メルマガ会員は、ずっと送料無料(一部地域除く)・最短で翌営業日発送します
新型コロナウイルスへの倉庫での対策について>>

 

とろけるようなリトアニアリネン、LINEN TALESで春を迎える

 

身に付けて、その変化を楽しむリネンという素材。リネンのコート、リネンのシャツ、リネンのスカート。それはまるでレザー製品を持つ楽しみのように、自分だけのエイジングを味わえる素材。今回は、リトアニアリネンを贅沢に使用したリネンアイテムをご紹介します。

 

LINEN TALESって?

 

 

LINEN TALES(リネンテイルズ)とは、上質なリネン製品を扱うリトアニアのブランド。ヨーロッパの北東部に位置するこの国では、良質な亜麻を育てるのに適した環境であったこともあり、伝統的にリネンの生産が活発に行われてきました。中世より受け継がれてきた高い技術によって生まれる上質なリネンは、「リトアニアリネン」と呼ばれ、国内外で注目を集めているといいます。

 

LINEN TALESの商品は、主にインテリアなど、普段使いにしたい特別なリネン製品が多数揃っています。例えば、ベットシーツ、テーブルランナー、キッチンやバス製品など。元々、リネン生地の輸出業から始まり、そのリネン生地の知識やネットワークを生かして2013年からは自分たちで企画したリネン製品を作り始めたLINEN TALESは、リトアニアの古い街に佇む、16世紀に建てられた風格ある建物のリビングルームで開業し、家族で過ごす時間を豊かにして貰えるようなハンドメイドのリネン製品の販売から始まりました。商品は栽培から加工まで全て、ヨーロッパの”マスターオブリネン”に登録されているメンバーによって生産され、ファイバーや繊維の規則正しさや染色の耐久性、生地の強度とサイズの安定性など全て厳しい品質基準によって管理されています。

 

LINEN TALESのリネンの特徴は、ストーンウォッシュ加工を施しているため、使い始めから柔らかく、縮みも少ないのが特徴。伝統的な技術と、現代の技術・デザインを融合させたLINEN TALES(リネンテイルズ)のリネン製品は、暮らしの中でいつもそばに寄り添ってくれます。

 

 

春にリネンが欲しい理由

 

 

シャリ感があり、触っていてさらさらと気持ちの良いリネン。夏のイメージが強いですが、実は繊維の中に含まれる空気が多いために冬でも暖かく、一年を通して着用可能な素材で、その使い勝手の良さはZUTTOも長年お伝えしていることでもあります。洗濯しても乾きが早く、強度もありますし、他の天然素材と比べて傷んだり破けたりしにくく、洗うたびに繊維がしっとり柔らかになる。速乾性のあるリネンは、汗をかいてもすぐに洗濯ができるので、いつも清潔でいられます。暖かくなる春をきっかけに、是非取り入れて頂きたい素材なのです。

 

ヨーロッパでは、肌触り柔らかでありながら擦れに強いリネンは、特にキッチンや寝具等に重宝されてきました。キッチン周りでリネンが使われているイメージがあるのは、実際に麻の天然抗菌効果が高いから。常にさらさらとしていながら、麻に含まれる天然のペクチンには汚れを弾く効果もあることから、汗や皮脂の匂いがつきにくく、雑菌の繁殖も抑制されるのです。

 

 

自分使いのリネン:手を掛けなくともお洒落であること、丈夫であること 

 

自分使いとしてリネン製品に求めること。時間や手間をかけなくてもお洒落に見えること、そして長く使ってもへたりにくく、丈夫であること。ぱりっとシワひとつ無いシャツのような、非の打ち所の無いお洒落も素敵ですが、少し肩が凝ってしまうことも。シワすらも愛らしく、たくさん洗ってもへたらず丈夫に使えるリネンは、自分使いのエプロンにぴったりです。

 

汚れたらすぐに洗いたいから。リネンのエプロン

 

