メルマガ会員は、ずっと送料無料(一部地域除く)・最短で翌営業日発送します
新型コロナウイルスへの倉庫での対策について>>

Ojbro Vantfabrik (オイブロ・バントファブリーク)

Ojbro Vantfabrik (オイブロ・バントファブリーク)

北欧の伝統模様が伝える物語

伝統文化に基づき、長い間使える「スローファッション」な商品をデザイン・品質の両観点から創り出すことに重きを置いているOjbro Vantfabrik (オイブロ・バントファブリーク)。1984年創業で、寒さをしのぐための手袋をつくったことから始まる家族経営のブランドです。元々はメーカーの受注を受け製造するメーカーでしたが、現在のオーナー兼デザイナーであるオーセが北欧の伝統模様を手袋や靴下に用いて、それらの絵柄がもつ物語を受け継いでいきたいと、2013年にブランドとしてスタートしました。
ものづくりを行う上で、Ojbro Vantfabrik (オイブロ・バントファブリーク)が大切にしているのは持続可能性。人にも自然環境にも負荷のない、優しい素材と製造方法で作り上げています。ミュールジングを行っていないメリノウールを使用すること、労働状況、畜産、環境負荷に関する倫理観を共有する生産者・製造者のみと提携しものづくりを進めています。

閉じる