わせた使い方が出来るアイテムが仕上がりました。

 

 

ニットのようなカットソー生地。Vネックプルオーバー

 

 

一見すると、ニットセーターのように見えるこちらのトップスですが、衣服としての成り立ちから考えると、実はカットソーに分類されます。そもそもカットソーとはニット素材(編まれたもの)の生地を裁断(cut)&縫製(sew)して作られる服の総称。薄手のコットンカットソー、夏に身につけるTシャツなど、目の細かな生地のカットソーが馴染み深いですね。今回ご紹介するVネックプルオーバーも、同様に裁断(cut)&縫製(sew)の工程を経て生み出されています。 

 

 

 

実はもともと太い1本の糸を使うことはせず、5本の糸を引き揃えるという、細かな工程を加えています。こうすることで、ミドルゲージニットの様な太番手特有の表情に。そもそも丸編み機でこのゲージ、10番単糸を5本も引き揃えられることが非常に珍しく、日本には数台しかありません。通常の編み機では編立てることが困難なため、特殊な編み機を駆使。使用している糸は太い「カード糸」と呼ばれるもので、コーマ糸(繊維の均一度を上げるために短い繊維をさらに丁寧に除去した糸)では実現しにくい、全体的にナチュラルな風合いに仕上がります。 

実際に袖を通してみると、ほんのりリラックスした印象を醸し出しつつ、手で触れてみるとしっかりと目が詰まっているのが分かります。太い糸をざっくりと編み立てたニットセーターは、着続けるうちにどうしてもくったりと劣化しがちで、カジュアル過ぎた見た目になってしまうことが多いのですが、目の詰まったハリのある生地づくりに注力することで、リラックス出来る着心地と、程よい品の良さを実現しているのです。 

 

 

 



幅広いシーズンに対応出来るよう、シルエットのディテールにもこだわりました。肩のラインが落ちるパターンに、サイドスリット×長めの裾で、横・後ろ姿も美しく。まだ肌寒い2-3月はボーダーカットソーのようなインナーを重ねるのもおすすめ。季節が進み暖かくなったら、今度は一枚で。すとんとシンプルに着ても、それだけで美しいシルエットが完成します。

また一般的なVネックニットセーターは、襟にリブが付いたものが多いのですが、カットソーの縫製技術を生かすことでリブをなくし、襟ぐりをすっきりとしたデザインに。ストールやスカーフ、ネックレスなど、顔周りのアクセサリーがよく映える仕上がりになっています。

 

 

「2枚重ねる」アイディア。変形コンビストール

 

ストールといえば長方形のシンプルな一枚布の形が一般的ですが、そのシンプルさゆえに、巻き方はもちろん、巻いた時の肌触りや温もりの感じ方もワンパターンになりがち。だからこそ、素材違い、色違い、サイズ違いなど、何枚ものストールが欲しくなってしまう訳なのですが、ここから、一つのストールで2種3種と形を変えて実用性、ファッション性ともにバリエーションを楽しめものを作れないだろうかというアイディアが生まれました。

 

 

 

 

こうして生まれたのが、サイズ違いで筒状のストールを2枚重ねるというデザインです。2枚のストールには、それぞれカットソー素材・ニット素材という微妙に異なる生地を使っています。

 

カットソー素材には、「ヴィンテージ天竺」と呼ばれる素材を採用。昔ながらの生産スピードでゆっくり紡績し、細やかな機械調整によって作り出した糸を低速編機にかけ、丁寧に生み出された生地です。現在主流のコンピューターで強制的に作り出したムラではなく、しっくりと肌に馴染む自然な風合いを重視しました。 


また、ニット部分は上質なコットンを使用し、長時間かけて丁寧に編み上げた「吊天竺」を使用。表面がさらっとした光沢のある糸を旧式の編み機にかけてゆっくりと編み上げていくのですが、近年では現存する吊機自体が非常に少なく、よってその編み機によって製造される生地も希少性が高くなります。編み機が梁に吊り下げられていることが「吊」の由来となっており、1時間に編み立てられるのはわずか1mほど。生産効率が低い分、糸に過度のストレスがかからず、リラックスした状態で空気を含みながら編み立てていきます。洗い込むほどに実感できる柔らかさ、温もりは、この吊天竺ならではのアイデンティティと言えます。