汚れたらすぐに洗いたいから、じゃぶじゃぶ洗えてすぐに乾くリネンはエプロンにぴったり。たくさん洗って、長く使いたくなるエプロンに共通することは【ストレスなく着用できること】【丈夫であること】【生活に寄り添った、つい着たくなるデザイン】の3つのポイントに集約されます。LINEN TALESでは、2パターンの形のエプロンをご用意。肩紐と腰紐のついたいわゆる【スタンダードタイプ】のエプロンと、腰紐がなく、かぶって付ける【かぶりタイプ】のエプロンです。

 

 

左:リネンエプロン Regular apron Plain(BLUE FOG)右:リネンエプロン Pinafore apron Colors(SAGE)

 

左は首だけかぶって腰で結ぶスタンダードタイプ、右はかぶりタイプです。腰で結ぶタイプは着脱がしやすく、ちょっと掃除したい時やお昼ご飯をささっと作る時に良し。また、頭からかぶるタイプは布が使われている面積が多く、太いショルダー紐のため長く着用しても肩こりしにくいです。エプロン自体の形だけでなく、色や細かなディテールも少しずつ違っていますので、お気に入りの一枚を見つけてみてください。

 

スタンダードタイプ

ラベンダーピンクとフォグブルーの無地エプロン:リネンエプロン Regular apron Plain

 

ナチュラルストライプ:リネンエプロン Regular apron Stripe

 

細いストライプがお洒落に:リネンエプロン Regular apron Stripe Blackthin

 

かぶりタイプ

春の新色も登場した柔らか肉厚エプロン:リネンエプロン Pinafore apron Colors

 

濡れてもすぐ乾くから、快適。リネンのキッチンタオル

 

 

次におすすめしたいキッチン周りのリネン製品は、リネンキッチンタオル Rustic。荒い網目の生地をストーンウォッシュ加工することで生地が縮み、凹凸感のある生地に仕上がっています。ナチュラルな雰囲気になるだけでなく、吸水性も高くなっています。カラーはRed×Natural、Yellow×Blueの2セット。キッチンタオルだけでなく、トイレや洗面の手拭きのタオルとしてもお使いいただけますので、場所ごとに色を決めて使い分けるのもいいですね。 キッチンタオルなのに、引き出しやハンガーに掛けておくだけで何だかお洒落に見えてくるから嬉しいキッチンタオルです。

 

引っ掛ける部分にはLINEN TALESのロゴリボン

 

 

お客様へのリネン:清潔で、相手に気を使わせないこと 

 

お客様が遊びに来た時、気を付けたいのは清潔さと、気を使わせないラフさを持ち合わせていること。清潔感のあるコットンやシルクの真っ白さは、好印象ではありますが、お客様の立場になると汚してしまわないかなどと気を使ってしまうもの。例え汚れてしまっても「大丈夫」と寛大な気持ちになれるのが、リネン素材なのです。

 

お食事も気持ちよく:リネンテーブルランナー

 

LINEN TALESのリネンテーブルランナーは、リビングの4人掛けのテーブルの中心に置くのにぴったりの【幅約40×長さ150(cm)】のサイズ。花瓶を置いてテーブルを華やかにしたり、みんなで取り分ける大皿料理などを置くのに使えます。周囲のフリンジがアクセントになり、洒落た雰囲気がありながらも、温かみのあるテーブルになります。

 

 

 

暮らす、リネン:毎日使うからこその経年変化が感じられること、清潔であること 

 

例えば、小さい子どもがお昼寝の時にはお気に入りのタオルケットを離さないように、モノと過ごす時間とそれに伴う経年変化は、私たちに一層の愛着を感じさせます。パジャマやシーツなどの毎日使って洗うものこそ、くたくたとレザーのように柔らかくなり、洗濯機でじゃぶじゃぶと洗えるリネンが、暮らしにぴったりの素材なのです。

 

お風呂上りに、嬉しくなるパジャマ

カラーは左からOPTICAL WHITE、NATURAL、LIGHT GRAY、LIGHT PINKの4色

 

