メルマガ会員は、ずっと送料無料です(一部地域除きます)

米沢緞通・滝沢工房(よねざわだんつうたきざわこうぼう)

米沢緞通・滝沢工房(よねざわだんつうたきざわこうぼう)

伝統の技から生まれた新しい絨毯

米沢緞通・滝沢工房(よねざわだんつうたきざわこうぼう)は、山形県の南、米沢市にて創業した、高密度の手織りの絨毯である「緞通」の工房。
この地域は米沢藩の時代から絹織物の産地として有名で、滝沢工房は絹織物の織機の組み立てやメンテナンスから生業が始まりました。難しい織りや大きな絨毯の注文が入るたびに自分たちで織機を考案し作り出すというその高い技術が認められ、高度経済成長期には首相官邸に納品するほどに。昔はサイズの大きい絨毯が主流でしたが「今の暮らしに合う絨毯を作りたい」という考えのもと、「小さい絨毯」をキーワードに、新たな絨毯作りを始めました。絨毯の製造・販売、メンテナンスを一貫して行なえる貴重な工房です。

米沢緞通・滝沢工房(よねざわだんつうたきざわこうぼう)取扱商品一覧

閉じる