メルマガ会員は送料無料(一部地域除く)・最短で翌営業日に発送します
PRASのスニーカーご購入でシューレースをプレゼント >>

陶器市


お皿を変えるだけでいつものメニューが美味しそうに見えたり、
お店のような見栄えになったり日常をさりげなく彩る食器たち。
マンネリするメニューも見え方が変わり、選び方次第では時短調理ができたりとつい色々と欲しくなります。
ZUTTOの陶器市では、各家庭の食卓やお気に入りのレシピ、
バランスのいいメニューが簡単につくれるようなお皿をそろえてご紹介します。

20cm以上の7寸・8寸万能な一枚

和食器では、7寸と8寸のお皿は、肉料理から刺身、焼き魚、パスタ、カレーなど、どんな料理にも合う大きさで便利です。例えば新生活を始めるときにでも、茶碗、お椀と、もう一枚は7・8寸皿があれば良いほどにテーブルに出す頻度が多い大きさのお皿です。また、24cm以上の大きなお皿はワンプレートにして家事の時短にもなり、お皿にリム(縁取り)があると、盛り付けた料理の見栄えが良くなります。

時短に欠かせない丼・鉢

汁気のあるお料理に欠かせない鉢は、家族が集まる食卓では、サラダに煮物、和物など取り箸を添えて使う他、1人分の麺料理やどんぶりメニューにも非常に便利です。お昼ご飯や夜食にも頻繁に活用でき、洗い物の量を減らしたい場合にも丼ぶりや鉢は便利で、ちょっと雰囲気のいいものを取り入れるだけで食卓はより良く変化します。

使い勝手のいい楕円皿・長皿・角皿

カレーやパスタの盛り付けるとおしゃれになる楕円皿や、焼き魚や卵焼きといった和食の盛り付けに役立つ長皿。縦にも横にも使いやすく、盛り付けたものは見栄えが抜群に良くなるため、人が集まる時にもあると便利な形です。丸いお皿ほどテーブルの上で場所を取らない点も複数で囲む食卓で活躍します。

バランスを整える、小鉢、小皿

日本の食文化にある器を手に持ちながら箸を使うスタイルに、健康的な食事を楽しむための一汁三菜のメニュー。それらには小鉢が大いに役立ち、副菜を気軽に用意する習慣をつける手助けをしてくれます。ちょっとした一皿の副菜を提供することで、食事がより多彩に、家族みんなが健康になるように意識が高まる小さな健康サポーターです。

美味しい瞬間、4.5寸皿

15cm以下のお皿は、普段づかいの取り皿としてちょうどいい大きさのサイズ感。一人前のおかずをのせたり、お茶菓子皿としても来客時に便利です。いろんな柄、形があると飲み物の器に合わせて選べるため、贈り物としても重宝される大きさのお皿です。

一期一会の蔵出し品

消費が多様化し、暮らしが大きく成長した1970年代後半か90年代のものづくりは、華やかで手の込んだものが多くありました。今は、職人不足や技術継承、コスト高の問題で同様のものづくりができず、簡素に集約型の傾向の中で、今ではとても貴重でこれからはこうしたものが生まれることはなのではないかと思ういくつもの食器。今にも取り入れたり愛らしい一期一会のお宝です。

閉じる