こちらはリネンパジャマ ドレス。可愛らしくギャザーの寄った袖と胸元の切り替えがポイントのワンピースパジャマです。女性らしく程よく甘いテイストを取り入れつつ、被るだけでさっと着られる手軽さと、ふんわりとしたパターンで締め付けない心地良さを両立しています。寝苦しい夏の夜にリネンのさらりとした着心地が癖になる一枚で、パジャマとしてはもちろん、ルームウエアとしても活躍するデザイン。ちょっと肌寒い時はレギンスを重ねたり、カーディガンを羽織って調整すれば春先から夏本番まで幅広い着方が可能です。デニムを重ねれば、ワンマイルウエアとしてちょっとしたお出かけにも対応出来ます。お家ではもちろん、スーツケースに入れて旅行のお供に持って行くのにもおすすめですよ。 

 

袖のギャザーが女性心をくすぐります

 

下にレギンスを合わせても

 

いつも寄り添ってくれる、くったりリネンの寝具カバー

カバー色:Light Gray

 

リネンの寝具カバー。実は気になっているけれど、なかなか手を出せていない方も多いのではないでしょうか。更に「春夏は涼しげで良いけれど、朝晩が冷える時期には寒いのでは?」と思われるかもしれません。先述した通りリネンは一年中使える素材であり、それはシーツやカバーにおいても同じです。繊維の中に含まれた空気がサーモスタットの役目を果たしてくれるので、 あたたかく身体を包み込んでくれるのです。 初めはひんやりした清涼感がありますが、 体温で温まってくるとぽかぽかした暖かさを逃がしません。

 

人間は寝ている間に約コップ一杯(180cc)の汗をかくと言われています。快眠のためには吸収性と速乾性に優れたリネンがぴったりで、寝具が蒸れるのを防いでくれます。更に防カビ性にも優れ、雑菌の繁殖も抑制する優秀な素材。洗濯にかけてもすぐに乾く、くたくたすると肌の馴染みが格段に上がること、また、高級ホテルがこぞってリネンを寝具カバーとして選んでいることや、その肌触りが心地よく、リラックスできるのが、リネンを寝具カバーに選んで欲しい理由なのです。

 

カバー色:Melange

 

掛け布団カバー:リネンデュベカバー Duvet Covers 

シーツ:リネンフラットシーツ Flat Sheets

枕カバー:リネンピローケース Regular Pillow cases

 

 

LINEN TALESがいい。--編集後記 

 

じゃぶじゃぶ洗ってくたくたになるリネンという素材は、正に「ずっと使いたくなる、愛着の持てる素材」です。ただ、リネン製品はお家の中で使うアイテムが多く、家の中まで気を配れないと思う方もいらっしゃるかもしれません。けれど、そんな忙しい現代を暮らす方にこそ選んで欲しいのが、リネンであり、このLINEN TALESというブランドなのです。使い始めのリネンは、糊によってぱりっとした硬さがあり、馴染むまで何回か洗濯を繰り返す必要がありますが、LINEN TALESのリネン製品は、ストーンウォッシュ加工で、使い始めから本当に柔らかい。初めて手にした日から、また使いたいと思わせる安心感のある柔らかさ。加えて、生地が肉厚なのもポイントで、洗濯していくとどうしても生地が薄くなってしまうけれど、より長く楽しむことができるのです。

 

外ではぱりっとした白シャツを着た人も、家に帰れば温かみのあるリネンの感触を確かめながら、ふぅっと一息ついて、瞼を閉じる。休日は洗濯機に放り込んでじゃぶじゃぶと洗ったら、少し干しておくだけですぐに乾いてしまうから、シーツが乾いていないなんてことも少ない。平日遅くにお弁当を作り初めて、エプロンを汚してしまっても、さっと洗えてすぐに乾くし、いつも清潔なパジャマを着て過ごせる。このLINEN TALESのリネン製品は、新品を見ただけでは分からない良さがあるのだと思います。是非、LINEN TALESを手に取ってみてください。

 

▽LINEN TALES(リネンテイルズ)のブランドページはこちら

 

投稿者: 村上 日時: 2018年04月15日 12:00 | permalink

閉じる