メルマガ会員は、ずっと送料無料(一部地域除く)・最短で翌営業日発送します
新型コロナウイルスへの倉庫での対策について>>

 

一着は持っていたいダウンコート。登山家も愛用する技術を用いたNANGAのタウンユースモデル。

 

冬のどっしりコートは、肩こりがつらいから

 

 

寒さ増す冬。外出に欠かせないのは暖かいコートですね。装いに合わせて何着かコートを着まわすことが一般的かと思いますが、ピーコートやダッフルコートなどのデザイン違いだったり、ベーシックなブラック・ネイビーからトレンドの色ものを取り入れてみたりと、冬の一番外側に着るファッションアイテムとしては、その日の装いを決める大事な一着です。

 

ですが、コートとは肩の凝るもの、という印象もあります。厚手のウールコートは硬かったり、重かったりで肩首の凝りにつながることも多く、コートを新調する時は重さや硬さも、考慮すべきポイントの一つです。

 

 

軽くて柔らかくて暖かい、そんな実用性に最も富むコートは実はダウンコートではないかと思います。今回ご紹介するのは、国産のダウンウェアブランドNANGA(ナンガ)が生み出すこだわりのダウンコートです。真冬の寒さ到来の前に、ぜひご検討ください。

 

 

暖かい空気を含む、上質で軽量なダウンを使ったコート

 

NANGA(ナンガ)は、プロの登山家も愛用するシェラフ(寝袋)を製造する日本のメーカーです。雪山での登山は命の危険も伴うことから、そのものづくりへの責任は当然ながら強く、使用する素材や縫製などにも気を配っています。

 

中でも、要となるダウンへのこだわりは強く、厳選したヨーロッパ産のホワイトダックダウンをたっぷりと使用してます。(原産国証明付) 

ダウンの品質測定基準であるFP(フィルパワー指数)は760FP。一般的に550FPで高品質なダウンと言われていますが、それを大きく上回る数値のダウンを使用しています。数値が高ければ高いほど、「空気を含み、復元力とかさが高いダウン」となります。つまり、少ない量で保温性が高くかつ軽量に仕上げられるということで、NANGA(ナンガ)ダウンコートの「軽さ」と「暖かさ」を両立させているのはこれによるものです。

 

 

インナーダウンとして、薄手のコートの下に着るダウンベストの重さは130g、袖があるダウンカーディガンは190gで、これは一般的なスマートフォンと同じくらいの重さです。

 

 

アウターでは「ユニセックス オーロラステンカラーダウンコート」の重さが約615g。これは、厚手のセーターと同じくらいの重さだというから、1kgを超えるロングコートが当たり前のウール製に比べると格段に軽いことが分かります。

 

 

ダウンの難点、「モコモコ」を緩和

 

ただ、確かにダウンコートは軽くて暖かいけれど、その反面、モコモコして体型が悪く見えるのが気になることもあります。これは、ダウンが偏らないように、そして外に飛び出さないように小分けにしたダウンパックが外側に見えるデザインになっているためにモコモコが気になるのですよね。

 

 

Nanga(ナンガ)のこちらの2型のダウンコートは、ダウンパックが外側から見えないようデザインされているので、腕や肩がすっきりして、むちむちしているように見える「モコモコ感」が軽減されています。

 

 

レディース ショールカラーダウンコート

 

 

 

ダウンのカジュアル感を和らげる大人っぽいショールカラーで、見た目の上品さだけでなく首周りの暖かさもプラス。襟元にボタンとフープが付いており、留めると首元を詰めることが出来るので更に暖かくする工夫が施されています。

 

 

袖口の内側は二重袖になっていて、袖口からの冷気をシャットアウトしてくれます。また、ジッパーだけでなくかぶせとスナップボタンも付いているので、その分前からの風が中に入ることも防いでいるのです。

ダウンそのものの暖かさだけでなく、こうしたディテールの積み重ねが総合的な暖かさにつながっているのかと思うと、その細かい気配りが嬉しいですね。

 

 

オーロラステンカラーダウンコート

 

 

男女ともに、ビジネスシーンで着ても違和感のないシンプル&ベーシックなステンカラーコートはボリュームを抑えたシルエットで、ダウン=カジュアルというイメージを変える上品な雰囲気です。

 

フードは着脱可能で、冬のビジネスシーンには外して羽織り、毎日の通勤・通学は軽快に寒さ対策。休日にはフードをつけて公園やアウトドア、スポーツ観戦にも出かけられる防寒万全の一着と、平日休日共に幅広く使える汎用性の高いコートになっています。

 

 

また、アイテム名に入っている「オーロラ」とは、ブランドオリジナルの特殊素材を指しています。正式にはオーロラテックスといい、多孔質ポリウレタン防水コーティング加工を施したナイロン生地です。ダウンは水に弱いので、生地の防水性を高めることで中のダウンの品質を保つことが出来るのですが、防水性を高めると今度は蒸気透湿性が低下し、ジャケット内部の蒸れに繋がるという問題がつきまとっていました。そこを、特殊加工を施すことで細孔を作り出し、空気の通り道を確保することで解決させています。

 

 

こうした防水性はアウトドアだけでなく、タウンユースする上でもとても機能的。オーロラテックスを採用しているために雨や雪で濡れてもダウンに染み込む心配もなく、長い間品質を保持したまま愛用出来るという訳です。

 

 

インナーダウンは、アウターに干渉しない薄さが大事

 

メンズ ダウンカーディガン(インナーダウン)

 

 

アウターだけでなく、おすすめしたいのは薄手のインナーダウン。ここ数年でインナーダウンが定着していますが、秋口にはライトアウターとして、そして冬には薄手のアウターの下に着るカーディガンのような役割で、使い道が多くとても便利なアイテムです。気に入っているけれど、真冬に着るにはちょっと寒いかな、というようなアウターがあれば、インナーダウンをプラスして冬も着ることが出来ますよ。

 

また、インナーダウンはベストタイプもカーディガンタイプも、自宅でのルームウェアの上の羽織りとしても活用可能です。軽さと柔らかさ、暖かさは外出時だけでなく、家でのリラックスタイムにも嬉しい特徴です。 

 

 

 

 

▼ NANGA(ナンガ)商品一覧はこちら

投稿者: 丸山 日時: 2019年12月11日 11:00 | permalink

閉じる