 

 

 

 

カラーのコンビネーションは、「グレー×ネイビー」と「カーキ×マスタード」の2パターン。それぞれ、ネイビーとマスタードが差し色になっています。重ねても、単体でも使えるデザインになっているので、1つのコンビで2種、3種と様々なアレンジが楽しめます。

 

 

 

コンビストールは、その名の通り2枚のストールを重ねることで色と生地の「コンビ」をお楽しみ頂けるストールですが、重ねずに使えば単体のストールとしても活用出来ます。写真は、「グレー×ネイビー」のコンビストールのうち、「グレー」のストールを外したところ。両端が大きな輪っかになっているのが分かりますね。

 

 

 

そして「筒状」という形を活かすと、スヌードのようなアレンジも可能です。写真(上)のように、筒の片端を内側に入れ込むように二重に折りたたんでいきます。一度折りたたみ、半分の長さになったのが写真(左)、さらにもう一回畳んで1/4の長さにしたのが写真(右)です。

 

 

 

すると、まるでスヌードのような形に。首周りにゆるく巻いても良いですし、写真のように裾を下ろせば肩まで覆うことも出来ます。合わせるお洋服や、その日の気候に合わせたアレンジをお楽しみください。

 

 

 

服が生活に寄り添う、愛用カレンダー

 

ここで、実際にVネックプルオーバーとコンビストールを取り入れたコーディネート例を見てみましょう。冬の終わりから、春本番まで、どのシーズンでも「今着たい・使いたい」。そう思える魅力がたっぷりと詰まったVネックプルオーバーで、旬に合わせた装いをお楽しみください。

 

 

2月:インナーを重ねて、暖かなレイヤードスタイルに

 

 

 

まだまだ気温の低い2月は、コットンのプルオーバー1枚だと肌寒いので、インナーにカットソーを重ねて。写真のように着丈が長めのカットソーを重ねて、重ね着の色・柄を少し見せるのもお洒落。ハリのある厚地なので、中に重ね着しても体のラインを拾いひくく、すっきりと着こなすことが出来ますよ。

 

 

3月:Vネックプルオーバーに、ストールを重ねて

 

 

トップス:Vネックプルオーバー(BEIGE)

ストール:コットンコンビストール(KHAKI/MUSTARD)

スカート:近日発売予定

バッグ:PETIT PANIER XS(プチパニエ)

 

少しずつ気温も上がり、トップス1枚でも過ごしやすくなる頃。コットンのプルオーバーに、ロング丈のティアードスカートを合わせて。この時期は朝晩の気温差も大きいので、コンビストールは二重使いがおすすめです。ちょっとした買い物や近所のカフェまでお散歩という時にも重宝します。くるくると巻けばボリュームアップしますし、写真のようにゆったり巻けばすっきり見えるので、薄手の春コートとの相性も抜群です。

 

 

4月:カーディガン感覚で、ゆったりと羽織る

 

 

ストール:コットンコンビストール(GREY/NAVY) 

バッグ:GOAT メッシュバッグ L (WHITE)

 

すっかり春らしく気温も上がる4月には、コンビストールをカーディガン代わりに羽織って。コートを着るほどではないけれど、シャツや薄手のニット1枚ではまだ寒いという時、コンビストールは強い味方。筒状のストールが2重になっているので、4枚分の生地を羽織る形になり、適度な防寒性もあります。

 

 

初夏にかけて:夏まで使えるストールをスヌード風に

 

トップス:クルーネックカットソー(BLANC×NAVY)

ストール:コットンコンビストール(GREY/NAVY)

 

夏が近づくと、日よけや冷房対策としての機能が期待されるストール。筒状のストールは、輪の部分を首にかけると実はスヌードのようにも使える優れもの。 写真では、「コットンコンビストール(GREY/NAVY)」のうちネイビーのストールを単体で使っています。首回りにゆったり這わせても良いですし、肩まで覆えばオフィスや車内での冷房対策にもぴったりです。

 

 

 

▶︎春へと逸る気持ちに寄り添う「Vネックプルオーバー」

 

 

▶︎2色がバリエーションを生み出す「コットンコンビストール」

 

 

投稿者: 斎藤 日時: 2018年02月15日 11:00 | permalink

閉じる